プロレスラー新崎人生が経営するラーメン屋、徳島ラーメン 人生

スポンサーリンク
宮城県仙台市。
ここに、とあるプロレスラーが経営をするラーメン屋があるとのこと。
プロレスラーだけでなく、スポーツ選手は現役を引退した後は飲食の道に進むというのがよくあるパターンですね。
プロレスラーでいうと、川田利明、高山善廣、丸藤直道、松永光弘などなど。
そして、今回訪れたお店は、、、、

「徳島ラーメン人生」です。
プロレスラーである、新崎人生さんが経営するラーメン屋。
こちらの「泉店」以外に、同じ仙台市にある「ベガロポリス店」、岩手県盛岡市にある「盛岡櫻山店」の全部で3店舗がございます。
 ちなみに、徳島ラーメンとはどんなラーメンなのか??

徳島ラーメンの発祥は、「いのたに」という店なんだそうです。
老若男女に受け入れられており、新横浜のラーメン博物館にも出店したことがあるそうです。
しかも、徳島ラーメンという呼び名は、新横浜ラーメン博物館が命名したそうで、地元では”中華そば”、”支那そば”と呼ばれているそうです。
今回の徳島ラーメン人生で紹介するラーメンは「黒系」と言われるもので、その他にも「白系」「黄系」と3種類に分けられているそうですよ!!
知らなかったーーー!!

テーブルには、すでに卵が用意されています。
無料なので、何個食べても大丈夫。

ライスが先の到着しました。
ここで、たまごでTKGにして食べるか、それともラーメンのスープと一緒に食べるか悩むところです。
ただ、ここは後者にしました!

こちらが、徳島ラーメン人生のラーメン。
具には、ネギ、メンマ、そしてチャーシューではなく牛肉が乗っております。
スープにしても、すき焼き風のものでした。
新崎さんは、徳島出身でプロレス入門までの学生生活はずっと徳島での生活だったそうです。
レスラー時代は、ずっと仙台にいるようになり、故郷に帰ると、徳島ラーメンの店に行っていたそうです。
しかし、新崎さんがお世話になってる仙台にはこの徳島ラーメンを出している店が無かったため、仙台の人にもぜひ徳島ラーメンを食べてほしいと思ったことが原点だったようです。

卵を投入させていただきます!
すき焼き風味だけあって、卵を入れると絵になりますね!

スープはこちら。
私は、ラーメン屋に入ると、お店でちゃんと出汁を取っているか寸銅鍋があるかを見るのですが、このお店は厨房が見えなかったのでその点は不明でした。
できれば、オープンな厨房にしてほしかったです。
すき焼き風味でおいしかったです。

麺の太さは中太麺。
スープは、見た目は味が濃そうに見えますがそこまで濃いわけでもない。
このくらいの中太麺が一番スープには合いそうです。

すき焼き風味の肉もおいしかったです。
ただ、ちょっと量が多かった。
味が少し濃い目なので、少し後に残りました。
ただ、全体的にはやはりすき焼き風味のラーメンはなかなかないですし、味も良く、来てよかったです。
年中無休なので、仙台に来た際は、牛タンだけでなくこのラーメンも食べてみてください!!
そして、最後に新崎人生について。

新崎人生はプロレスラーなのです。
実は私は、大のプロレスファン。
プロレスファン歴は14年くらいになります。
新崎人生の試合は、そんなに見たことはないのですが、ヘビー級の体格をしながらも、バランス感覚がよく、技も非常に綺麗で見ごたえのあるレスラーなのです。

引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/hakusii963/12796567.html
写真の様に、写経が体中に。
これは、新崎”白使”人生。
 主に「みちのくプロレス」で活動をしており、全日本プロレスや新日本プロレスで試合したこともあるのです。
本人は、四国八十八か所のお遍路も行っていたそうですが、なんで仏教をイメージした格好なのでしょうかね。
 技にしても、「念仏パワーボム」「念仏ダイビングヘッドバット」「極楽固め」「輪廻」と、仏教用語満載(笑)
「念仏パワーボム」「念仏ダイビングヘッドバット」は、合掌してから技を出すので、時間がかかるのです(笑)
一時はみちのくプロレスの社長になったこともあり、レスラーだけでなく、社長や経営者など多彩な才能の持ち主なんですね!!
以上、徳島ラーメン人生でした!!
↓よければクリックをお願いします

詳細・地図

住所 宮城県仙台市泉区市名坂字原田64-1
営業時間 11:00~25:00(LO 24:30)
定休日 無休
駐車場 無料(14台)
電話番号 022-344-9266
アクセス 仙台市地下鉄泉中央駅より徒歩約25分
リンク http://tokushimaramen.com/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク