神秘の鍾乳洞、あぶくま洞

福島県にやって来ました!!

 今回の記事は鍾乳洞に関する事です。
福島県のスポットで有名な鍾乳洞と言えば、「あぶくま洞」と思い浮かぶ人が多いと思います。。

たぶん。。。。

あぶくま洞
ってことで、あぶくま洞にやってきました!!

入口に到着です。
早速、受付で券を買い洞窟の中に入ることに!!

あぶくま洞
しかし、洞窟の入り口までなかなか遠い・・・
5分ちょい歩き、ようやく入口に到達しました!!

それでは、洞窟の中に入ってみましょう~~!!

あぶくま洞
久々の鍾乳洞!!

そしてここで問題が・・・・
俺はiPadで撮っているため、中が暗いと写真も暗くなってしまうのです・・・・

ということで、暗い写真が多いですがご了承を(笑)

あぶくま洞
あぶくま洞は中身全てを公開しているわけではなく、未公開の場所も多いのです!!
ここの鍾乳洞は総延長が3,300m(日本第11位)ですが、そのうち公開しているのは720mほど!!

つまり、2.5kmもの距離は公開していないのです。。

未公開部分がどんなふうになっているのか非常に気になります!!!

あぶくま洞
 なんか凄い光が当たっていますが、これは洞窟内のライトが当たっているだけです!!

 鍾乳洞については、岩手県の龍泉洞や栃木県の源三窟でも触れましたが、ここでも一応説明を!!
鍾乳洞は、雨水が原因で出来るのです!!

雨水は大気中の二酸化炭素を吸収しているため酸性です。
その酸性の雨水が地中に浸透し、アルカリ性の石灰岩に達すると、中和して中世に近い水になります。
その後、この水に溶けていた炭酸カルシウムが再結晶して鍾乳石などが出来るわけです!!

あぶくま洞
ここの鍾乳洞の中の温度は、季節に関係なく1年を通してほぼ一定で、15℃前後だそうです。
ちなみに湿度は90%以上!!

あぶくま洞
あぶくま洞
そして、ここの洞窟の特徴は、途中で「一般コース」と「探検コース」を選択しなくてはいけません!!

ちなみに、探検コースは+200円となります!!
課金システムとは、携帯ゲームもびっくり!!

もちろん、私は問答無用で探検コースを選びました!!

あぶくま洞
探検コースとあって、結構道がガチになってきました。

あぶくま洞
「頭上注意」と書いてますが、とにかく天井が低い!!
身長が183cmくらいある私にとって、この低さは結構堪えます・・・

あぶくま洞
めちゃくちゃ急な梯子!!
これ、上りだからまだいいですが、下りだと結構恐怖だと思います。

あぶくま洞

あぶくま洞
そして、一番の見どころはこの開けた空間!!
今までが狭かっただけに、やたらと広大に感じました。
そして、壁一面には様々な形をした鍾乳石が!!
圧巻の光景です!

あぶくま洞
奥の暗いブルーの光がめちゃくちゃ神秘的!!
に、感じません??

あぶくま洞
ピサの斜塔ではありません。
「滝根の斜塔」です!!

この斜塔が出来るまで、いったい何百年もの年月がかかったのでしょうか??

あぶくま洞
こちらは「シールド」というもの!!
矢印で示したものです。

非常に珍しい鍾乳石らしいです。
2枚の板の間に隙間があり、そこから石灰分がしみだして成長します。
下の板からは、カーテン状のつらら石が形成されていますが、こんくらい大きなシールドが見られるのは国内でここだけとか!!

あぶくま洞
この奥部には、よく発達したつらら石、石筍、石柱、フローンストーンが見られます。
そして、未公開部分約2.5kmの洞窟が続いているそうです!!

いや~~奥にを探検してみたいものです!!
奥では川が流れているため、耳を澄ますと、ここからでも川の流れが聞こえてくるのです!!

あぶくま洞
写真の右側には「クリスマスツリー」と書かれていました!!
左側は「樹氷」と書かれていました。

 これらは石筍で、樹氷の方はよく見ると上のつらら石とつながっています。
これらは、今も成長を続けており、大きさとしては東洋一と言われているそうです!!

すげええええ!!

そして、さらに進んでいくと・・・・

あぶくま洞
何か景色が一変しました!!
今度は、イルミネーションが現れました!!

今まで自然の神秘の世界にいたはずが、いきなりクリスマスシーズンの恵比寿に来たかのような衝撃(笑)

あぶくま洞
ここで使われているのは、国内の鍾乳洞で初めて舞台出演用調光システムなんだそうです。
それによって、幻想の世界を堪能していただくというコンセプトだという。。。

写真では1シーンしか写せませんが、2分間もの光のステージが楽しめますよ!!

あぶくま洞
しかし、天然の鍾乳洞を人工物である電球で覆うとは(笑)
まあ綺麗なんだけど、逆に暗くして神秘的な空間を作ってもいいんじゃねえか??

と、素人意見を言ってみる!!

以上、あぶくま洞でした。

そして、最後に衝撃の事実を知りました!!

このあぶくま洞のすぐ近くには「入水鍾乳洞」という洞窟もあるのです。
今回は、あぶくま洞の方が有名だからここの方が面白いだろうと思って、あぶくま洞を選んだのですが、入水鍾乳洞はかなりガチで、アドベンチャーな鍾乳洞ということを後で知りました・・・・・

なんとも懐中電灯やろうそくの火を頼りに進み、奥のコースは係員が必要なんだとか。

知らなかった・・・・

ってことでリベンジです!!
また、何かの機会にここに来て今度は入水鍾乳洞を取材することにします!!

あぶくま洞
⇒ HP
住所:〒963-3601
   福島県田村市滝根町菅谷東釜山1
営業時間:8:30~17:00(3月上旬~11月下旬)
     8:30~16:30(11月下旬~3月中旬)
入場料:大人(高校生以上)1,200円、中学生800円、小学生600円
    ※探検コースの場合は洞窟内で+200円
駐車場:無料
TEL:0247-78-2125
あぶくま洞の天気予報

[wunderground location=”37.344351,140.67401″ language=”JP”]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加