明治大学が運営する不思議空間、錯覚美術館!

皆さんは、幽霊を見たことがありますか??
自分はありません。。
以前、番組か何かで幽霊というのは人間の幻覚、錯覚によるものだと言うのを聞いた覚えがあります。
磁場が強い場所であれば、人間は幻覚を見やすくなると言うもの。
こういう話は非常に面白いですし、好奇心がそそられます!!
そう!!
今回のテーマは、錯覚です。
錯覚って不思議ですよね。
でも、明治大学にはその錯覚について研究するラボがあるんだそうです。
その研究室が開いているのが、この「錯覚美術館」なのです!!

錯覚美術館

ちなみに、場所は非常に分かり辛いです。
周囲には会社のビルしかなく、5分くらいGoogle Mapを見ながらひたすらうろうろしてしまいました。
完全な不審者です(笑)
ちなみに、看板はこの階段の途中にあるものしかありません。
訪れた際は頑張って探してください。。。

錯覚美術館

さてさて、いざ美術館の中へ!!

錯覚美術館

早速、何か現れました(笑)

錯覚美術館

上の写真のものは、不可能モーションというものらしい。

錯覚美術館

はい、こちらは浮遊錯視という錯覚によるもの。
絵を見ながら、顔を近づけたり遠ざけたりしてみてください!!
ほら、ウサギがぐるぐる回って見えるでしょう!!
でも仕組みはよくわかりません(笑)

錯覚美術館

はい続いてこちらの錯覚!!
何か、蛇みたいな模様がひたすらトグロを巻いております!!!
ずっと見続けると、回転しているように見えませんか??
おもしろくて非常に不思議なーーーーーーーーーーーーーーってずっと見続けると、ちょっと気持ち悪くなりそうですね(笑)
ほどほどにしておきましょう。

錯覚美術館

3D眼鏡をかけるとのことです。
映画の3D映画は錯覚によるものなんですかね!

錯覚美術館

錯覚に関する本も多数。
ニュートンの錯覚特集もありました!!

錯覚美術館

はいこちらはどうでしょうか??
4つの同窓会も文字列が平行に・・・・・・・・・・・・・・・は見えませんね??
でも画面に目を近づけてみると、実はすべて平行になっているんですってさ!!
平行に見えると思っても曲がって見えるので、何かイライラしてしまいそうなので次に行きませう。。
あっ、あとここで面白いことを学びました!!
皆さんよく運転はしますか??
年末年始やゴールデンウィークはやたらと渋滞しますよね!!
渋滞は、トンネルだと心理的にスピードを落としてしまうなどの要素がありますが、実は「錯覚」によってもおこるのだそうです。
以下の図をご覧ください!!!

錯覚美術館

このような高速道路があったとします。
車は坂道を登っていき、その先には少し傾斜が急になる坂が待ち構えております。
しかし、坂道を上っている先の坂が少し急になるだけでは、運転手には錯覚により急には見えないんだそうです。
そうするとどうなるか?????

錯覚美術館

坂に差し掛かった1台目の車は、最初は坂が急になったとは思っていないので同じ力でアクセルを踏んでいます。
そのため、1台目の車は速度が落ちていきます。。。。

錯覚美術館

2台目も同じです。速度が落ちていくので、3台目との距離が縮んでいきます。
このとき、すでに1台目と2台目の距離は縮んでいます。

錯覚美術館

ここで、速度が落ちてきたな~~と感じた1台目はよりアクセルを踏み前と同じ速度になるようにします。
2台目も同様です。

錯覚美術館

しかし、2台目、3台目、4台目どれも同じように速度を落としてしまうため、斜度が変わるところではどんどん車の距離が縮んでしまい
渋滞発生となるわけです。。

錯覚美術館

入口にこんなキャラクターがおりました。
明治大学のマスコットキャラ「めいじろう」くんです。
今流行りのゆるきゃらとは違いますね!!!
よし!!

錯覚美術館

いやーすっかり錯覚の虜になってしまいましたよ!!
人間の脳は不思議ですね!!
まあ、B級スポットの定番でもあるトリックアートなんてのもありますし、錯覚は奥が深い!!
毎週土曜しか開いてないようですが、来てみる価値大ありです!!
ぜひ、みなさんも錯覚の虜になりませんか?????
↓よければクリックをお願いします
錯覚美術館
⇒ HP
住所:〒101-0063
   東京都千代田区神田淡路町1-1 神田クレストビル2階 ‎
営業時間:午前10時から午後5時
開館日:土曜日のみ
TEL:03-5577-5647 ‎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加