関東大震災によって誕生した衝撃の湖「震生湖」!その背景に迫る!

神奈川県の秦野市にやってきています。
今回のテーマは「湖です」(゜o゜)
ただし、今回紹介するのはただの湖ではありません。
なんと、それは1923年に起こった関東大震災によって誕生した湖なのです!
その名も「震生湖」!!
「震災によって生まれた湖」という、言われてみるとまさにそのまんまの名前なのです(笑)
そのため、この湖は日本に存在する自然湖の中で一番新しい湖でもあるのです(゜o゜)
震生湖
震生湖は、少し高台に上がった場所から行く必要があります。
交通手段は車が一番いいです!
駐車場もあり、そこからは景色もよいだけでなく夜景も綺麗なのです。
でも、夜景の写真はありません(・_・;)
震生湖
では、駐車場に車を止めて震生湖へと向かいます。
震生湖
マイナスイオン満載の大自然を下って行きます!
震生湖
湖が見えてきました!
これが、いまから90年前に誕生した湖です!
震生湖
そしてようやくその全貌が見えました!
湖というよりは、、、池??
大きさでいうとそんな大きな湖ではないようです。
湖に関しては、周囲が900m、最大幅85m、長径315mで平均水深4mの湖です。
湖は、主湖盆と副湖盆の二つから形成されている。
ここは、渋沢丘陵にあった山林及び畑の一部が約250mにわたて崩壊し、小川をせき止めた。
そして、周辺より湧出する地下水が溜まり湖になった。
震生湖
湖の周囲には遊歩道がります。
それもあり、ハイキング客にも人気があるようです。
震生湖
湖を見ると、多くの釣り人を目撃します。
私が訪れた際は、20人近くの釣り人を目撃しました!
夏場には、多い時で50人近くの釣り人が訪れもするそうです(゜o゜)
震生湖
そんだけ衝撃的な誕生の仕方をした湖ではあるのですが、この湖はおそらく地元の人や釣り好きくらいにしか知られていないようです。
私も、生まれも育ちも神奈川県ですが最近になって初めて知りました。
特に観光地化もされていないし、というか観光的要素はないので、そこまで有名にはならなそうです(・_・;)
でも、そこがいいんですよね!!
震生湖
遊歩道を歩いていると、気のはこのような張り紙をよく見かけます。
訪れる方々がごみを捨てるようです・・・。
震生湖
ただ、震生湖には一つ問題があるという。
ちょっとマニアックな話になりますが、湖の水質汚染は進んでいるとのこと。
それは、この、湖付近での釣り人によりまき餌、生活排水の垂れ流し、周囲での農作物栽培における化学肥料の散布が主な原因のようです。
この湖は、水の循環も起こりにくく、汚物が溜まりやすいようでもあるんですって!!
震生湖
震生湖
そして、一番気になるのは一体関東大震災によってどうなってこの湖は誕生したのか??
震生湖
わかりやすい資料は出て来ませんでした(・_・;)
ただどうやら上の写真のような感じで、土砂が崩れたそうです。
関東大震災前がどうなっていたかは不明ですが、右側にある部分から左側に向けて土砂崩れがおきた様です。
震生湖
現在、土砂が崩れた後の場所は、上の写真に記載してあるとおりゴルフ練習場となっているようです。
また、震生湖はもともとは2つに分かれていたようです。
時が経つにつれて、水位が上がったのか土砂が削られたのか、1つの湖となったようです。
単純にググってもなかなか震生湖に関する詳しい情報は出てきませんでした・・・。
ただ、このように珍しい誕生の仕方をしたこともあって多くの論文が出ていて、GoogleScholarで調べると、水質に関するものなどが多数出てきました。
ということで、以上震生湖でした!!
↓よければクリックをお願いします
住所:〒257-0014
   神奈川県秦野市今泉1814
訪問可能時間:いつでも訪問可能
駐車場:無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です