新大久保駅の物語

コリアンタウンでにぎわう、新大久保!!
その駅で、かつて勇敢な男のとある物語があったんだそうです。
それを見に、現地に行きました。

新大久保駅

こちら新大久保駅です。
どうでもいい話ですが、山手線の中でみどりの窓口がないのは
「新大久保駅」と「鶯谷駅」だけなんだそうですよ・・・・
新大久保駅は山手線で、大久保駅は総武線の駅!!
ちょっとややこしいですな!!

新大久保駅

駅を出ると、もう韓国!!
韓国料理屋の店や韓流グッズの店など、コリアンタウン全開。

新大久保駅

歩いている人も、年配の女性がやたらと多いことに気づく。
そしてこの辺は、キリスト教の教会も多いです。
韓国人は確か7割近くがキリスト教徒だったような。
この辺や、高田馬場あたりでもキリスト教の勧誘は結構多いようです。
自分は、一度勧誘されて試しに行ったことがあります。
何に行ったかというと、「ミサ」です。
キリスト教は日曜日は「主」の日とされ、
毎週ミサが行われます。。
ちなみに何にも共感できませんでした・・・・
話を本題に戻しましょう。。
ってことで、新大久保駅内に入ります。

新大久保駅

はい。駅に入りました。
この階段を上がり、ホームに行くのですが、
正面の壁に何か黒い看板がありますね。。
あれです。

新大久保駅

これです。
時は、2001年1月26日の19時15分のことでした。
そんなに昔じゃありません!
この時、ホーム上で酔っ払っていた女子大生がプラットホームから線路に転落してしまいました。
それを助けたのは、カメラマンの「関根史郎氏(47)」、韓国人留学生の「李秀賢氏(26)」でした。
2人は転落した方を救助しようと線路に降りたものの、
救助は間に合わず3人は亡くなりました。
 韓国人留学生の「李秀賢氏」は、現在故郷である韓国の釜山のお墓で眠っているそうです。
故郷に帰れてよかったですね。
 そして、関根史郎さん。
当時マスコミが事件について大騒ぎしている中、母と実の姉は「できればそっとしてほしい」と思ったんだそうです。
母親は、事件後一度も駅を訪れることなくなくなり、姉はホームに来たものの足が震えて歩けなかったんだそうです。

新大久保駅

こちらが現在の新大久保駅のホーム。

新大久保駅

現在は転落防止用の柵が設置されています。
この物語は、後日「あなたを忘れない」という映画にもなりました。
この物語を、新大久保駅を利用する人のうちの何割がご存じなんでしょうか??
事件から13年の月日が経ちましたが、風化されずに残り続けることを祈ります。
↓よければクリックをお願いします
新大久保駅
⇒ Wikipedia
住所:〒169-0073
   東京都新宿区百人町1丁目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加