房総中央鉄道館

ここは千葉県の大多喜町という場所。
ここには、地元では有名なB級スポットがあるんだそうです。

房総中央鉄道館
それがこちらの、「房総中央鉄道館」。
大手会館という歴史を感じる建物の1Fにその鉄道感はありました。
入口に踏み切り(笑)

閉館中は、バーが下がったりするんでしょうか??

房総中央鉄道館
こちらが館内!!
ジオラマの奥に、駅名のプレートが貼り並べてあります!!

なんか、すし屋みたいですね!
駅名じゃなくて寿司ネタにしか見えない(笑)

 ここは、鉄道ファンの間では知る人ぞ知る有名スポットなんだそうです。

房総中央鉄道館
ちなみに、このジオラマは約6,000万円するそうです。
ジオラマを見ていたら、小学生達がジオラマに集まってきて、触ろうとするもんだから、館長が叫んでおりました。

小学生達:「わ~電車だーーー!」
館長:「あーーーーー触っちゃだめだよ!!それ触って壊した人がいるんだからーーー」

小学生達:「あれねーー新幹線だよ!!あ~~あれは・・・」
 館長:「あーーーーーダメだよ!それ触って壊して200万円賠償した人いるんだから!!」

(笑)

館長:「やっぱ、子供たちにゃ駄目だなこりゃ!触ろうとするから!(入場料)100円払って200万円払うんじゃ、たまったもんじゃないもんな~~」

館長は結構しゃべる方のようで、永遠としゃべっておりました!!

房総中央鉄道館
おっと、新幹線が車庫に停車しております。
この車両って一台どんくらいするんでしょうか??

毎回こういうジオラマを見て、金かかってるな〜〜というところに頭がいってしまいます!!

ちなみに、Nゲージはどうやって走っているかというと、プラレールは乾電池なのに対して、こちらはレールに電気が流れており、その電気を拾って動いているんだそうです。
実際の電車はパンダグラフから供給しているため、その部分は実際と異なりますね!!

房総中央鉄道館
こちらは、駅のホームにある駅名の標識ですね!!
千葉県にある駅の標識ですね!!

こういうのってどうやって集めるんでしょうか??

房総中央鉄道館
そしてこれが一番うけました(笑)
何とイスが、電車の座席(笑)

さりげなく置いてあったので、特に気に留めていなかったのですが、気づいたときはにやけてしまいました!!

房総中央鉄道館
これは、精算機ですね。
しかし、これって、電車じゃなくてバスにあったやつじゃなかったっけ??

いずれにせよ、Suicaの時代になってしまった今となってはなつかしい!

房総中央鉄道館
ん??

これは電車と関係あるのか??
なぜか、大量のプレデターが現れました。

いっぱいいすぎて、キモイ!!

房総中央鉄道館
館長がフィギュア好きなのか知らんが、結構な量が展示されていました!!

房総中央鉄道館
館内にはホワイトボードがありました。
なぜか、真ん中には中国語が書いてあり、そして大半は「積分」の式でしょうか?
これは、大学受験では数学Ⅲで出てくるものですね!

私は、理系で大学受験していたので、結構懐かしい(笑)

房総中央鉄道館
運転席からの風景が映し出されているビデオが放映されて今す、映像はともかく、この椅子(笑)

学校の椅子やんけ!
懐かしいですね!!

房総中央鉄道館
何を作っているかわかりませんが、何か作っていました。

房総中央鉄道館
こちらは、Nゲージを操作する運転キット!
私そこまで鉄道に興味があるというわけでもまりませんが、これはちょっと運転してみたいと思いました。

結構面白いB級スポットでした。
学び要素はあんまありませんでしたが・・・・・

房総中央鉄道館
⇒大多喜町HP
住所:〒298-0215
   千葉県夷隅郡大多喜町久保102 大手会館
営業時間:10:00〜19:00
開館日:土曜日、日曜日、祝日
入館料:大人200円、小学生100円
TEL:0470-82-5521
駐車場:なし
房総中央鉄道館の天気予報

[wunderground location=”35.287243,140.245472″ language=”JP”]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加