植村花菜も訪れた!伊豆にあるリアルトイレの神様、明徳寺

スポンサーリンク
「トイレの神様」という曲がありましたよね!!
植村花菜さんが歌った曲です。
一時期、テレビやラジオでも何度も流れ有名になった曲。
ところで、トイレの神様って本当にいるそうです(笑)
しかも、伊豆に!!
はい、行ってみましょう~!!

着きました!!
入口はいくつかあるようで、自分が車を止めた場所は表参道の入り口でした!!

ここでは、明徳寺みやげとして、「くさもち」が有名なんだそうです。
おみやげ屋さんに勧められ、1つ食べることにしました!!

1個120円です!!
食べましたが、これがめちゃくちゃ旨い!!
餅は搗きたてであり、そしてまんじゅうは焼きたてです。
焼き立てのまんじゅうなんて、食べるの何年振りなんだろうか・・・
まんじゅうを食べながら、明徳寺へ向かいます・・・

そして到着!!
ここが、明徳寺の入り口です。
周囲には、森があり非常に閑静な場所!!
そこに、ひっそりと佇んでいました。

こちらが全体図!
結構狭いお寺です!!
このお寺は、曹洞宗のお寺。
もともとは、東司(便所)の神様である烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)を守護神としているのです。
烏枢沙摩明王は、炎の力で不浄を清浄と化す力を持つ神様です。
怨霊の入り口ともされる便所を清めることで、下の病気で悩む人を救うためにも力を発揮してくれるそうです。
烏枢沙摩明王を祀っているお寺は、全国でも稀なんだそうです!!
また、伊豆には伊豆三大奇祭という祭りがあり、伊東温泉の「音無神社」の「尻つみまつり」、稲取温泉の「どんつくまつり」、そしてもう一つが毎年8月29日に行われる「東司まつり」なんだそうです。

 そして、あの「トイレの神様」を歌った植村花菜さんもここを訪れたそうです。
曲のヒットを祈願したそうですが、願いは叶いましたね!!
それがあって、東司の神様だけでなく、トイレの神様が祀ってあると言われるようになってきたんだそうです。

ところで、何で便所って東司(とうす)と言うのでしょうかね??
便所は東司以外に、「西浄(せいじょう、せいじん)」とも言われるんだそうです。

猫もいました!!
いくら近づいても逃げないため、かなり人間慣れしていました!!
癒されます。

では、お参りに行きましょう!!
この神社では、「おまたぎ」と「おさすり」というお参りの仕方らあります。

「おさすり」とは、写真に写っている男女性器を撫でること。
そうすることにより、下の健康を祈願するのです。

そして、こちらが「おまたぎ」です!!
何か下に穴が空いていませんか??
この穴は、お賽銭入れになっているのです(笑)
この穴をまたいで、お賽銭を入れるのがお参りの仕方になります!!

さすが、トイレの神様!!
トランクスやボクサーパンツが売ってます!!
日本の神社の中でも、下着を売っているのは本当に少ないんじゃないでしょうか。
「トイレの神様」がリリースされた当時は、CDもここに並べられていたんだそうです。
あの曲に、そんな背景があったとはなかなか知られていないでしょうね・・・・

こんな記事も貼ってありました!!
ここに書いてある「トイレの神様」は、あの曲を意識したものなのでしょうか(笑)??
お寺も本当に色々なんですね・・

参考文献

ここは、天城越えで知られる浄蓮の滝の近くでもあります!!
伊豆観光に来た際には、ぜひよってみてください!!
↓よければクリックをお願いします

詳細・地図

住所 静岡県伊豆市市山234-1
営業時間 不明
駐車場 無料
電話番号 0558-85-1056
(伊豆市観光協会天城支部)
アクセス 修善寺駅からバスで25分
リンク http://ja.wikipedia.org/wiki/明徳寺_(伊豆市)

関連コンテンツ
関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク