静岡県富士市に誕生したB級グルメである、つけナポリタン発祥の店「アドニス」を訪問した!

スポンサーリンク
今回のテーマは「つけナポリタン」です!
つけナポリタンって皆さんは聞いたことありますでしょうかね?
私は、どこで聞いたかは定かでないものの記事を書く前の段階で知ってはいたんですよね!!とまあそんなことで、今回は静岡県富士市のB級グルメとして確立しているつけナポリタンの発祥の店であるアドニスを訪問しました!
本来は岳南電車に関する取材だったのですが、そのついでに寄ったっていう感じっすわ!

アドニスはどこにあるのか?

つけナポリタン発祥の店であるアドニスは静岡県の富士市にあります。富士市ってどこにあるかわかりますでしょうかね?富士山の南側に位置しており、B級グルメでいうと隣にある富士宮市では富士宮焼きそばが有名ですよね!!ちなみに、富士宮焼きそばは富士市にある「うるおい亭」が発祥となります!
まぁ富士市には特に際立った観光地もないため、なかなか行く機会はないかもしれないですがね。。

アドニス周辺はこんな感じです。アドニスは吉原商店街という商店街の中に位置しており、近くには岳南電車の吉原本町駅があります。

つけナポリタン発祥の「アドニス」に行ってみた

ということで、岳南列車の取材を兼ねてアドニスにも訪問してみました。アドニスには駐車場がないため、正面にあったコインパーキングに止めての訪問になりますたわい!!

隣にはたばこ屋さんがありますが、何か中がつながっているようですがどうなんでしょうね?まぁ私はたばこを吸わないのでここで買おうというわけでもないんですけどね。。

入り口にはこんなお知らせが!アドニスは開店自体は11持であるものの、つけナポリタンの提供は時間差で11:30からなんですって!殺到すると1時間待ちになると書いているように、みんなつけナポ目当てに来るんでしょうね!!

店内は喫茶店のような雰囲気。このアドニスは、1947年の創業で70年近い歴史を持つお店。私が訪れた際には数組のお客さんがいましたが、半分以上の方がつけナポを注文しておりました!後は、地元のおばちゃんがコーヒーで井戸端会議をしておりましたぞ!!

そして、初来店の私ももちろんつけナポリタンを注文することに!大盛りはわずか50円がプラスされるだけというちょっとお得な感じ!でも、つけナポの値段は1,200円とB級グルメにしてはちょっとお高いかな。。

70年の老舗ということもあり、店内にはサイン色紙もありましたよ!でも遠目からしか見てないので誰のだかわかんねぇ~!

いざ、つけナポリタンを食す!

よっしゃキターーー!
こちらが、富士市のB級グルメであるつけナポリタンです!ひとこと言っておくと、これはつけ麺ではないので!「つけ麺じゃね??」ってつっ込みは無しだ!

ん?
つけ富士リタンって何??つけナポリタンじゃないんすか??何やら食べ方には流儀があるようなので、初見の身の私としてはとりあえず流儀に従うことに!!

こちらがつけナポの麺です。麺の上には駿河湾の名物である桜エビが乗っかっています!B級グルメというとラーメン、焼きそば、ソースカツ丼などのジャンクなものが多いですが、洋風感のあるこのつけナポリタンはB級グルメとしてはなんか新鮮な感じ(*’▽’)

つけ汁にはトマトソースと鶏ガラを使用しているとのこと。具も豊富で、マッシュルーム、チーズそして味玉がドカンと丸ごと突っ込まれています!

味は普通にお世辞なしにおいしかったです。食べた感想としてはあっさり目というよりかは結構こってり感があるガッツリした感じ!特に麺にチーズを絡ませるとこの上ない至福の時間を味わえますよ!

途中から流儀に従い、レモン汁を吹っ掛けることに!デフォルトで結構ガッツリ系のため後半はレモンをかけると少しあっさり感も出るし味変もできるしで、確かに流儀には納得ができる!
1,200円と少し値段は張るものの、単純な町おこしのための料理ではなく確かに味は工夫されていて納得のつけナポですた!!

つけナポリタンはなぜ誕生した??

つけナポリタンというB級グルメはなぜ誕生したのか?
その答えは、この吉原商店街の活性化を願って作られたものなのです。

まぁ作りたくなる気持ちもわかるんですよね!お隣の富士宮市では、B級グルメとして出した富士宮焼きそばが瞬く間に広がり、この焼きそばパワーでB-1グランプリで優勝するなどして半端ない経済効果を生んだそうです。
そんなこともあって、吉原商店街でもB級グルメを作ろうということで考案されたのがこのつけナポリタン。元々はアドニスでもナポリタンがよく頼まれていたため、それが下地となっていたようです。

アドニスが位置する吉原商店街は、江戸時代から東海道五十三次の宿場町として栄えた老舗の商店街です。現在はシャッターが目立ちかなり閑散としている様子。地方では「シャッター商店街」という言葉が聞かれますが、ここも他人事ではないようですね。
この商店街は「ナイトバザール」という夜に行われるバザーが人気を博しており、1996年~2002年までの毎月第二土曜日に開催されており、商店街に何とか来てもらおうと考えられたイベントだったそうです。そんで、現在も時折復活して行われているようですよ。
つけナポリタンは、そんな吉原商店街の活性化を願って作られたB級グルメなのです。

おわりに

今やB級グルメという言葉はどこでも聞かれるようになり、本当に多くの都市で考案されております。基本的には町おこしなどの地域活性化を狙って考案されているものが多く、その土地の歴史がどうのこうのというものではないようですな。。
今や長い間ずっと地方創生という言葉がキーワードになりつつありますが、B級グルメはどこまで日本の地方を救うことができるのか!!今後も注目っすね!
そんで、みなさんもぜひつけナポを食べてみてくださいな!!
↓よければクリックをお願いします

詳細・地図

住所 静岡県富士市吉原2丁目3−16
営業時間 11:00~18:00
※つけナポは11時半からの提供です
定休日 火曜日・木曜日
駐車場 なし
電話番号 0545-52-0557
アクセス 岳南鉄道線「吉原本町」駅から徒歩8分
リンク http://coffee-shop-cafe.business.site/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク