神奈川県藤野地区のシンボル、「巨大ラブレター」に行ってみた!

今回のテーマは、とあるアート作品です!
これは、昔から気になっていたものです。
東京や神奈川住まいの方なら、もしかしたら一度見かけた方もいるかもしれないものです。
東京方面から山梨県に向かう際、移動手段としては「電車で中央線に乗る」「車で中央自動車道か国道20号線を走る」の2択になると思います!
で、どっちの方法で移動したとしても、相模湖を過ぎた辺りでとあるものが山の斜面に現れます!!
緑のラブレター
それがこれ!
巨大ラブレター(^O^)
私も、神奈川県に住んでいるので高校生くらいの時からこの存在を知っていました!
でも、「あれは何だ??」と思っていたくらいでした。
で、今知の冒険をしていてその辺を詳しく調べるだけでなく、実際にそのラブレターに行ってみようという企みですわ!!
まず、あのラブレターに行ってみますか!!
ネットを調べる限りだと場所を詳細に記したサイトはパッと見つかりませんでしたが、大雑把に紹介していたので、とりあえず車で接近してみましたよと!!
緑のラブレター
そんで近くまで行くとこのような場所が!
うん、この奥で間違いなさそうだ!
緑のラブレター
で、その奥にあったのが巨大グラウンド。
 さて、ここからどう行けばいいかですが、ネットをここで頑張って調べたところ行き方を発見しました!!
緑のラブレター
グラウンドの奥にくると、このような場所がありました。
誰もいませんが、さらに奥へと進みます。
緑のラブレター
そんで、このように開け放たれたフェンスが姿を現します。
右側の「ヘビ・ハチ注意」の看板がちょっと怖い。
確かに、夏場とかだったら出てきてもおかしくはなさそう・・・。
緑のラブレター
フェンスをくぐるとこのような案内が出てきます!!
3方向に分かれていますが、ここで「京塚山」の方面へと進みます。
緑のラブレター
ということで、この山道を登っていくことに!
果たしてどんだけ登って行くんでしょうかね??
「山火事注意」という看板がありますが、ここで火を放つ馬鹿者などいるのだろうか??
緑のラブレター
登って2分でこの案内板が現れました!!
ここで「緑のラブレター」という名前がようやく出てきました。
あとちょっとでしょうか??
緑のラブレター
お!
何かもうすぐそこにありそうな気配!!
緑のラブレター
あっ、あった!
ありました!
間近で見ると、結構でかいです。
先ほどのグラウンドから5分もかからない場所にありました!
車で先ほどのグラウンドまで行けば結構容易に来れるのですね!!
緑のラブレター
では、このラブレターについて触れていきます。
先ほども述べた通り、正式名称は「緑のラブレター」
地元の造形作家である高橋政行さんが作成したもので、縦17m×横26mの大きさです。
遠くから見ると、誰かが両手でラブレターを持っているように見えますが、ここは手の形に切り抜かれているんですね(笑)
緑のラブレター
私が訪れたのは、2016/03/05でした。
現在は、ラブレターは開封中で「5」の文字が現れています。
裏から見ると、鉄骨できちんと開封している様子が確認できますね(^ ^)
このラブレターは、緑区の区制5周年を記念して改装中という意味の「5」のようです。
しかし、ここまで近くで見れて感無量の思いです。
1989年に完成したということで、もう26年間も経っているのですね!
ってか、私の年齢とあんま変わらないじゃないですか(笑)
緑のラブレター
ラブレターが展示しているこの斜面は結構急でした。
この場所では、周辺のロープが張ってあり、ラブレターの上から下へ下ることはできませんでした。
緑のラブレター
下部に白い布で覆われている場所がありますが、ここがラブレターの封をしていた赤いハートのシールなんでしょうね!!
緑のラブレター
近くには小さな祠も見かけました。
このラブレターも結構大がかりなものなので、工事の際に事故が起こらないようにという意味を込めて作られたのでしょうか??
緑のラブレター
そもそも、藤野では20年前近くから野外彫刻を展示し出したそうです。
そう、この町は1986年に『ふるさと芸術村構想』というまちおこし政策を実施したことによって、アートによって町おこしをすることになったようです。
東京の立川にも「ファーレ立川」というものがあって屋外に美術品が展示してあったりしますがそんな感じでしょうね!!
国道20号線から先ほどのグラウンドに行く途中にも2つほど作品を見かけました!!
緑のラブレター
1つはこれ。
 題名:あなたと・・・明日の空の色について
作者:武荒信顕
見事なバランスで作られたこの芸術品。
一体どうやって作ったのでしょうか??
緑のラブレター
もうひとつはこれ。
 題名:カリブー
作者:ジム・ドラン
めちゃくちゃ角が長いカリブー。
解説には、「この見事なつのに秘められた強さは、命の輝きを感じさせてくれる」と書いてありました。
以上、が「巨大ラブレター」訪問記です。
この藤野という街は、先ほどの芸術に関する大きなイベントを行ったことで、それをきっかけに沢山の若手アーティストも来るようになったなど色々と面白い街にも感じました。
色々時間があればもっとこの町の魅力を調査したいと思う今日この頃です!!
↓よければクリックをお願いします
緑のラブレター
住所:〒252-0187
   神奈川県相模原市緑区名倉1062

  • このエントリーをはてなブックマークに追加