1995年に石川県に落下した「根上隕石」その全貌を調査した!

今回は、隕石に関するお話です!知の冒険のネタを集めるべく、2016年10月に北陸遠征に出たわけです。いつものように事前調査をして旅に出るのですが、毎回いつも予定通りにはいかず所々行けなくなったりその場でスポットを発見したりもするもの!
今回、どういった経緯で訪れたのかははっきり覚えていないのですが、その場でたまたま発見したため調査をすることにしました!その内容は、石川県で隕石が落下した場所!では、詳しく説明していきまっせ!

根上隕石について

ということで、まずは根上隕石に関して説明していきます。そして、実際に落下した現場にも行ってまいりましたのでその詳細も以下に書きましたよ!

隕石はいつ落下した?

根上隕石は1995年2月18日23時55分頃に落下しました。石川県や富山県で多くの方の目撃証言もあったよう。この頃、私は小学生だったわけですが特にニュースとかで聞いた覚えもなかったんですけど当時はどうだったんでしょうか?
しかし、1995年というと日本は時代の転換期ともいえる時期でした。何といっても1月17日には阪神淡路大震災が発生しましたし、3月20日には地下鉄サリン事件も起こったわけで、この2大ニュースで日本は混沌とした頃でしたから埋もれていた可能性はありますね。。。

隕石はどこに落下した?

根上隕石

根上隕石が落下したのは石川県能美市大成町という場所。昔は能美市大成町は能美郡根上町(ねあがりまち)だったそうなので“根上隕石”と言われたんでしょうな。

根上隕石

もっと近づいてみるとこんな感じ!「能美根上駅」という駅の東側に隕石は落下したようですが、そこは普通に住宅地。車に当たったからまだよかったものの、人間に当たっていたら大変なことになっていましたね・・。

根上隕石

で、実際に隕石が落下した場所にはこんな感じで看板が立っております。わりと古びた建物が並ぶ中、この看板だけがやたら新しい( ;∀;)

根上隕石

根上隕石

落下した場所は駐車場のようですが、そこに隕石が落下したそうです。この碑には「1995年2月18日23持55分頃遥か北北西の日本海上空より石川県根上町へ落下、自動車を直撃」と書かれていました。

当時の目撃証言

根上隕石

隕石が落下した時刻は23時56分という深夜。ではあるものの、まだ外を歩いている人はいる時間帯であるため、目撃者も多数いたようです。
目撃者の証言としては、以下。
「火球はピンク色で、明るい街灯と同じ程度の明るさ。音はなく、煙も残らなかった。」
「大型スーパー”サンテラスユニー”の駐車場から目撃。オレンジ色の火球が北から南にほぼ水平に飛行し、煙の跡が残った。光度は明るい街灯程度で、飛行中色や明るさの変化はなかった」
「自宅から窓越しに、ものすごく明るい光の塊が水平に横切るのを確認。速度は飛行機よりはるかに早く、窓を瞬間的に横切った(1秒以下)」
「空を見ていたところ、流星の発行を確認した。かなり明るかった。北から西へ40度ですぐに分裂し、分裂したものは垂直に流れた。分裂したものは高さ20度で消滅」
※能美市根上学習センターの展示資料より抜粋

地元の資料館を訪れた!

根上隕石

いろいろ調べると、地元の資料館に実際に隕石が激突した実物の車が展示してあるとの情報を仕入れ、訪問することに!ここは「能美市根上学習センター」という地元の複合施設。ここの2Fには「子ども宇宙科学室」があり、これは隕石がこの街に落下したことを記念して作られたんだとか!

根上隕石

訪れたのは、金曜日の昼間ということもあってかほとんど人はいませんでした。誰もいないので、とりあえず子供宇宙科学室がある2Fへと進んでいきます!

根上隕石

あ~ここだここだ!この奥が科学室のようですがなかなかガチな外観!(^^)!

neagari12-min

中はこんな感じになっています。真ん中の車が目立ちますが、その周囲には隕石についてなどの説明が書かれている感じ。もちろん、誰もいませんでした(笑)

隕石がぶつかった実物の車が!

根上隕石

隕石は落下した時に車に激突した訳ですが、その実物の車がこちら!この車の持ち主は「笹谷さん」という方だそうで、隕石が落下した翌日8:00頃乗用車を運転しようとして車を見ると、トランクの鉄板の上に石と大きなへこみを見つけたそうだ。つまり、落下した時には気づかず、朝になってようやく気付いたんですって!!

根上隕石

これがそのトランク。すげえ!このへこみが、実際に隕石が落下したことによるへこみなんですな!なんかロマンがある( ;∀;)
へこみの上に何かが飛び出ていますが、これが隕石が落下した軌道なんでしょうな!日本で落下した隕石として確認されたのはこれが44個目だそうで、車に隕石が落下したのは日本で初めて。そして、世界では3例目なんですって!

隕石について

根上隕石

子供宇宙科学室には、隕石が展示されていた!!と、思ったらこれはまさかの複製品であって本物ではなかった( ;∀;)
この根上隕石は、重さ325.3gでいん石の種類としては「コンドライト(球粒いん石)」に分類されるという。この隕石は、落下直後に金沢大学理学部付属低レベル放射能実験施設の放射線測定で、隕石に含まれるK(カリウム)が検出されたことから、間違いなく隕石であることが証明されました。

根上隕石

いん石は宇宙空間に太陽系ができた際に、球粒いん石のようなものができ、その後3種の隕石に分化したと考えられているようです。いん石は鉄(Fe)とニッケル(Ni)が主成分であります。この2つの元素は比重が大きいため、我々が普段触れている石と比べると、同じ大きさでもかなり重いのです。

日本の隕石落下事例

根上隕石

ここで気になったのが、日本にはどんくらいの隕石が落下しているのかということ。日本でいうと、最近100年間の間に20回近く落下しているそうです。つまり、5年に1回の計算ですね!しかし、これは落下して回収が確認されているものなので、山の中に落下して誰も確認できていないものもきっとあるでしょうな!
世界でいうと、最近は2013年2月15日にロシアのチェラビンクスで落下した隕石が話題になりましたね!日本で2016年11月現在で一番最近の落下は2003年に広島に落下した隕石のようです。つまり、ここ13年近くは日本で落下していないようです。次はいつ落下するのだろうか・・。

おわりに

隕石など宇宙に関することって、世界が広まる感覚があるものの、巨大な隕石がもし突っ込んできたらわれわれが気づいた歴史などの人類史が一瞬で消滅してしまうと考えると、この世は意外にあっけないとか、そうなると人は何のために生きるのかと私は考えてしまうもんです。
次はいつどこに落下するんでしょうね?
↓よければクリックをお願いします
根上隕石
⇒wikipedia
住所:〒929-0113
   石川県能美市大成町ホ4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加