竹島ファンタジー館

スポンサーリンク
愛知県は、風天洞、五色園など有名なB級スポットが多く存在します。
そして、ここも結構名だたる場所なんだそうな!!
その名も「竹島ファンタジー館」。
愛知県の南部にある蒲郡(がまごおり)市といういかつい名前の市に存在します。。

ここがそのファンタジー館!!
もうすさまじい珍スポット感。。
わくわくしてきました(笑)

入場料1,000円を払い、早速中に入りましょう!!

館内はこんな感じ!!
スゴイの一言!!
本当に貝殻しかありません。。
よくこんなに作ったなとただただ感心するばかり。。。

館内はストーリー仕立てになっており、ストーリーが進展する所々にこのパネルが設置してありました。

もう何でも貝で作ってあります。
どこからこんなに貝を集めてきたんだろうか??
これ作るのにどれだけ時間がかかったんだろうか??

花です!
さすがに茎は別ですが花びらなど大体の物は貝でできています!!

あら、こんなところにお魚が。
いや、違います!!
貝でできたお魚です。。

こりゃすげえ!!
人間も貝で作れるのか??

頭は、巻貝で作られていました。
貝については、タカラガイぐらいしかわからないので何の貝だか全然わかりませんでした!!

人魚まで貝で作ってます!!
この人魚にどれだけの貝が使われたんだろうか・・・・
しっぽの部分は、貝が鱗のように見えて結構リアルですね!!
ところで、人魚を包んでいるこのばかデカイ二枚貝は本物の貝なのだろうか??

この女性は「ボン・リード」という元カリブの女海賊なんだそうです!!
「ボン・リード」って何か伝説の女海賊なのかな~~って思っていました。
でも、調べたらここのファンタジーランドの記事しか出てこないため、ここでつけたあだ名なんでしょうかね!!

「アラフラオオニシ」という日系ハーフみたいな名前の貝!!
この貝の大きさは65cmで世界一大きな貝の種類なんだそうです。
こんな貝が海にいたらびっくりします。
一言突っ込むと、産地に「オオストラリア」って書いてますが、センスあります(笑)

こちら、ポケモンのパルシェンみたいな二枚貝!
その名も、「大ジャコ」。。
世界一大きな二枚貝だそうです!!
挟まれたら、やばそうだ・・・・・・・・・

レインボーロードってやつでしょうか??
貝だらけのトンネルを抜けます!!

ん??
ピアノが置いてあります。
音を鳴らすと貝が反応するんでしょうか??
小さい子供がいたのでスルーしてしまいました・・・・

ファンタジードラゴン!!
龍まで貝で作ってしまったようです。。。。

ここは浦島太郎の舞台か??
竜宮城まで作ってしまったんだろうか!!

さすがに、橋までは貝で作るわけにはいかなかったんですね!!
どんな世界が待っているんだろうか。

貝とスポットライトによって幻想的な竜宮城のような空間が!!
すごい。。
ここまで貝を使うことにこだわりを持ってテーマパークを作る情熱に頭が下がります。。
世の中には本当に色々な人がいていろんな世界があると改めて実感しました。。。

貝殻でできた壁です!!
どれだけの貝がここに使われているんだろうか。

開運占いではありません。
貝運占いです!!
この貝になったらあなたはこういう運命ですっていう占いですかね。
そんなことより、三番目の「バカガイ」ってなんや(笑)??
気になって調べてみたら、漢字で書くと「馬鹿貝」なんだそうです!
「めちゃくちゃとれるから馬鹿みたいにとれるという意味」
「馬鹿がハマグリと勘違いして喜ぶ様」
など、由来には諸説が色々あるようです!!

テーマパークを抜けると、博物館のように貝が展示してありました。
ところが、貝だけではなく、なぜか鉱物まで展示してありました。

最後に、「エピオルニスの卵」ってもんが展示してありました。
こりゃ何だ??
エピオルニスとは、13世紀から17世紀までに絶滅したとされる巨大な鳥です。
鳥と言っても空を飛べないため、ダチョウが超巨大化したものと考えればいいそうです。。。。
エピオルニスは、実際の姿は確認されておらず、化石しか残っていません。
そのため、化石を使って復元をしている博学者もいるんだそうです。
恐竜と同じですね!!
鳥の大きさはわかりませんが、卵の大きさでは世界一の大きさなんだとか!!
ってかなんでここで展示してるんだ??
とにかく、ここの貝に対する執着は素晴らしい。。
こういうスポットが増えると、僕の楽しみも増えるんだけどな~~~!
↓よければクリックをお願いします
竹島ファンタジー館
⇒ HP
住所:〒443-0031
   愛知県蒲郡市竹島町28−14
営業時間:9:00~16:30 or 17:00(時期により異なるので要確認)
定休日:水曜日、年末年始
駐車場:無料(200台)
TEL:0533-66-3888

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク