横田基地と歩んだ東京にある「福生の赤線跡」を調査してみた!

スポンサーリンク
東京の西部に位置する福生という町。ちなみに読み方は福生(ふっさ)です。めっちゃ髪が生えそうですね(笑)
そんな福生は横田基地があるという特徴があったり、福生の駅の近くにはかつて赤線もあったようで現在は風俗店や飲み屋、そして外国人バーが多数存在するちょっと変わった街となっております。ということで、今回の記事はそんな福生の街に関する記事になります!

福生はどこにあるのか?

福生市は東京都の西側に位置しています。電車で行こうとすると、中央本線でひたすら西方面へ行き、立川駅で青梅線に乗り換えて拝島を超えるとたどり着きます。近くには巨大米軍基地である横田基地があることでも有名ですね!

横田基地は福生市の約3割の面積を占めているわけです。横田基地は終戦の1945年に米軍に接収された基地で、元々は多摩陸軍飛行場という飛行場だったようです。福生市に関しては元々は福生町であり、1940年に福生村と熊川村が合併したことにより福生市が誕生しています。

福生の赤線跡を歩く

福生の調査をするために、今回は夜に2回、昼に1回の計3回訪れました。東京の西側ということでもありふらっと来れる場所ではないものの、この街は横田基地もあり外国人も多く他とは少し違った雰囲気の街のように感じました。
まずは町の中心部である福生駅から。でも、夜に訪れた際には車で来たんですけどね(*’▽’)

多くの外国人バー

 福生駅から、赤線だった場所に向かって歩きます。同じ方向に歩く方も多く、この中には自宅に帰る人だけでなく、飲み屋で一発盛り上がろうと思っている方もいるのでしょうかね??

1945年の終戦後、日本政府はここ福生の横田基地近くに特殊慰安施設を設けるようになります。特殊慰安施設協会は英語ではRAA(Recreation and Amusement Association)と略されます。ちなみに、RAAがあった場所がこのエリアかは不明です。
ただ、この慰安施設は米軍に公認されることはなく廃止に追い込まれます。福生には、米軍相手をする日本人娼婦が集まるようになり、街の風紀も悪化して基地の司令官は米軍たちに福生地区の立ち入りを禁止するまでに至ったこともあったようです。

パッと見でどこの国の方かはわからなかったですが、夜遅い時間にここにいる方はほとんど外国人のように感じました。通りを歩いていると、お店のドアが割と開放的な店がぽつぽつあり、店内の音がこの通りに漏れていたりするのですが、建物の外観も街の雰囲気も他の飲み屋街とは違い、日本にはないような雰囲気に感じました。
店の中だけにとどまらず、通りで酒を飲みながら談笑する外国人たちの姿も。

すげえな!いかにも外国風のバーという感じ。このキャラクターは、チンパンジー??

やけに時代を感じる看板ですね。もうお店は営業していないようですが、このお店は一昔の福生からの生き残りの建物なのでしょうか。

赤線跡を1本入った通りにはちょっと時代が後退したような建物がちらほらと見えます。

日本の居酒屋も

外国人バーが立ち並ぶ通りから、富士見通りを挟んだエリアには、スナックなど日本人の飲み屋が立ち並んでいます。あとは数件のピンサロ。ソープランドやファッションヘルスはないようで、性風俗の店としてはピンサロのみのようです。
ピンサロ店のボーイさんに少し話しかけてはみるものの、この街のボーイさんはあまり話をしてくれる雰囲気ではなく、ちょっと話しづらい感じでした・・。年齢層は結構高め、50代くらいの男性が数名って感じでした。

この辺りではスナックの女性も数名目撃したものの、全体的には高め。ピンサロ店のお客さんは一体どんな年齢層の男性かはわからないですが、若い人はあまりいないように思います。ピンサロのボーイさんも少しだけ話してくれた方が言うには、「もう、この街は廃れる一方ですよ」という言葉を言っていたのが印象的でした。

 ここは元々赤線だった通り。今ではもう当時の面影はなく、スナックや居酒屋が立ち並んでいる状態。ここでは昔どんな歴史があったんでしょうね?

赤線跡周辺にあるもの

赤線跡付近にあるこちらの壁画。福生駅周辺では有名なスポットのようで、これはリリー・フランキーが描いたものです。福生に遊びに来たフランキーに描いてもらったんだそうです。

これは、、、メイドカフェか??
この時訪れたのは冬の時期であったので女性がサンタクロースのコスプレをしておりましたよ。この辺にあるお店の中ではこのお店だけ萌え萌えパワー全開だったためやけに目立っているように感じましたが、ここに来るのは日本人だけなのでしょうか??外国人にも萌え萌えパワーは伝わるんでしょうかね( ;∀;)
店員さんは結構若そうな方でしたが、福生にも若い女性は一応いるようです。

結構デカイパチンコ屋もありました。ここにいるお客さんは、周辺に住んでいる高齢者とかなんでしょうかね。。外国人はパチンコしませんもんね。。強いて言うと韓国には昔パチンコがあったのですが、今は廃止されています。韓国でも海物語が有名だったと聞いたことがあります。海物語は韓国語でいうと「パタイヤギ」というそうですよ。
当時の総理大臣自らが、パチンコは射幸心をあおり国民の生活に害を与えるということで確か2006年ごろに廃止されたはず。詳しくは調べてみてください( ;∀;)

ラブホテルもありました。あんまり周囲を詳しくは見ていませんが、とりあえずはこの1軒だけでしょうかね。飲み屋で盛り上がった男女が利用するのか、利用客の層がやけに気になります。

私が車を止めたコインパーキングには、さすが福生。外国人が多いからなのか横文字がやけに目立つ看板でした!というか日本語がほとんどないので、外国人の方が利用頻度が高いんでしょうかね??
駅前のコインパーキングにしては60分で300円とは昼間の値段にしては結構お安いように感じます。

外国商品を扱うパクナム・ストアー

こちらはパクナムストアーという、外国の商品を扱っているお店。ここ福生に暮らす外国人の方が買い物に来るんでしょうね。店内で1つ商品を購入して、ここでも店員さんに福生の色街に関する歴史に関してを聞いてみた。
店員さんは30歳前半くらいの男性の方。しかも、結構なイケメン!!マジで、イケメンでした!!このお店は親がやっていた店のようで、この福生には20年近く前からあるお店なのだそうです。このお店に売っている商品は主にタイやフィリピン産のものが多いようです。
お兄さんに福生の赤線に関する話を聞くと、当時の話は分からないということですが今現在の街の様子は教えてくれました。夜になると、赤線跡の飲み屋街では人が賑わうわけですが、結構ケンカなんてのは日常茶飯事なのだそうです。

ただ、ケンカをしているのは日本人だったり南米の方などで、米軍の方というわけではないとのこと。やはり、今の福生の街にはあまり米軍の方は来ないようですね。。。
チャオプラヤの近くにはチャオプラヤというタイ料理店があります。まぁこのお店は24時間営業ということもあり、夜にクラブや飲み屋で飲みまくった酔っぱらいの終着地点のような感じになっており、明け方になるとよくこの辺にパトカーが止まっているなんてことがよくある光景だという。。。
その他にも、この街では顔剥ぎ事件という事件が最近起きたという。「複雑な人間関係が絡んでいるような事件でしたけどね」とお兄さんは言っていましたが、

インド・パキスタンの食料品店

外国人バーの通りには、バーやクラブのようなお店だけではなく外国の食料品を販売している店もありました。このお店には昼間に来たのですが、お客さんはいなく少し暇そうにしていたので話しかけてみることにしました。
ここの店員さんはインド人女性の方。お店自体は12月から営業をしているそうで、割と日本に来たのは最近の事のようです。12月より前は別の方がお店を開いていたんだとか。なぜインドから福生に来たのかとか、この街に関して聞いてみたところ、大きな壁が・・・。
というのも、日本にはそんなに長くいないこともあってか日本語がそこまでわからないとのこと。しかし、まさかのスマホで息子に電話してくれました。息子はこの辺で学校に通っているということで、自分よりも日本語が詳しいとのこと。

で、息子さんにその辺を聞いてみたのですが少し忙しそうであまり話をしてくれるような感じではなく結局情報は得られませんでした。ということで、店内の写真を数枚撮らしていただき店を後にすることに。いきなり訪れすみませんでした。。。

外国人比率が高い福生市

福生の飲み屋や風俗店は東口側に多いわけですが、西口にも降りてみました。この部分の内容はちょっとオマケですが・・。

うわーすげぇーと思って写真を撮ったのですが、この国旗のイルミネーションには結構深い意味があるんだそうです。というのも、福生市は東京都内の市町村の中では断トツで外国人比率の割合が高い都市なのです。そんで、このイルミネーションは左から「日本」「アメリカ」「中国」「フィリピン」「韓国」「ペルー」「タイ」「ブラジル」の順になっていますが、これは福生市内に在住する人口比率の高い順なんだそうです。
この街にアメリカ人が多いのは、横田基地があるためなんとなく理解はできるものの、他の外国人の方は何でこの街に多いのか??
何人かの方にその辺りの事情をお店の方や、観光案内所の方に聞いてみたのですが、はっきりとした理由はわからないようでした。ただ、今でいうと元々から外国の方が多いためここに外国人の方のコミュニティが出来ているからということのようです。
アメリカ人以外でいうと、横田基地にはアメリカ以外の方がそんなに働いているわけでもないようなので。しかし、駅前周辺を歩くと外国人の方は本当に多く見受けられるので、来ればすぐにその状況を実感できます!
次ページでは、福生の赤線の歴史と今について調査しました!
↓↓↓

関連コンテンツ
関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク