喜多方ラーメンの有名店、坂内食堂本店~日本三大ラーメン

日本三大ラーメンをご存知でしょうか??
日本三大ラーメンは、「札幌ラーメン」「博多ラーメン」「喜多方ラーメン」の3つです。
私はラーメンが好きなので、どのラーメンも食べたことがありますが、どのラーメンも本場のラーメンを食べたことがないという事実に気づきました(+o+)
福島県に来る機会がありましたので、せっかくなので本場の喜多方ラーメンを食べることに!!
喜多方ラーメン
本場の喜多方ラーメンの中でも人気なのが、この「坂内食堂」。
喜多方には120軒近くのラーメン店が存在し、元祖は「源来軒」という店だそうで、そのお店の「藩欽星(ばんきんせい)」さんが考案したそうです。
喜多方では、「源来軒、坂内食堂、まこと食堂」の3店を「御三家」と呼んでいるんだそうです。
また、坂内食堂の営業時間は朝7:00~で、朝ラー をする人も多いんだそうですよ!
朝ラーが始まった理由は「夜勤明けの人が食べにくるから」「朝早く農作業をした農家の人が食べにくるから」「冬、出稼ぎから夜行列車で帰ってきた子供を暖めるため」などの理由があるそうです。
ちなみに、この坂内食堂にはテーマソングもあるようです。
→テーマソングはこちら
喜多方ラーメン
手動のスライドドアである坂内食堂の本店。
休日などは、かなり行列ができるんだそうです。
今回訪れたのは、金曜日の16時ということもあり、お客さんはめちゃくちゃ少なかったです!
首都圏などに約70店舗もの支店を出している店であるため、看板などを見た人は多いのではないでしょうか??
喜多方ラーメンの元祖は「源来軒」と言いましたが、源来軒から喜多方ラーメン作りのノウハウを継承した食堂が多いのだとか。
そのため、ラーメン屋として開業した店というよりかは、もともとあった食堂がラーメンを途中から始めた店が多いようで、現在でもここ「坂内食堂」のように「○○食堂」という店名が多いんだそうです。
喜多方ラーメン
注文は、肉そば950円!!
坂内食堂はこのチャーシューが大人気だそうで、ラーメンではなくチャーシューだけを食べにくるお客さんもいるんだそうです。
15枚近くのチャーシューに埋め尽くされており、麺が見えません(笑)
喜多方ラーメン
ラーメンのチャーシューは醤油ダレにつけていることが多く、場合によってはかなり味が強いものもあります。
ここのチャーシューはそれに比べ味にしつこさがなく非常にあっさりとしたもの。
しかし、脂身が少し乗っており程よいバランスを保っております。
そのため、15枚というと結構な量ですがそれほどキツイという感じもなく、食べることが出来ました。
喜多方ラーメン
喜多方ラーメンの麺は「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれ、モチモチした食感と平打ちの縮れ麺というのが特徴的。
喜多方ラーメン
スープは、かなりあっさり目の豚骨スープ。
本当にかなりあっさりした感じでした。
しかし、これはチャーシューを考えてな気がします。
チャーシューが多いのに、スープの味も濃いと全体的にかなり味がキツイラーメンになってしまいます。
チャーシューがたくさんある分、しつこさがそんなに出ないようにスープをあっさり目にしているのではないかと思うのですが、実際はどうなのでしょうか??
喜多方ラーメン
ごちそうさまでした。
おいしかったです!
やはり本場で食べるというのはいいですね!!
休日のごはん時は結構並ぶそうなので、すきを狙って伺ってみるといいと思います!!
まあ、首都圏の人は支店でもぜひ食べてみてください!!
↓よければクリックをお願いします
坂内食堂
⇒ HP
住所:〒966-0816
   福島県喜多方市字細田7230
営業時間:7:00~18:00。
     スープなくなり次第閉店。
定休日:木曜日(祝日の場合営業)。元旦のみ休み。
駐車場:無料
TEL:0241-22-0351

  • このエントリーをはてなブックマークに追加