チャーハン付きチャーハンがある京都の珍中華料理屋「チャーミングチャーハン」!

スポンサーリンク
日本の古都「京都」。日本を代表する観光地であるその町には、一風変わったメニューを出す店があるとのこと!そのお店の名前は「チャーミングチャーハン」。で、そのお店にある変わったメニューは「チャーハン付きチャーハン」という品だ(笑)
一体どういうことなのか?単なるネタかあるいは何かしらの背景があるのか、早速行ってみることにした!

店内に潜入

ということでお店にやってきた。お店には駐車場がないため、近くのコインパーキングに止めての来店。このお店は、中休みがあるということでそのことも計算してやってきました!!看板にデカデカと書かれた、店名である「チャーミングチャーハン」の文字。ラーメン好きの方にはわかるかもしれないが、看板のデザインが横浜家系ラーメンの看板っぽいと感じたのは私だけ??

チャーミングチャーハン

店内はお客さんとしては私だけ!!テーブルや椅子を見ると、昔懐かしい中華料理屋さんといった雰囲気を味わえる。このお店では出前も結構注文がくるからか、ひっきりなしに電話が鳴って出前の分の料理を作っては配達も行っているようだった!!

メニューは突っ込みどころ満載!!

店名にチャーハンが付いているだけあって、どのメニューにも「チャーハン付き」が用意されているという凝りようだ!!キムチ350円にもチャーハン付きがあるようだが、普通逆じゃね??キムチがメインでチャーハンが付属品的ポジションとはね。。。ってかキムチのチャーハン付き頼むならキムチチャーハンにすりゃよくね??とかいろいろ心の中で突っ込んでみる( ^ω^ )

そして問題のメニューがこちらだ!!
焼飯のチャーハン付き700円( ^ω^ )( ^ω^ )メインの焼飯は450円で付属品のチャーハンが250円なんだとよ!それだけでなく、チャーシュー焼飯や海老焼飯にももちろんチャーハン付きが用意されているぞ!

いざ、チャーハン付きチャーハンを実食

そして出されたチャーハン付きチャーハンがこちらだ!どっちが付属品のチャーハンなのか不明だが、この2つのチャーハンに違いはあるのか?
というか、さらにチャーハンと書いているのだがこの皿はチャーハン専用の食器なのか?そしてさらに電話番号が書いてあるのだが、これってよくあるケースなんですかね?私は初めて見ましたが。。。
という余計な話はさておき、早速食べてみることにした。

こちらが、右側のチャーハンだ!うむ、いわゆるベーシックなチャーハンだと思う。

一方こちらは左の皿のチャーハンだ!食ってみた感想は、右側と全く同じ(笑)
結局量も味も全く同じチャーハンだと思われるという結果に( ^ω^ )まぁだと思ったけどね。。。

途中で水が足りなくなったので、水を補給することに!!
これ何か凄くない??水の量に比べて氷の量が凄まじい(笑)

2皿分でどれだけの分量があるのかは不明であるが、同じ味を食い続けるのは結構大変だったので、味変作戦に出ました。この調味料なんていうのか知りませんが辛い系の調味料で、これをふっかけることで完食となりました。

最後にお会計の際に、2つのチャーハンに違いがないかを店員さんに確認したところ「はい、同じチャーハンですよ!!」と満面の笑顔で答えてくれた!!
同じかーい(笑)

おわりに

まぁ今回のチャーハン付きチャーハンを紹介したのは2度目の来店の時で、初来店の時は麻婆丼を食ったのです。実は。。
ただこれも丼物なので、この麻婆丼とチャーハンのコラボは結構きつかったっす・・。ただネタとしては面白いですね!どこかにラーメン付きラーメンとか、餃子付き餃子とか置いている店とかないんですかね??色々そういう観点でも探してみよっかな!!
↓よければクリックをお願いします

詳細・地図

住所 京都府京都市 中京区丸太町通油小路西入丸太町27
営業時間 11:00~14:45
17:00~21:00
定休日 月曜日
駐車場 なし
電話番号 075-211-0229
アクセス 丸太町駅から徒歩10分程度
リンク https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26003680/

関連コンテンツ
関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク