全て個人のコレクション、若旅民具茶屋

群馬県のみなかみ町にやって来ました。
ここには、カオスなお店があるんだそうです。。

カオスな場所というと、愛知県の風天洞や栃木県の戦争博物館、などがありますが一体どんなカオスっぷりなのでしょうか?

早速行ってみましょう!!

若旅民具茶屋
ここが、「若旅民具茶屋」。

あ~なるほどね!!
もう見てわかりました!!
こりゃ楽しそうだわ(笑)

早速中に入ってみることに。。。

 若旅民具茶屋
店内は全面こんな感じ!!
いや~~こりゃ結構レベル高いお店ですわ!!

早速、「ざるそばセット」を注文しました。
そして、気になったので店員さんに聞いてみることにしました。

俺:「すみません。」
店員さん:「はい??」
俺:「あの~これ、どうやって集めたんですか?」
店員さん:「あ~これね、親父がいろんなところから集めてきたんですよ!!」

そういって、店員さんはとあるところに案内してくれました。

若旅民具茶屋
店員さん:「どうぞ!!」

通されたのは、通路の奥の扉!!

早速扉を開けてみると・・・・・

若旅民具茶屋
お~~こんなに眠っていたのか!!

ってことで、そばが出来上がるまでの間、楽しませていただけることになりました!

若旅民具茶屋
どうやらここは、昔は民芸館として開館していたようです。
館長の「若旅茂氏」が、勤務の合間を縫って、時には山間部落まで行き、時には帰りの旅費が無くなることもありながら集めてきたもののようです!!

ってか、勤務の間にそんなに時間あるんだ(笑)

若旅民具茶屋
中には、秘宝館もありました。
最近は、コツコツと姿が無くなりつつある秘宝館ですが、こんなところに!!

中はですね・・・・うん、まさに秘宝館そのものでした(笑)

若旅民具茶屋
しかし、ここに展示してあるものってどのくらい価値があるものなのだろうか??
結構昔の品が多いので、自分には馴染みのないものばかりでした!!

しかし、天狗の鼻がえらい長いこと!!

若旅民具茶屋
若旅民具茶屋
こちらは、何かの作業着でしょうか??
館長は、鉄道関係のお仕事をしていたようです!!

現場作業員の方の作業着とかでしょうか??

そんでもって、色々調べてみたところ、ここを紹介した新聞記事を発見したので、それをもとに説明していきます!!

若旅さんは、国鉄で41年にわたって、電気機関士を務めていたそうです。
その若旅さんが、趣味で集めたグッズを活用したいと思い、開設したんだそうです。

若旅民具茶屋
1階には、機関車の部品、ホームの標識、駅の大時計、保線用具、箱型携帯電話、ブレーキハンドルなど、鉄道マニア必見の品が1万点近く展示していたそうです。

そして、2階もあったそうで、明治の柱時計、蓄音機、山村と里の生活用具など、昔の庶民の生活を物語る貴重な生活用品約2万点が展示されていたようです。

若旅民具茶屋
おお~昭和天皇ではないですか!!

植物学者でもあり、太平洋戦争のときは本当に大変な苦労をなされたんでしょうね!!
私は、昭和天皇はかなり尊敬しているのです!

若旅民具茶屋
こんな色紙がありました。
 「苦楽を共にした 仲でこそわかる 人生の味」

この色紙、いったい誰が館長に書いたものなんでしょうか??

若旅民具茶屋
うわっ!!
凄いマニアックなもの(笑)

電車の窓ガラスがあります!!
四隅が丸っこくなっていますが、確かに昔の電車ってこんな感じの窓だったイメージがあります!!

若旅民具茶屋
壁に、たくさんの賞状が!!
しかし、字が古すぎてなんて書いてあるかわかりません・・・

「右ハ昭和九年・・・・・・運搬自己絶無ナリシハ畢竟庫・・・」
もはや漢文の世界・・・・

若旅民具茶屋
この上が、2階のようですね!!
しかし、上には登れそうもないし、なんか床が抜けそうで怖かったです(笑)

若旅民具茶屋
やかんと黒電話!!

若旅民具茶屋
江戸時代の蔵の鍵(・o・)

若旅民具茶屋
そして、15分か20分くらいは経っていたのでしょうか??
おそばが出来上がりました!!

そばと、左側はまいたけごはんでしたが、本当においしかったです!
そして、そばはおまけしてくれたのかはわかりませんが、結構なボリュームでした。

若旅民具茶屋
それにしても、凄い光景!!

私が食べているときに、家族連れが入店してきましたが、なんか普通の店に来たかのような感じでした(笑)
こんなに反応して楽しんでるの、俺だけ??(笑)

若旅民具茶屋
天井には、なぜか大量のランタンが!!

ということで、お腹もいっぱいになったし、店内も色々見れたのでこれで退散するかと思いましたが、

まだ、外も大変なことになっていた(笑)

若旅民具茶屋
あ~~~こりゃ見なあかんわ!!

若旅民具茶屋
これは、何かの大明神とかでした!!
しかし凄い外観!!

怪しすぎて、良いことが起こるのか、そうでないような・・・・

若旅民具茶屋
なぜか、めちゃくちゃ古いポストまでありました!!

ってか、ポストって本当にどっから集めてきたんでしょうか??

若旅民具茶屋
「上野」「桐生」と書いている看板は、電車の車両にあるやつでしょうかね!!
そして、その奥にあるトロフィーはなんのやつなのか??

若旅民具茶屋
「奇人 変人 頑固親父の店」
うん、納得!!

奇人、変人じゃないと、ここまで出来ませんから!!
でも、こういう変人は私は嫌いではないです\(^o^)/

若旅民具茶屋
とにかく、本当に本当にカオスなお店だった!!
この感じは、久々ですわ!!

こういうスポットが日本中にたくさんあると、1,000倍幸せなんですけどね!!
しかし、こういうスポットくると毎回思うのですが、個人の収集能力というのは無限大ですね!

一人の人間の力でこんなにも多くの物を集められるとは!!
ってことで、記事の更新も今後も頑張ります(笑)

若旅民芸館民具茶屋
住所:〒379-1727
   群馬県利根郡みなかみ町大穴109-5
営業時間:11:00頃〜不明
     ※自分が行った時は11:00頃から営業していましたが終わりは不明です
定休日:毎週金曜日
駐車場:無料
TEL:0278‐72‐2074
若旅民芸館民具茶屋の天気予報

[wunderground location=”36.792662,138.986309″ language=”JP”]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加