日本夜景遺産に認定された静岡のローカル線「岳南鉄道」の全貌を調査した!

皆さんは、「岳南鉄道」という鉄道をご存知でしょうか?
自分は普段知の冒険を行っていて、日本全国の色々なことを調べているわけですが、この鉄道に関しては、知り合いとの雑談の際に教えてもらった鉄道です。
静岡県の富士市を走るマイナーな鉄道ではありますが、この路線は“夜景で廃線の危機を脱した”などの様々な物語が秘められているのです!
今回の記事は、この岳南鉄道に関しての様々な事をぶちまけたいと思います!

岳南鉄道はどんな鉄道?

まずは、「岳南鉄道ってどんな鉄道なんすか?」と思う人がほとんどだと思うので、簡単な説明から入っていくことにしましょう!

岳南鉄道はどこを走る?

岳南鉄道

岳南鉄道は、「静岡県富士市」を走ります!
富士山の南側であり、静岡県でいうと伊豆半島の西側(沼津市の西側)になりますね!

岳南鉄道

吉原駅から出発したとすると、一瞬西側へ移動した後、方向転換して東側に向かって走るという結構へんてこりんな路線の形をしていますな!

岳南鉄道の大まかな説明

岳南鉄道

駅は全部で10駅で距離は9.2km。全駅の所要時間は、約20分間という鉄道の中ではかなり短い路線になりますな!列車は日中では30分に1本という間隔で走り、その車両は基本1両編成。この鉄道は、富士市にある工場地帯を走る路線であり、
しかし、現状は非常に厳しい状態なのです。昭和60年代から赤字が続く状態で平成24年から公的支援を受けることになったという。

全ての駅から富士山が見える

そんな岳南鉄道の特徴としては、静岡県のシンボルである富士山がすべての駅から見えるという特徴!とは言っても、全貌が見えるというわけではなく特定の箇所から富士山がなんとか見えるという感じの駅もあります!

岳南鉄道

そんなことから、すべての駅にはこのような「富士山ビュースポット」と言われる印が書かれています。富士山の絵はおおまかで、靴の絵がやけにリアルなのがツボ( ^ω^ )

鉄道本体では日本初の日本夜景遺産に!

岳南鉄道

この路線はそこまで光量はないものの、昔懐かしい車窓からの夜景が楽しめるということで日本夜景遺産に認定されました。

岳南鉄道

 吉原駅の待合室には、日本夜景遺産に認定証が展示してあります。岳南鉄道では現在でも多くのイベントを行っておりますが、夜景に関しては「鉄道夜景電車」「工場夜景電車」というイベントを行っているそうな。

岳南鉄道

岳南鉄道がそのように多くのイベントを行えるのは、地元の協力があるからなんだそうな。一時は貨物列車が廃止され、旅客輸送のみとなり廃線の危機もあった岳南鉄道ですが、夜景をいかしたイベントだけでなく、「ワイン列車」「スイーツ列車」等のイベントを行う列車となっているようだ!
というのも、「全ての駅から富士山が見える」という謳い文句があるなど観光資源にもいかせるということを地元の方も気づいたからということが根底にあるようです。

夜景列車に乗ってきた!

岳南鉄道

今回の記事を書くにあたって、実際に岳南鉄道に乗ってきましたぜ!ただ、乗ると言っても今回乗ってきたのは「夜景列車」という特別仕様の列車なのです!ちなみに、私が乗ったのは9月24日運航日の列車です。
ということで、その夜景列車の全貌を以下で紹介していきまっせ!

風情あるレトロな空間

岳南鉄道

出発は吉原駅。この吉原駅は”東海道線”と”岳南鉄道”が通る駅であります。東海道線の駅はすぐわかるのに、

岳南鉄道

岳南鉄道

駅には、待合室がありました。

岳南鉄道

中は、このように様々なものが貼られまくっていました。

岳南鉄道

また、駅にはサインも!飲食店ならまだしも、駅にサイン色紙があるのは珍しい。

岳南鉄道

ほんで、切符を買うわけですが岳南鉄道には自動券売機がないようです。そのため駅員さんから直接買うというスタイル。買うときは気づかなかったが、今どき駅員さんから普通乗車券の切符を買う経験はなかなか無いですよね!

岳南鉄道

 岳南鉄道の切符は厚紙の昔風?の切符。後で調べたら、これは硬券(こうけん)という切符なんだそうです!自動改札機に通すのではなく、駅員さんが 改札鋏(かいさつきょう)でパチンと切ってくれるのですよ!昔おもちゃか何かでこんな切符を持っていたことがありますが、リアルな乗車券では初めてかもしれん!

岳南鉄道

岳南鉄道はグッズも豊富だ!ボールペンや手ぬぐい。極めつけはトイレットペーパーだ!!トイレットペーパーは鉄道のグッズとしては謎だが、どんな経緯で生まれたんだ??

夜景列車出発!!

岳南鉄道

吉原駅に列車が到着しました。2両編成であり、先頭車両はそのままになりますが後方車両は照明が消されて夜景列車仕様の車両となります。車両はレトロ感満載で地方でしか走っていないような感じ(⌒-⌒)

岳南鉄道

運賃箱がありました!どうやら今は使われていないようですが、かつて使われていたものがそのまま残っている感じなのでしょうか。と思っていたら、これ現在も普通に使っているようです( ;∀;)

岳南鉄道

後方の車両にはこんなカラーコーンが!かなりアナログな作りでペーパーはコンピュータで作り、それをカラーコーンに貼り付けたというもの。

岳南鉄道

本日は土曜の夜。乗客は家に帰る人なのがメインと思われますが、やはり閑散としている。地元民にとってこの夜景列車というのはどんな印象なのでしょうかね?
と思っていたのですが、残念ながら関心を示すという感じではなさそうでした(⌒-⌒; )

岳南鉄道

そして照明OFF!後方車両が夜景列車に変貌を遂げた!

岳南鉄道

電車がライトを消しながら走るというのは、そうそう体験できる話ではない!照明がOFFのまま、乗客は車窓の夜景に目を凝らしつつ、ついに夜景列車が出発した。

岳南鉄道

そしてこの列車はただ照明OFF状態で走るわけではない。関係者の方がマイクで解説をしてくれながら進むのです。夜景列車というイベントではあるものの、席に空席ができている状態でお客さんはまばらという感じだった。
走行中には、添乗員さんがアンケート用紙を配ることも!今後岳南鉄道のイベントを企画するにあたり参考にするためであろう。

岳南鉄道

ということで、私も僭越ながらアンケートを書かせていただいた!

岳南鉄道

工場夜景を駆け抜ける!

岳南鉄道

列車はひたすら工場夜景を駆け抜けていく。速度は一般の電車に比べると結構遅い速度で、時速でいうと40km/hくらいではないかと感じた。

岳南鉄道

日本夜景遺産に認定されたとは言っても、広大な夜景が見れるというわけではないのが岳南鉄道の夜景だ!ここの夜景は、光量が少ないながらもレトロな工場夜景がポツポツ観れるというもの。ただ光量が多く明るいだけが夜景ではないということなんでしょうな!

岳南鉄道

岳南鉄道

窓の外側からの夜景。完全に街から外れた田舎町という雰囲気。街灯が少ない街の中を、2両編成の地方路線が走る様は風情感じる雰囲気でした!
とはいえ、今回は写真だけでなく動画も撮ったのでこっちを見ていただくとより夜景列車の雰囲気がわかるのではないかと思います(^ ^)

終点に到着し、ひと休憩

岳南鉄道

終点の岳南江尾(がくなんえのお)駅に着き、折り返しの前にしばしの休憩。駅の周辺は非常に閑散としており、静寂な空気の中神々しく光る駅が何とも言えない雰囲気に。これが、この列車が日本夜景遺産に登録された由縁だろうか。

岳南鉄道

今回の夜景列車に乗ったメンバーは10人に満たない人数であったこともあり、かなりアットホームなイベントとなった。列車が折り返し運転をするまでの間、関係者の方から様々なことを解説していただいた。

岳南鉄道

 駅には黒板が。本来は駅長からの連絡事項を伝える目的なのだろうか?

岳南鉄道

その一つがこれ、折り返し駅の「岳南江尾駅」の駅舎に使われている感じに注目していただきたい!”江”と”駅”の漢字には旧漢字が使われているというのである!旧漢字が使われている駅は非常に珍しいんですって!
ちなみに、解説していただいたときは夜でこれらの漢字を写真に収めることができなかったため翌日の昼に撮りに来たというのはここだけの話!

電車でまさかのじゃんけん大会

岳南鉄道

電車が折り返し、ここからスタート地点の吉原駅に戻るのですが、なんとその際には電車の中でジャンケン大会が行われることに!勝ち残った1名の方には、岳南鉄道のオリジナル商品が当たるとのこと!

岳南鉄道

最後は2名に絞られ直接対決に!最後は奥の方が見事勝ち残り商品をゲットいたしました。ちなみに、私は初戦では痛いという残念な結果だった。相変わらず、運がない・・。

岳南鉄道

岳南鉄道

岳南鉄道

岳南鉄道

そしてスタート地点であった吉原駅に到着。短い時間ではあったが普段電車に乗るだけでは体験できない経験ができたこともあり、皆大満足だったようでした。
イベントだった割に人数が少数であったためまだまだ世に伝わりきっていないというのが率直な感想ですが、もっと多くの方にこの夜景列車の存在が伝わればな〜と思い吉原駅を後にしたのでした。

岳南鉄道の歴史に迫る!

岳南鉄道に関しての大まかな内容や夜景列車に関して紹介をしましたが、ここで気になるのは岳南鉄道にはどんな歴史があるのかということ!その歴史を知るべく、私は岳南鉄道の駅の一つである”新吉原駅”に訪れたのでした。

吉原本町駅の岳鉄プラザ

岳南鉄道

その岳南鉄道の歴史は、吉原本町駅に隠されていた。吉原商店街という歴史ある商店街の玄関口でもある吉原本町駅。この駅に、岳南鉄道の歴史がわかる場所があるようだ!

岳南鉄道

それが、この「岳鉄プラザ」!!といっても、人がいる気配がない感じであるが、とりあえず中に入ってみることに。

岳南鉄道

中はこんな感じで非常に閑散としていた。少しほこりっぽいにおいも感じ、まさにほったらかし状態という感じか!中をうろうろとしているといくらかの資料があり、そこから岳南鉄道の歴史が見えてきた!!

岳南鉄道

岳南鉄道は1932年に誕生しました。東京人絹が自家発電用の石炭や製品の原材料を輸送するための物資専用路線として誕生したのです。第二次世界大戦中には東京人絹を日産自動車が買収し鉄道の権利が日産に移りました。その後、貨物には乗用車が積載されたのです。
その後、「人と物資を大量に運ぶ鉄道が欲しい」という高まりの中、日産の専用路線を利用して吉原駅から富士岡駅までの6.5kmを第一次計画都市鉄道建設がスタート。1949年に本町駅まで開通し、1953年に江尾まで開通して今の形に至ります。
岳南鉄道は、地元の方にも親しまれていた列車だったようです。時には回送電車にお客さんを載せたり、運転手と乗客も顔見知りになり乗客がわずかな時は車掌さんとお客さんが話すこともあったとか。それがきっかけでお客さんと車掌が結婚する「車内恋愛」もあったんだそうですよ!
都会の電車では考えられない出来事ですが、なんか平和だと思うほのぼのとした光景ですね。

岳南鉄道の周囲では

岳南鉄道

また、吉原本町駅のそばにある吉原商店街も岳南鉄道とともに過ごしてきた。吉原商店街は江戸時代から東海道五十三次の宿場町として栄えた老舗の商店街。しかし、現在はシャッターが目立ちかなり閑散としている様子。「シャッター商店街」という言葉が聞かれますが、ここも他人事ではないですね。
この商店街は「ナイトバザール」という夜に行われるバザーが人気を博していた。1996年~2002年までの毎月第二土曜日に開催されており、商店街に何とか来てもらおうと考えられたイベントだったそうです。現在も時折復活して行われているようです。

岳南鉄道

また、岳南鉄道と寄り添っていた飲食店も!そのお店は「めん太郎」というお蕎麦屋さん。1969年に夫婦二人ではじめたお蕎麦屋さんは、当初は本吉原駅、吉原駅、吉原本町駅の構内に開店していたそうです。学生も客も多く、お店のドアを閉める際に駅員さんが押していたなんてことも!

岳南鉄道

現在は岳南原田駅にある1店舗となっていますが、昔食べに来ていたお客さんが息子を連れてきたりするなど常連客も多いという。

多くのイベントや記念乗車券も!!

岳南鉄道

また、多くの記念品やイベントも設けた。自社の何らかの記念日、新型車の導入など様々なことをネタにして記念乗車券を作成していた他、地元のお祭りやイベントに協賛もしていた。乗車券は、1953年には何と立体式記念乗車券という3Dの乗車券も発売していたという。
現在も岳南鉄道にはローカル線ではあるものの多くのグッズが売られているのは、そんな背景があったからなのでしょうか?現在でも夜景列車の他、写真にも写っているようなラッピング列車など多くのイベントを行っているようです。

岳南鉄道

岳南鉄道のオリジナルグッズは、吉原駅には多く展示してありますので訪れた際には見てみてはいかがでしょうか!!

岳ちゃん 元気ノート

岳南鉄道

岳鉄プラザには、こんなノートも置いてありました。多くのスポットにも置いてあるメッセージ帳ですわ(#^.^#)

岳南鉄道

岳南鉄道

こんな心温まる内容がたくさん記載されていましたよ!

おわりに

以上、岳南鉄道に関して結構いろいろ調べて記事にいたしました。首都圏ともかく、地方のローカル線は廃線の危機を迎える路線は本当に多いと思います。今回の岳南鉄道は、イベントを行うことで活性化を図っておりますが他の路線も色々な策を練って生き残ってほしいものです。
そして、それぞれの路線には多くの歴史も残っているはず。そのささやかでもある歴史に多くの方が気に留めるだけで何かが変わっていく気がする。

↓よければクリックをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加