神奈川を代表する夜景スポット「湘南平」を超詳細紹介しよう!

↑更新・取材裏情報はTwitterにて(^ ^)
こんにちわ~~!
今回は、夜景に関する記事でっせ!で、どこの夜景かというと神奈川県を代表とする夜景スポットである「湘南平」です。湘南にするカップルたちが集結するここの夜景について、詳細に紹介していきたいと思いますぜ!
本記事のポイント

・湘南平は、湘南地域の夜景を一望できるスポット
・フェンスに取り付けられた南京錠は、毎年取り外されている
・平塚の夜景は、平塚空襲で焦土と化した街を先人が復興してくれたからこそ見れるもの

スポンサーリンク

▲神奈川県を代表する夜景スポット「湘南平」
湘南平は、平塚市と大磯町にまたがる場所にあるのです。太平洋戦争中には、高台ということもあり防空砲台があった場所なんだそうです!
日本が追い込まれ、いよいよ本土決戦になった時にはここの砲弾から、敵機に向かって8cm高角砲を発射したことも。しかし、戦後にはその砲台跡はなくなり、公園として整備されて今に至るのです。
ちなみに、「湘南平」と名付けたのは、戸川貞雄という方。作家、小説家だけでなく、第7・8代の平塚市長でもあるのです。早稲田大学の文学部に通っていたということで、私の大学の先輩でもあるわけですな(#^^#)
▲湘南平で一番の夜景スポット「高麗山レストハウス展望台」
湘南平の夜景スポットは主に2箇所あります。
それは、
①テレビ塔
②高麗山レストハウス展望台
の2箇所です。
こちらのレストハウスは、21:30までなのですが、景色・解放感でいったらこちらの方がいいですよ♪

スポンサーリンク

▲平塚市全体が見渡せる
こちらが、レストハウスからの景色!360度見渡せるうち、テレビ塔方面(北東)の景色!
テレビ塔の向こうに広がる広大な夜景は、圧巻の一言。こちら側は、平塚市全体から湘南辺りの海岸線の夜景が一望できるのです(#^.^#)
しかし、これらの夜景。本当に我々の先人が戦後の日本を復興してくれたからこそ見れる景色なんですよ!平塚市は、太平洋戦争の本土空襲で大規模な平塚空襲にあい、街は焦土と化したのです。。
しかし、その後は平塚競輪や七夕まつりを考案して街を活性化させただけでなく、復興都市計画を立てて大規模な区画整理を行って災害に強い街づくりを行っていったのです。そんな背景があって、平塚の街はあり、湘南平から美しい夜景を見ることができるのです。ということで、先人に感謝をしつつ、夜景を鑑賞しましょうね!!
↓↓その辺の背景はこちらの記事にまとめてますので、見てみてくださいなm(__)m
こちらが東方面である湘南の海岸沿い夜景。海岸の形がきれいに見えるだけでなく、西湘バイパスや江の島まで見えるのです!
▲小田原方面の夜景
一方、こちらは小田原方面である南東方面の夜景。こちらは、緑が多く見える夜景の量は少ないものの、海岸沿いに並ぶ夜景は美しいの一言だ!
レストハウス展望台には、たくさんのカップルがおりました!みな、幸せそうでなにより(#^.^#)
まあ、わたくしも4年くらい前には当時の彼女へここで誕生日プレゼントのピアスを渡したこともあったな~なんつってね(笑)
では、今度はテレビ塔からの夜景ですね!東京タワーじゃないですから(笑)
先ほどのレストハウスと同様に、このテレビ塔からも夜景を見ることができます。ただし、上のほうはフェンス越しから見なければいけないのがちょっと欠点(*´Д`)
だが、このテレビ塔ではそれだけではない湘南平にかかわる大きな問題があるのです!
それが、これ!フェンスにくくりつけられた「南京錠」です!!カップルがよく、取り付けるやつね( *´艸`)
▲相当数の南京錠が取り付けられている・・
ほらね、こんな感じでまあ何個も取り付けられているのですわ!ただ、これらの南京錠は毎年金属カッターで取り外されているのです。。
それに、この南京錠は1個だとさほどの重さではないですが、こんだけ大量に取り付けられるとかなりの重さになるのです。そのため、下手したらフェンスが外れてしまうなんて可能性もあるのです!
まあ、恋人とこんな場所に来るとテンションバリ上がりになるのはわかりますが、南京錠をつけるのは辞めましょうね。。。
つけすぎ(笑)
では、そんな湘南平の夜景!もし、好きな人や気になる人を連れて行ったとき、夜景を見せるだけでなく「あそこにはあれがあるんだよ」と解説できるように、こんな詳細情報も載せておきますぜ(#^.^#)
まずはテレビ塔から湘南の海岸沿い(東方面)を見た夜景の説明だ!!

スポンサーリンク

これが、湘南海岸沿い(東方面)の夜景!綺麗ですな。
まずは、ここから見える川と山について!
まず、手前に見える山は高麗山(こまやま)です。そして、こっち方面では2つの川が見えます。手前に見える川は「花水川」。そして奥に見えるのは「相模川」です。相模川は山梨県の山中湖を水源としており、山梨県を流れる際は「桂川」という名称で呼ばれているのです。
相模川は、神奈川県の全水源の60%を供給しているということで、まさに神奈川県民の命の源でもある川なのです。元々は、JR相模線がこの川の土砂を運んでいたり、八王子方面からの絹の輸送にも使われていたりと、相模川は調べると色々学べる川なんですよ!
そのほかに見えるものとしてはこんな感じです!海岸に沿ってみえるライトは、国道134号線だ。そして、海岸の奥には江の島の灯台、さらにその奥には三浦半島まで確認できますよ!
江の島の灯台はピカピカ光っているので、割とわかりやすいかな!で、左の高麗山に隠れている場所には平塚駅がありまっせ!
一方こちらは、平塚市街方面(北方面)。先ほどの方角とは違い、こちらは目立ったものはそんなみられないのが残念!
見られるのはこんくらいかね!まず、奥にはオレンジライトが続いているのが見えますが、こちらは東名高速道路です!そしてそして、中心部を横切っているのが東海道新幹線!
新幹線は、走行している姿も写真の様にみることができるので、これを好きな人にドヤ顔で教えてあげれば好感度上昇間違いなしだ!!多分。。。
まあ、湘南平の夜景に関してはこんな感じですかね!夜景に関しても、雰囲気に関してもまあ良スポットだと思います。ただ、20:00や21:00くらいは人が多いので、じっくり自分の世界に浸りたい方は深夜にでも来るといいと思いますよ!
※高麗山公園レストハウス展望台は、21:30で閉まりますがテレビ塔は終日解放

スポンサーリンク

参考文献

↓よければクリックをお願いします

詳細・地図

住所 神奈川県平塚市万田790番地
営業時間 終日開放
※レストハウス展望台は、9:30~21:30迄
駐車場 無料
電話番号 0463-21-9852
アクセス 東名高速「厚木IC」から国道129号・1号経由で約40分、小田原厚木道路「平塚IC」から約20分、または小田原厚木道路「大磯IC」から約30分
JR「平塚駅」より神奈川中央交通[平35]湘南平行きバスで約15分、終点の「湘南平」下車徒歩約3分
リンク http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/midori/komayama.htm
↓↓twitterもよろしくです
※ほぼ毎日つぶやき中
関連コンテンツ
関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加