創価学会を破門した経緯を持つ日蓮正宗総本山「大石寺」はどんなお寺か?

スポンサーリンク
今回の知の冒険は、久々に宗教に関する記事です。知の冒険を始めて色々な宗教施設やお寺に行くようになった私金澤ですが、今回のお寺は他のお寺とは一味違った歴史を持つお寺です。その名も大石寺(たいせきじ)
あの創価学会と関係を持っていたという歴史背景を持つということもあり、その辺りの歴史から何から何まで色々記事にまとめまくったので以下で紹介していきまっしょい!
ちなみに、最初に話しておくと私は創価学会員でも日蓮正宗の信仰者でもありませんので。。

大石寺ってどんな寺?

大石寺はどこにある?

大石寺

そんな大石寺はどこにあるのか?場所は富士宮やきそばで有名な「静岡県富士宮市」になります。富士山の南西側ですな!富士山は日本三大霊山にも含まれる霊峰であることからか、周辺には多くの宗教施設があるのです。
富士宮市にあるとはいえ、公共交通機関ではなかなか行けない場所になるので行くなら車が必須です。かつて創価学会の方々が押し寄せた際には、臨時列車や多くの送迎バスが走っていたくらいですからね。。。

大石寺について

大石寺

まずは、大石寺とはどんな寺かについて説明していきましょう!大石寺は日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)という宗派の総本山のお寺です。仏教を開いたのはお釈迦様(ブッダ)であり、多くの仏教の宗派では涅槃になること、つまり煩悩を取り払い悟りを開く境地に行くことを目標としています。
しかし、日蓮正宗はお釈迦様という存在は登場せず日蓮大聖人の教えを正しく行うということを目標としている宗派になります。現在は日本だけにとどまらず、世界約50カ国に日蓮正宗の信徒の方がいらっしゃるようです。寺院も世界に700箇所近くもあるのです。
そんな大石寺は、日蓮正宗のお寺というだけではなく創価学会員の方が大勢訪れていた寺でもあります。創価学会は、日蓮正宗を進行している宗教であり、毎年多くの方がこのお寺に登山してきたのです。しかし大石寺の住職は「今の創価学会は、正しい日蓮大聖人の教えを守っていない」ということで、創価学会を破門したのです。その経緯は以下で詳しく述べますが、そんな色々な歴史を持つお寺でもあるのです。

久遠寺との関係は?

大石寺

日蓮正宗と聞くと、いわゆる日蓮宗とは関係がないのかと思った私。その辺りを調べるとやはり関係があったことがわかりました。日蓮宗は山梨県の身延山を総本山とする宗派であり、その身延山には久遠寺(くおんじ)がある。日蓮宗は日蓮大聖人を
日蓮大聖人が入滅した後、身延山の地頭である波木井実長(はきりさねなが)が、仏法に違反する行為を行ったということで、日興上人が1289年に本門戒壇の大御本尊などの重宝を持って、この身延を離れたのです。簡単に言うと、身延山を総本山とする日蓮宗は正しく日蓮上人の教えを守っていないということで、富士山の麓で正しい教えを行うべく別の宗派を作ったという感じになるようです。

大石寺を訪問

創価学会と関わりを持っていたというお寺ということで、お寺巡りをしている私てしては調査をしてみたいということで焼きそばを食べに行くわけでもなく、静岡県の富士宮市へと車をかっ飛ばしに行きました!!

観光地感ゼロの簡素なお寺

大石寺

車で大石寺まで来たわけですが、まず目に飛び込んできたのがこちらの建物。建物というか工事中のため中は見えず。。かなり巨大な山門を改修しているようで、完成はなんと平成33年だという。まだまだ先ですな。

大石寺

大石寺の中はこんな感じになっている。周囲は駅近でもない場所のため、敷地はかなり広大だ。

大石寺

敷地の中には20近くある「坊」と呼ばれる建物がある。ここには、大石寺の僧侶の方が住んでいるんでしょうかね?詳しい情報は不明です。

大石寺

 お寺の中は、めちゃくちゃ簡素。はっきり言って観光要素は一切ありません。というのも、日蓮正宗では宗教はちゃんと教えに守って進行するためのようなものであり、一般客を集めるために観光地することは非常に嫌っているようなのです。
以下で、高校生にあった話が出てきますがそこで出会った彼がそんなことを言っておりました。最近では、お寺でアニメのキャラクターを描いた絵馬を売ったり、女性たちに受け入れられるようおしゃれな御朱印帳を売り出したりと、比較的敷居が低くなってきているお寺ではあるが、そういうのもダメなんだそうです。さらには、日蓮正宗が離れた日蓮宗の総本山である身延山久遠寺にあるロープウェーに関しても彼は「そういうのもダメ!」とうことだった(笑)
仏教の中では、かなり厳格な宗派であるようだ。というかそもそも、一般の方に書く御朱印というもの自体がないそうです。そのため、大石寺に訪れる方はお寺巡りに来るというよりかはお経を唱えに来る信徒の方がほとんどのようだった。

大石寺

周囲には川も流れている。富士山の湧水でしょうか??

大石寺

駐車場の近くには、莫大な量の傘がおかれていた。多すぎじゃね(笑)
多分大石寺を訪問した方々のために置かれているためだと思うが、こんだけ多いとなんか怖い。本日はバリバリの快晴だったため、常に置かれているということか。

大石寺

お寺の外には、商店街とまではいかないがカフェなどのお店が軒を連ねていた。

大石寺

その中には大日蓮出版という本屋まで。ということで、この大石寺には観光地的なものが一切ないのと、それぞれの建物に関しての詳しい詳細があまりわからなかったため中の案内はこのくらいで。。。

かつて創価学会員が登山していた

大石寺

大石寺は、主に戦後のあたりからは創価学会員によって支えられたお寺でした。毎年、年間200万人以上もの参拝客が来るお寺ではあったものの、そのほとんどが創価学会の方々。
大人一人の登山料は1,600円。それがお寺に収められる仕組みとなっており、これは大石寺にとってとてもありがたい仕組みとなっていたのは言うまでもないだろう。しかし、このような学会登山は40年もの間続いたものの、大石寺はこの仕組みを捨てたのです。
大石寺が創価学会を破門した後も、学会員の中で登山を続けた方はいなかったわけではないものの、多くの方が登山をやめてしまったという。
正本堂が出来た当初から主導権争いが続いていたという。1972年7月10日に池田大作が発願主となって出来た正本堂。しかし、創価学会のドンである池田大作は日蓮正宗が崇めている日蓮大聖人ではなく、池田大作を一番偉いとする「池田本仏論」に走ってしまったことが、大石寺は気に入らなかったようだ。
そうすることは、日蓮正宗を正しく信仰していないことであるため、創価学会を破門するに至ったのだ。その際には、当時の法主であった第六十六代日達上人は創価学会に対して過ちをただすための勧告を行っていたようである。現在でも、創価学会員に対して「目を覚まして大石寺に登山をしに来るように」という姿勢のようだ。

大石寺

大石寺には、日蓮正宗の教えなどを書いた本が売っている本屋がある。その本屋には、創価学会の方に向けたパンフレットが置かれていた。ちなみに、これらのパンフレットは無料ではなく1冊10円です(笑)

大石寺

このパンフレットを見てもわかる通り、大石寺は創価学会員の方に脱会して正しく日蓮正宗を信仰してほしいという姿勢のようだ!!このようなパンフレットでどのくらいの創価学会の方が脱会したのだろうか??

大石寺

大石寺の端には巨大なバス乗り場が存在している。ここには創価学会員専用のバス乗り場があり、まさに新宿のバスターミナルにも引けを取らない程の人がここで乗り降りしていたのだ。JR富士宮駅から学会員を運んでいたバス会社は年間で12億円も売り上げていた。
ちなみに、JR富士宮駅からは学会専用の団体列車まで出ており、富士宮駅の1番線は学会員専用ホームであった。JRの売り上げも年間120億円もあったという。

大石寺

 このバス乗り場は現在は使われているのだろうか。。私が訪れたこの日は土曜日であり、休日であることから人は多い方だとは思うのですが、ここには誰一人といませんでした。何か駅のホームみたいだ。。。

大石寺

学会員の方が多く訪れていたということもあってか、周囲には旅館が建っている。

大石寺

現在は、日蓮正宗の信徒の方が泊まっていたりするのだろうか。

奉安堂

大石寺

こちらは、大石寺の一番奥にある「奉安堂(ほうあんどう)」というお堂。元々は、池田大作が願主となった「正本堂」があった場所。しかし、その後正本堂は解体されその後2002年にこの奉安堂が建てられました。このお堂に、日蓮上人の大御本尊が安置されているそうです。

大石寺

奉安堂の前には多くの人がスタンバイしていました。というのも、このお堂の中で御開扉(ごかいひ)を受けるために並んでいるそうです。ちなみに、ここを訪れたのは12:30頃。御開扉が行われるのは13:30ということで、まだ1時間近くもここで待たなければいけないわけです。逆を言うとそんな前からここでスタンバっているということ。かなりガチな信徒さんたちのようです。
奉安堂の前には門があるのだがこの門は現在は開かれていない。この門がいつ開くのかというと、日蓮正宗の教えが日本中に広まった際に開くのだという。一体何年後になるのだろうか。。

御影堂で出会った高校生の話

大石寺をふらついている際に、御影堂の中で一人の僧侶を見つけた。このお堂について聞いてみようと思い声をかけたのですが、なんとその彼はまさかの高校生。ここで絶賛修業中の若き高校生だったのです。
色々説明を受けているうちに、向こうももっと説明したいということで御影堂の中だけでなく日蓮正宗についてや、修行中の生活など色々な事を話してくれた。ということで、そんな貴重な話の内容を以下で紹介していきます!

御影堂の内部に迫る!

大石寺

御影堂の中は、外の世界より寒い。冬は氷点下になるという。この柵の手前では、お経を唱えている信徒がいた。この御影堂は2013年に修復工事を行っており、建物の内部はかなり綺麗だった。

大石寺

彼に案内され、特別に御影堂の中を案内してもらった。すげぇ。。この奥には、日蓮大聖人の御影像が安置されている。さすがに写真は撮らなかったが、実際に奥の扉を開けて中を見せていただくことができた。

大石寺

この椅子は、法主しか座ることが許されない椅子。しかし、修行しているのは中学生や高校生たちというふざけたい真っ盛りの年頃。そんなこともあり、目を盗んでこの椅子に座るものがいるとかいなかったりとか。。。

鐘突きに同行

大石寺

大石寺や日蓮正宗に関する話を色々と聞いているうちにあっという間に時間が経過していった。そんな中、時間が12時に迫ってくると高校生の彼が「12時になったら鐘を突かなければいけないんですよ!」といって、御影堂のすぐ近くにある上の写真に写っている鐘へと歩みを進めた。

大石寺

鐘をつくのを外で見ていようと思ったら、「中に入ってみますか??」と言って特別に鐘の中へと案内してくれた。中は真っ暗であり、上の鐘へはこのようなハシゴを登っていく。わりと急な階段であった。。

大石寺

間近で見ると、さすがに鐘はでかい。この鐘の音はここから結構離れた場所まで響くのだという。そんな鐘の音を1mの近さで聞くと、体まで振動するほどの凄まじい衝撃だった。

大石寺

こちらが、今回色々話してくれた少年だ。鐘は、12時になると突く。突くのは1回だけではなく、30秒ごとに1回突いていき、3分後(12時3分)には最後に2回つく。つまり、計7回鐘を突くのだ。時間は正確にしなくてはならず、上の写真のように1回突く度にデジタル時計で秒数を確認しながらついていた。

大石寺での生活について

大石寺

彼は、高校1年生の男子。小学校で得度を終えて、中学校1年生から高校3年までの6年間の間この大石寺で修行しているのだという。しかも、家から通っているのではなくこのお寺の中の寮で生活をしているのだ。では、実家にはいつ帰っているのかというと、何と修行中の6年間は家に帰れないという。。。マジか。。
では学校生活はどうしているのか?彼は高校生のためもちろん高校に通っている。高校への足は、このお寺からバスが出ているんだと言っていた。お寺からバスに乗り学校へ行き、帰りは部活をせずまたバスに乗ってこのお寺へと帰ってくるのだ。学校では、普通に勉強はしているものの、部活は禁止!帰って寺院の中で修行するのが鉄則なのだ!

大石寺

つまり、修行の6年間はこの寺院と学校の中を行ったり来たりする生活のみという、普通の生活をしている人には考えられない生活を送っているのである。彼らの修行僧は上の写真の「大坊」といわれる寮に住んでいる。土日だって外で遊ぶことは許されず、寺院の中で修行をするのである。しかし、唯一学校と寺院の中以外の生活ができるのが修学旅行なんだそうです。最近では沖縄に修学旅行に行ったそうだがやはり開放感はたまらないようだ!でも、毎日早起きしてお経を唱えていたためそれをしない生活をすると逆に不安になったという。。。
では、学校生活はどんな感じなのか?聞いたところ、お寺で修行しているとはいっても周囲の友達はその辺りは理解をしてくれていると彼は言っていた。友達と学校終わりに遊ぶことができないし、みんなと違う生活をしているということではあるものの、周りの人は優しく接してくれているし、彼自身もそれを引け目には感じていない様だった。
そして、一番衝撃的だったのは彼は携帯電話を持っていないだけでなく、寮にはテレビも無いため外部の情報はほとんど入ってこないということだ。学校では友達がLINEやFacebookをやっているものの、自分はその会話に入れないということもあるだろうに。。テレビもずっと見ていないため、いわゆる芸能人も知っている人はほとんどいないようだった。
今まで色々旅をしてきて人生色々だとは実感していたものの、ここまで我々の生活とは異なった生活を知ったのは初めてだった。

日蓮正宗の僧侶の人生とは

中学1年から高校3年までの6年間の修業を終えると、その後どのような生活を送るのか?その後は、日蓮正宗にかかわりのある大学に進み、布教活動を行うんだそうです。また、大学時代は布教活動だけでなくお偉いさんの運転をするため運転免許を取得するようだ。
そして大学で修行した後、再度もう一回大石寺に来て集大成の修行をした後、ようやく住職となるようだ。ただし、その住職となるお寺は全て今の総本山の法主が決める。他の宗派だと、親が住職であるお寺をその息子が継ぐということがあるが、日蓮正宗はそうではない。日蓮正宗のお寺は日本全国にあるようだが、基本は地方のお寺に就くことがほとんど。神奈川や東京のような首都圏のお寺に就ける人はエリートのみなんだそうです。
地方のお寺に行くと、周囲には何もないため彼もできれば首都圏のお寺がいいとは言っていたものの、地方のどこかに飛ばされるということはもうほぼわかっているようだった。

日蓮正宗の事情を聞いた!

大石寺

創価学会を破門したお寺ではあるものの、学会員が来ることに関して大石寺は拒んではいない様子。学会員の中には、「なぜ破門される必要があるのか??」と未だ納得いかない方にそう説明を求められることもあるようだ。そういうこともあり、ちゃんと説明できるよう勉強の毎日なのだという。でも、わからないことはわからないように言えと言われているんですって。
いろいろ話してくれたため、突っ込んだ事も話してくれた。恋愛事情がそれにあたる。こんだけ寺で修業しているわけなので、恋愛となるとやはりそう簡単にはいかない。将来の伴侶はどのようにして得るのかというと、大抵は修行先のお寺の住職の娘など、そういうところで出会う事が多いという。
2016年現在、ここで修行している学生は6学年全部で70人程度。先輩と後輩の関係はちゃんとしているよう。話した彼には2つ上のお兄さんがいるようだが、兄よりも同級生の方が仲がいいという。

大石寺

得度の募集も行っている。高校生の彼が、「あっ、もう募集始めてるんだ!」と言っていたことから、1年を通じて応募しているわけではないようである。応募方法には、「少年得度者」と「一般得度者」の2パターンがある。
一般の募集は広く行っているが、外国人の方(インドネシア)もよく来るようだ。そんでもって外国人の僧侶も誕生してきているとのこと。というのも、外国の方は3ヶ国語とか話せる人がいると、採用させることが多いという。多国語を離せられると布教活動に有利だからだ。
会社員をしていると、自分の方が年下でもその会社での経験が長いから敬語を使うかタメ語を使うかは人それぞれでありますよね!大石寺でも、このように一般得度者を18〜57歳まで募集しているため、高校生の彼からすると、大石寺に入りたての年上の人が入ってくることが多々あるという。
そんな状況の時、年下だけど経験が長いということで偉そうにタメ口で話す人が多いが、彼はそういうのが嫌だと言っていた。自分の方が経験が長くても年齢が上であれば絶対敬語を使用すると彼は話していた。

日蓮正宗を学ぶ!

大石寺

先ほどの大日蓮出版の本屋を訪れた際に、創価学会のパンフレットと一緒に日蓮正宗の本を2冊買ってみた。一番左の11月号の奴は何で入っているのか正直覚えてないのですが、買ったときに店員さんが入れたパンフレットか何かだったかな?
この記事を書いている段階では一番右の「正信会問題の沿革」の本を半分読んだだけなのですが、ちゃんと全部読んで学びます!仏教は奥が深いですからね。。

おわりに

今回は、大石寺を訪れて創価学会とどんな確執があったのかということをメインに学ぼうとしたのですが、思わぬ高校生との出会いが結局印象に残った大石寺訪問となった。
高校生との出会いはとても大切な財産になった。知の冒険をしていて本当に良かったと思う思い出の一つは、現地の方たちとの予期せぬ出会いがあることだ。1時間以上にも渡って色々話してくれた彼は非常に嬉しそうだった。自分も、社会人になった今は高校生と話す機会はまず無いため、非常に新鮮な気になった。
普段はこんなにお寺や自身の生活について誰かに話す機会がなかったから色々話してくれたのだと感じている。会話の中でふと彼が言ったのは、「お寺に来る方に色々説明するんですけど、みんなそんな興味なさそうに聞くんですよ。なので、こうやっていろいろ聞いてくれる人がいて本当にうれしいです。」

大石寺

彼とはこの山門で分かれた。というのも、ここから先はお寺の外になるため彼は進めないからだ。彼はこれからまた修業があるのだという。今回出会った少年は、今後どこかのお寺で住職として過ごしていくのだろう。。また、彼と出会うことはあるのだろうか。。
↓よければクリックをお願いします

詳細・地図

住所 静岡県富士宮市上条2057
駐車場 無料
電話番号 0544-58-0810
アクセス JR身延線富士宮駅から富士急静岡バス上条行きで35分
リンク http://www.nichirenshoshu.or.jp/page/jpn/index_j.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク