江の島伝説ゆかりの神社、龍口明神社

江の島伝説を知っているでしょうか??
「天女と五頭龍」というお話があり、天女は江の島に祀られている弁財天のことを指します。
そして五頭龍は、この龍口明神社に祀られているそうです。

龍口明神社

湘南モノレールの西鎌倉駅から10分弱歩くとその神社は現れます!!
しかもめっちゃ住宅街にあります。。

龍口明神社

江ノ島の方には「龍口寺」というお寺がありますが、そことはまた違うようです。
この神社は江の島から離れており、あまり名前も聞いたことがないので自分も最近まで知りませんでした。

龍口明神社

そもそも、「天女と五頭龍」とは??
昔々、鎌倉の深沢山中の底なし沼に五つの頭を持つ悪霊が住み着き住人を苦しめていたんだそうです。
子供をいけにえに取られることから、この地を子死越(こしごえ)と呼び恐れられていました。
ある時、子死越前方の海上に密雲が何日もわたってたれこめましたが、天地が激しく揺れ動いた後、天女が現れ、雲が晴れると今まで何もなかったかのように一つの島が出来ていました。
これが現在の江ノ島。
天女の美しさに魅せられた五頭龍は、結婚を申し込むのですが、悪行がやむまでは断られてしまいました。
この後、龍は心を改めて結婚できたんだそうな。

龍口明神社

ちなみに、江ノ島電鉄には「腰越」という駅があり、この神社があるのも鎌倉市腰越という地名です。
この腰越という地名は、先ほどの物語で出てくる「子死越(こしごえ)」が由来となっているそうです。
腰越駅の場所は、写真の中心部である赤ポチがついている場所!

龍口明神社

入口には、記念碑がりました!!
この記念碑によると、この神社は一旦関東大震災で崩壊してしまったんだそうです。

龍口明神社

こちらがおそらく「五頭龍」が祀られている本堂!!

龍口明神社

絵馬がありましたが、しっかり弁財天と五頭龍が描かれています。
なんか絵馬を見ていると、願いがかなうような気がする・・・・・

龍口明神社

手水舎がありましたが、ここにも龍がご健在!!

龍口明神社

物語にも出てくる神社ではあるものの、敷地内は閑散としています・・・
まあ、江の島からも距離あるし名前もそんなに聞いたことがないため、隠れスポット的な感じですかね!!
↓よければクリックをお願いします
龍口明神社
⇒ HP
住所:〒248-0033
   神奈川県鎌倉市腰越1548−4
社務所:9:00~17:00 (神社自体はいつでも訪問可)
駐車場:無料
TEL:0467-32-0833

  • このエントリーをはてなブックマークに追加