波乗り発祥の地

「波乗り」と聞いて思い浮かべることは何ですか??

私は、ポケモンのひでんマシン02の技というのと、桑田佳祐の「波乗りジョニー」が頭に浮かんできます(笑)
ひでんマシン01はいあいぎりだったっけか?

ミニ四駆やハイパーヨーヨーで遊んだ私と同世代の人は、同じ考えのはず(笑)

と、前置きはさておき、今回は発祥の地シリーズです!!
「波乗り」の発祥は、意外に山形県なんだそうです。

波乗り発祥の地
山形県なので、日本海です!
日本海ってなんかサーフィンしているイメージがないのは私だけでしょうか??

発祥の碑の近くの浜は、誰もいなく波の音が聞こえるだけの空間です!!

では、碑の方に移動します。

波乗り発祥の地
こちらが、波乗り発祥の碑です。

もともとここでは、一枚の板で波に乗る「瀬のし」というマリンスポーツを行っていたそうです。
板を持って荒波に飛び込んで沖へと乗り出していく!!
そして、沖からは波に乗って岸へ帰ってくる!!

ということを何度も何度も繰り返す!
これが、ボディーサーフィンの起源なんだとか!!

また、ここは日本海で最初にサーフィンが行われた場所だとか!!
日本で最初にサーフィンが行われたのは湘南の海だそうですよ!!

波乗り発祥の地
この像は、サーフボードを使わず直接波の上に体をそらして乗っています。

これはボディーサーフィンというらしいです。
板を使って乗るものとはまた別なんでしょうかね??

ボディーサーフィンでは、足に「フィン」というヒレ上の物をつけるんだそうです。

ちょっとやってみたいけど、自分はアトピーなので海はしみて痛いからできないんだよな~~!!

波乗り発祥の地
しかし、この像めちゃくちゃ姿勢がいい!!
猫背で悩んでいる私からしたら、羨ましすぎます(笑)

波乗り発祥の地
今はGWだから、まだ海に入るには早すぎますが、ここでは海水浴をする人がいるんでしょうか??
自分はこれを調べておいてなんですが、海は眺めるのが一番好きですね(笑)

ということで、波乗り発祥の地の紹介でした!!
ん~学べる要素がもっと出せると思ったんですが、そんなにたくさんネタがなく残念・・・


波乗り発祥の地
住所:〒997-1201
   山形県鶴岡市湯野浜1丁目
波乗り発祥の地の天気予報

[wunderground location=”38.780184,139.751961″ language=”JP”]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加