大谷資料館

お墓や建築物など、色々な場所で石は使われています!!
私の知り合いには、石材屋で働いている人もいます!
今回のテーマは石です。
って言っても石を採掘するとかではなく、採掘跡の資料館が栃木県にあるんだそうです!!

大谷資料館

それが、ここ栃木県宇都宮市にある大谷という場所!
しかし、すごいな!
崖どんだけ削ったんやねんってくらい、削った跡だらけ・・・
もう見るからに採掘したんだなって納得です。。
と言いつつ、この異様な雰囲気は圧巻でしたよ!!

大谷資料館

自販機コーナーまでこんなことになっています。
こんないかつい自販機コーナーなのに、名前は「ふれあい広場」(笑)

大谷資料館

トイレまで大谷石。
それで、すぐに思ったんですが正面の小便器が丸見え!!
もうちょっと石使って隠した方がいいんじゃない(笑)??

大谷資料館

ベンチとテーブルまで大谷石なのだ。
石って便利ですね!!
わざわざIKEAまで買いに行く必要がありません(笑)

大谷資料館

ここが資料館の入り口。
ところで、ここの資料館の名前は大谷資料館ですが、「おおたに」ではなく「おおや」なのでご注意を(笑)

大谷資料館

この階段を下り、坑道内へ進みます。
しかし、いきなり凄い空間!!
RPGのラスボスの面へ続く道のようです!!
この下にはいったいどんな景色が待ち構えているのでしょうか??

大谷資料館

おお~~!!
これが、坑道内か!!
本当に圧巻でした。。。
昔にタイムスリップしたような、不思議な場所にワープしたような、そんな空間でした!!

大谷資料館

ここは、有名スポットなのかわかりませんが、結構多くの人が訪れていました。
でもそれには納得。

大谷資料館

ここでいきなりですがB’zの「May」って曲知ってますか??
ここの場所は、Mayのプロモーションビデオに出てきて、松本さんがギターを弾いていたようです。
確かに、この空間はPV撮影とかにはもってこいの場所ですな!!

大谷資料館

坑道の中にもベンチがありましたが、やはり大谷石(笑)
この何でも大谷石を使うところが結構ツボでした!!

大谷資料館

この空間を無駄にしまいと、やたら写真を撮りました。
ここは戦時中、陸軍の地下倉庫として使用されていたり、戦闘機「疾風」の機体工場としても利用されていたんだとか!!
たしかに、この場所は攻撃も受けにくそうだし、倉庫や工場にはうってつけな気がします!!

大谷資料館

イルミネーションまでありました!!
東京の街中にあるイルミネーションとはまた違った雰囲気でした。
自分は一人で来ましたが、カップルも多くデートにもお勧めの場所です。

大谷資料館

 ここの資料館の平均気温は7℃だそうです。
冷蔵庫とほとんど変わらない気温ということで、昭和45年には、約90,000俵もの政府米が保管されたんだそうです。
その他にも、野菜、くだもの、ワインなど多くの物が保存されていたんだそうです!!

大谷資料館

とある一角には、ここの資料館で撮られた映画やPV撮影の様子の写真が展示してありました。
B’zのMayだけじゃなく、板野友美や3代目J  SOUL BROTHERSなど本当に色々な撮影が行われているようです。

大谷資料館

これは、採掘で使用していた機械のようです。
 機械がなかった頃は、石を1本掘るのに4,000回もツルハシをふるったんだそうです。
手が腱鞘炎になってしまいますよ・・・

大谷資料館

また、展示室とやらもありました。
ここでは、石を採掘していた歴史などを展示してありました。

大谷資料館

こんな工具も!!
人力の頃はこれらのツルハシをふるっていたんですね!
想像するだけで大変さがわかるような気がします。
昔の人は本当に大変だったんですね・・・・
今まで色々な博物館や資料館に行きましたが、ここは本当にお勧めです。
あの空間は言葉では言い表せないものがあります。
ぜひ、あの空間を味わってみてください!!
↓よければクリックをお願いします
大谷資料館
⇒ HP
住所:〒321-0345
   栃木県宇都宮市大谷町909
営業時間:9:00~17:00(但し入館は16:30まで)
定休日:年末年始
駐車場:無料
TEL:028-652-1232

  • このエントリーをはてなブックマークに追加