巨人伝説、デーダラボッチの足跡!!

デーダラボッチをご存知でしょうか??

昔々、関東地方を中心に歩き回り足跡を残したと言われている伝説の巨人です。
呼び名は色々あり、「デーダラボッチ」「ダイダラボッチ」など!!

日本では、「進撃の巨人」というアニメが有名であるが、果たして本当に巨人はいたのでしょうか??

デーダラボッチの足跡
その足跡は、通りを少し入った道沿いにひっそりと佇んでいました。

デーダラボッチの足跡
この中にあるそうです。
ここは、「イボ弁天」という名称がついています。

柵に囲まれていて、何か神聖な場所って感じがしますね!!
名前に”弁天”という文字が入っていることから、ここは弁天様が祀られています。

しかし、祀られた年代は不明で、高橋源左衛門という人が長く病気にかかり、それが弁天様のたたりということで祀られたそうです。
そして、調べてみると、どうやらこの領域は現在この付近にお住いの「高橋さん」の私有地なんだそうです。

デーダラボッチの足跡
こちらが、デーダラボッチの右足跡。
う~~ん、まあ足跡に見えなくはない気がしますが、見えない気もします(笑)

これが本当に足跡だったら、とてつもない巨人ですよね!!
ちなみに、手前がつま先で、奥がかかとになります。

足のサイズは、10mくらいでしょうか!

ちなみに、この池は湧水によって出来たんだそうです。
また、イボ取りに効果があるそうで、一時期賑わったんだとか!!

ちなみに、wikipediaをあさっていたら、足跡や手の跡と言われている場所は日本中のいろんなところにあるようです。
そして、世田谷区には「代田(だいた)」と言う場所がありますが、この地名は「ダイダラボッチ」から来た説もあるんだそうです。

その他には、
・利根川で足を洗った
・富士山を作ろうとして甲州の土を使ったため、甲府は盆地になった
・富士山を作るために近江の土を掘り、それが琵琶湖になった
・赤城山に腰かけて踏ん張った時に窪んでできた足跡が水たまりになった(現在の赤沼)
引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%81

足跡としてへこんだ場所が湖になったとか、腰を下ろした場所が高原になったというパターンが多いそうです(笑)!!

 デーダラボッチの足跡
左側には説明書きが!!

ところで、巨人伝説っていうのは世界中で色々説があるんだそうです。
その裏付けとしては、巨人族の骨の発掘事例があるからだそうです。

北欧神話やギリシャ神話などでも語り継がれているという巨人伝説。
よく、テレビでは野人伝説みたいなものをやっていましたが、それですら真実はわかっていない状態のようです。。

今でも、巨人伝説について研究している人はいるんでしょうか??

デーダラボッチの足跡
イボ弁天!!

デーダラボッチの足跡
こちらが祠です。

 都市伝説やら「~~伝説」って、嘘っぽいものが多いですが、本当にあったら面白いだろうな~と思うものもたくさんあります。

ネッシーとか、山手線の結界とか!!
嘘くさいけど、こういうのについて語り合うのも嫌いじゃないんですよね~~!

ちなみに、ここにあるのは右足跡で、左足跡も千葉県内にあるんだそうです。
今度はそっちも調べてみようと思います。

イボ弁天
住所:〒277-0064
   千葉県柏市東山2丁目1-24
訪問可能時間:いつでも訪問可
駐車場:なし
イボ弁天の天気予報

[wunderground location=”35.826491,139.95053″ language=”JP”]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加