日本一長い名前のお寺、長福寿寺!

スポンサーリンク
千葉県にやって来ました!!
長生郡長南町という場所には、幸せを呼ぶ象がいる面白い寺院があるんだとか!!
早速行ってみることに!!

長福寿寺

お!
神社などには狛犬や狐がいるんですが、このお寺は象なんですね(笑)
何とユニークなお寺!
そして、タイトルの通り、このお寺は日本一長い勅号(お寺の名前)を持つお寺なんだそうです。
その名は、
「三図河頭極楽東門蓮華台上阿弥陀坊太平埜山本実成院長福寿寺」
(さんずがとう・ごくらくとうもん・れんげだいじょう・あみだぼう・たいへいやさん・ほんじつじょういん・ちょうふくじゅじ)
漢字だと28文字、ひらがなだと51文字!!
長すぎ(笑)

長福寿寺

右側にいる象は、「吉象(きちぞう)」という名前だそうです。
このお寺には、吉ゾウくん伝説という伝説があるんだそうです。
室町時代、このお寺の住職である「豪仙学頭」は人々の幸せを願い厳しい修行に励んでいました。
ある日、早朝に護摩修行をしていると、火炎の中に一頭の象が舞い降りてきました。
それが、「吉ゾウ」!!
 象は「私は人々を幸せにするためにやってきた。私の足を撫でれば必ず幸せになれる。それを多くの人々に伝えよ。」と言ったそうです。
これにより、豪仙学頭は「吉ゾウ」を広め、みんなを幸せにしたんだそうです。

長福寿寺

こちらは結愛(ゆあ)ちゃん!
なんかキラキラネームみたいですな。。
この名前はファンの方に命名してもらったんだとか。。

長福寿寺

絵馬の形がハートだけでなく、枠もハート!!

長福寿寺

本堂前の階段には、メッセージが書かれていました。
こういう人生の格言的な言葉、嫌いじゃないです!!

長福寿寺

そして、何か音楽が流れていると思ってよく聞いてみたら、なんとJ-POPが流れていました(笑)
お寺で何でJ-POP流してんのよ!!
誰の曲だったか忘れてしまいましたが、なんかお寺って雰囲気じゃありませんでした!

長福寿寺

お寺の中におみやげ屋さんがありました。
もう完全に観光地ですな!!
おみやげ屋さんの前にも象さんが数匹おりました。

長福寿寺

こちらは休憩所的な場所!!
道の駅みたい(笑)

長福寿寺

ん?
何やら、運だめしができるものがあるんだそうです。
池の中に吉ゾウ君がいて、硬化を投げて、
①吉ゾウ君に乗れば→超大吉
②吉ゾウ君の足下に乗れば→大吉
③池の中に落ちてしまった場合→何度でも挑戦
のようです。
つまり、何回でも挑戦できるんかい(笑)
ってか「超大吉」って初めて聞きました(笑)
大吉で十分じゃねえ??

長福寿寺

ん~~ちょっとやってみようかと思ったのですが、財布を車に忘れてしまったので、残念ながらトライできませんでした。
まあ5回くらいやれば乗りますかね(笑)

長福寿寺

お寺の奥にはこんなものが!!
電話ボックスじゃないからね(笑)!
こちらは「幸運の菩提樹」なんだそうです。
 菩提樹とは、お釈迦様がこの木の下で悟りを開いたことから、幸せを招く樹として知られているようです。
しかも、本物のインド菩提樹だそうで、インドで育ったからか寒さに弱いため温室で育てているんだそうです。

長福寿寺

こちらは人形供養塔。
長福寿寺では人形供養の物語があり、「人形抱き観音様」の御前に綺麗にお飾りし、3ヶ月間、読経供養やお焚き上げを行い、人形の霊を極楽浄土に導くんだそうです。
かつて岩手県にあった、座敷童で有名な緑風荘のようだ!!
確かに人形って、長年持っていると愛着とか湧いてきますもんね。
まあそれは、人形に限った話ではないですが・・・

長福寿寺

供養塔の前には、なぜかキティちゃん!!
バッタモンではなく、本物を模倣したものですね!!

長福寿寺

かなりファンキーな、お寺というかなんかほのぼのした面白い場所でした。
朝の10時頃に行きましたが、早朝にもかかわらず多くの人が訪れていました。
珍しいお寺ですし、象もいるし、来る気持ちは何かわかります!!
 しかし、お寺にJPOPというのが斬新すぎて頭から離れない、長福寿寺でした!!
↓よければクリックをお願いします

詳細・地図

住所 千葉県長生郡長南町長南975−2
営業時間 9:00~17:00
駐車場 無料
電話番号 0475-46-1837
アクセス JR外房線《茂原駅》下車、小湊バスにて愛宕町下車徒歩3分
リンク http://www.choufukujuji.com

関連コンテンツ
関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク