堀之内・南町と、2つの色街を持つ川崎の風俗史を練り歩いて調査してみた!

↑更新情報等はTwitterにてm(_ _)m
今回は、川崎の色街に関する歴史の記事になります。知の冒険を始めて、日本の歴史に興味を持つようになった際にテーマの一つに上がってきた色街。歴史を学ぶ上では、色街というジャンルは避けては通れないテーマでもあり、ここから学ぶことは大変多いということを感じている次第でございます!
ということで、今回は川崎駅前にある「堀之内」と「南町」を中心に川崎の色街の歴史を紹介していきたいと思います。
本記事のポイント

・川崎には「南町」と「堀之内」の2つのソープ街がある
・2のソープ街には、ともにソープランドとちょんの間が残る
・川崎は工場の街であり、工員の方がお客として栄えていたとのこと

スポンサーリンク

川崎の色街について

川崎というとみなさんはどんな町という印象を持っているでしょうか?ちなみに、私は川崎市民ですが、はっきり言って良い印象はない。。
駅前は居酒屋や風俗街が多く、また競馬場もあるなど雰囲気はそんなに良くないと住んで思っているんですな〜。いつも思いますが、周辺の私鉄に乗っている人々に比べ、南武線ユーザは何かガラが悪い印象があるのは気のせいだろうか。。。

川崎の色街マップ

堀之内・南町
川崎の色街を地図で表すと上図のようになります。エリアとしては、川崎駅、京急川崎駅の南側に集中しているのがわかりますね。川崎は北口と南口では街の雰囲気は大きく異なり、北口は住宅地も多くネオンが少ない感じの雰囲気。しかし、南口は居酒屋など多数の飲食店が立ち並ぶネオンギンギンの街となっています。
そして、昔の赤線地帯である南町と日本屈指のソープ街として知られる堀之内が、川崎の色街において欠かすことができない街となっているんですね。その他でいうと、ピンサロがあるエリアがあり、それ以外の場所は飲み屋で埋め尽くされている感じ!余談ではありますが、そんなカオスなエリアを旧東海道がぶち抜いているのはちょっとした豆知識。
堀之内・南町
川崎の駅前では、神奈川県の条例として上図の赤く塗られたエリアを特定遊興飲食店営業エリアとして許可しています。そのため、このエリアにはキャバクラや飲み屋的な店がやたらと多いということになっています。

屈指の有名ソープ街「堀之内」

ここでは、川崎駅前の東側に位置するソープ街である堀之内に関してを紹介していきたいと思います。ここでは、現地の生の声を聞くことはできなかったです何度か訪れ街の様子を観察した内容から、後に調べた内容をまとめて紹介していきたいと思います。

堀之内の歴史とは

堀之内・南町
堀之内の歴史は、川崎の工場地帯と関係があるようです。現在は京急川崎駅から京急大師線で1駅の場所に「港町駅」があり、その駅の近くには川崎競馬場があります。この競馬場は、明治時代から1908年までありましたが廃止されることに。そしてその跡地として、1911年に富士紡績の工場が建てられることになっています。
堀之内・南町
▲川崎はレコード発祥の地でもある
その他にも、東京電機(東芝)・日米蓄音機製造(日本コロムビア)・鈴木商店(味の素)などの工場が進出する他、東京湾岸には京浜工業地帯として日本鋼管(現:JFEスチール)などの工場も出てくることになります。
日米蓄音機製造は、日本でレコードを初めて作成したことにより、港町駅の近くは日本レコード発祥の地となっている他、京浜急行の駅である「鈴木町駅」は、味の素の創業者である鈴木三郎助に由来しています。上の写真は、港町駅にあるプレート。
そして、この工場の従業員らがお客さんとなり堀之内の街は栄えていくことになります。堀之内は阿波踊りならぬ「泡踊り」というサービスを確立した街であることが、この街を有名にした一因であるようです。そしてそんな泡踊りを生み出したのは「川崎城」というソープ店だったという噂も。
今現在も多くのソープ店と少数のちょんの間が混在している状態になっているのです。

堀之内を歩いてみる

堀之内・南町
▲川崎方面からの堀之内の入り口
堀之内の街がどのようになっているのかを確かめるべく、足を運びました。川崎駅からは数分歩くだけで来れるためアクセスはさほど悪くはないです。車でもすぐ横を国道15号線が走っているため、割と行きやすいのですね。
駅から歩くとこんな光景が目の前に広がり、ここから堀之内の街に突入することになります。いきなり、テレクラの看板が目に入りますが、このテレクラは現在は営業していないようです。上の写真は少し前の写真であるため。。
堀之内・南町
堀之内・南町
上でも書きましたが、ここ堀之内は工員の街だったとのこと。現在はすぐ近くに川崎競馬場があり、もしかしたらそこで買った勝金はこの街に結構落とされていると踏んでいるですが、それはどうなのでしょうか。。
堀之内・南町
「泡踊り」というスタイルを普及した街でもあり「技の堀之内」ともよばれているそうな。現在は50~60のソープ店が立ち並び、関東では吉原に次いで2番目の規模のようです。
堀之内・南町
▲数軒だけ営業している堀之内のちょんの間
以上で紹介したソープ店だけではなく、堀之内にはちょんの間も存在するのです。しかし、営業しているのは本当に数軒のみ。元々は青線地帯だったため、そのちょんの間の生き残りがいる中、ソープ店(トルコ風呂)が進出してきたことで、2つの形態が混在することとなった模様。
しかし、ソープ店は一応合法となっていますがちょんの間は違法営業。2009年の一斉摘発によってちょんの間は激減し今の状態に。しかし、2016年にも摘発があり、まさにいつ無くなってもおかしくない状態が続いているのです。
営業しているちょんの間としては、ここは東日本で唯一。西の方では、大阪や神戸などで今でも見られはするものの、東日本でちょんの間は絶滅寸前なのですね〜。
写真でいうと、左側の提灯の明かりがついている建物がその「ちょんの間」です!
堀之内・南町
堀之内は昔は青線だったわけですが、その名残である料理店時代の建物が今も多く残っていあます。しかし、多くの建物はカーテンによって閉められている状態。写真の奥にも写っていますが、1軒だけ開いていたもののちょんの間ではなく飲み屋のようでした。
堀之内・南町
ちょんの間ではおなじみの看板も残っています。建物は古く廃線もむき出しの状態になっているところに風情があってこれはたまりませんわ・・。
堀之内・南町
堀之内・南町
堀之内・南町
朝にも一度訪れましたよ!ピンサロは朝早くから営業しているお店が多数ありますが、ちょんの間はこの通り。ここのちょんの間はソープ店と同じく夜12時には閉まるとのこと。一体、何時から営業しているのだろうか。
堀之内・南町
▲今でも多くのちょんの間跡が残る
関東でこんだけ多くのちょんの間跡が残っているのはここくらいではないだろうか?川崎のちょんの間では、ほとんどが年配の日本人女性しか見かけられなかです。一部、韓国人女性らしき若い方もいましたが、最近は見かけないようだ。今年のがさ入れでやられたお店だったのだろうか。。
堀之内・南町
こんなかなり新し目な建物も。薄茶色の建物に、竹をイメージしたようなカラーが風情があってたまらん!!カーテンが緑色というのもやけに目立つが、いつまで営業していたお店なのか??
この街のちょんの間はいつまで続くのか?動向が気になる所だ。。。
↓↓そんで、さらに堀之内に関して調べた記事がこちら!ソープランドの店員に突撃取材を敢行しましたよ!!


スポンサーリンク

ソープランドについて

堀之内・南町
ご存知の方も多いと思いますが、ソープランドはお風呂屋さんです。お客さんはお風呂に入りに行くのであって、そこにたまたま可愛い子がいて恋愛関係に陥って行為に及ぶという偶然が毎日繰り広げられるのです。
というのは建前で、特殊浴場という建前で風俗店を営業しています。特殊浴場とはどういう浴場を意味するのか?「特殊浴場 = ソープ店」というわけではなく、他にも特殊浴場は多数あるのです。
堀之内・南町
▲ソープランドに貼られている「浴場協会会員章」
公衆浴場には普通公衆浴場と特殊公衆浴場の2つに分類されます。普通公衆浴場は入浴料金が定められており、銭湯などがそれにあたります。一方、特殊浴場とは自ら入力料金を決められる浴場のことで、健康ランドやスーパー銭湯がそれにあたります。
つまり、スーパー銭湯とソープランドは建前上同じ分類になるわけです(笑)んなアホな・・・。そのため、ソープランドでは「入浴料」と「サービス料」という料金体系が存在するのです。

かつて遊郭街だった「南町」

続いては南町に関して!今現在は堀之内に比べると閑散としている街ではありますが、ここもソープ店が数点開業している赤線地帯だった街でもあるのです。では、そんな南町に関してを、以下で紹介したいと思います。

南町の歴史とは

日本の風俗史でよく出てくる内容として、1946年11月12日に赤線・青線が誕生し、1958年4月1日には売春防止法が施行され、赤線は消滅することになるという事実があります。赤線は、政府公認の売春街でありそこで売春を行うことは合法であったが、青線は政府非公認の売春地帯でした。
その後、1966年の風営法改正により「個室付サウナ」の許可地域に指定を受けてソープ店が開業するようになったという。そこから今の居酒屋形式のちょんの間になった経緯は分からないですが、現在の南町は数点のソープ店と数点の居酒屋形式のちょんの間が残るだけの閑散とした住宅地となっている。

南町を歩いてみる

堀之内・南町
今度は南町に来ました。場所は川崎駅の南側。まさに町名の通りです。赤線時代の様子は不明ですが、南町の南側は住宅地が多く赤線だったとは思えないような光景にも!
ちなみに、南町の読み方は「みなみちょう」ではなく「みなみまち」が地理上は正しいようです。
堀之内・南町
▲住宅街に紛れ込んで建つソープランド
現在南町には数店舗ほどソープ店が建っていますが、堀之内に比べるとだいぶ閑散としています。住宅地も増え、この街からは赤線の名残は消えかかっているように思えるんですね。。。
堀之内・南町
先ほども書いたように、ソープ店はお風呂屋さんという建前です。しかし、このお店の外観は確かにお風呂屋のようだ(笑)
堀之内・南町
▲南町に残っている飲み屋形式のちょんの間建物
ただ南町の一角では、昔のカフェスタイルの建物が残っています。現在でも飲み屋としてお店が開いています。居酒屋スタイルでは1階が飲み屋であり、上に上がるといわゆるちょんの間の部屋になっているという形でありますが、このお店は単なる飲み屋のようでした。
堀之内・南町
飛田新地に行ったことがある人は、このような看板に敏感にはならないだろうか。まさに赤線跡にある料理屋の看板ですね。このお店では、店先でおばちゃんが座っており声をかけてくるお店でした。「お兄さん、かわいい子いるよ・・」と、か細い声で声をかけられたが、果たしていくつの方がいるのだろうか・・・。
堀之内・南町
▲居酒屋形式のちょんの間
こちらにも3店ほど居酒屋が営業していました。しかし、ここは単なる居酒屋ではなくちょんの間スタイルのお店。このお店らは、お店の外でおばちゃん達が勧誘してくる所がちょっと活気がって良い。
と、その時カメラをもって写真を撮っていたら、右側に写っているお店のおばちゃんに声をかけられました。
おばちゃん:「どうしてカメラ持ってるの?」
私:「私、ブログをやっていまして・・」
おばちゃん:「ブログ?あ~なんだ・・・」
と、割とテンション高めで話しやすいおばちゃんでした。ここはチャンスと思い、色々南町に関してを聞いてみるとおばちゃんは快く答えてくれました。
話しかけてくれたおばちゃんは60歳。九州から来たようで、ここに来たのは6,7年くらい前のことだとか。南町の歴史を色々と話してくれたわけですが、もともとここはは工員の街だったという。
堀之内・南町
「昔はここはすごかったのよ。ここはほら、東芝や日本鋼管(現:JFEスチール)の工場があったでしょ。その人たちがたくさん押し寄せていたんだから。
「東芝の工場は3交代制だったんだって。だから、夜勤明けの人達なんかが朝5:00にもお店に来るの。だから、ここの辺りは朝までお店をやっていて昼前にお店を閉めるようにしていたの。しかも当時の給料は、今みたいな振り込みではなく手取りだったから、給料袋ごと持ってお店に来ていたんだって。今はもうほとんど住宅街になっちゃったもんね・・。」
今はほとんどお客さんは捕まらないという。しかし、工場があったときはそんな状態が続いていたんだそうです。しかし、現在はどんどんお店が閉まってしまい女性も若い人はいないし、年寄りの街になってしまったとおばちゃんは語っていました。
堀之内・南町
しかし、ここも警察とのせめぎ合いが今も続いているという。おばちゃんがいるお店の隣(写真でいうと右の奥にある看板のお店)は去年までは営業していたのですが、看板が外されていました。
「隣は外国人の方が経営してたのよ。最近警察のガサ入れがあってお店潰れちゃったの。ここは大変なのよ。」と語ってくれていました。今ではかろうじて数店が残っているだけの南町。残っている店は少ないことから、近いうちにその跡形はなくなってしまうかもしれない。。。
おばちゃんとは10分くらいしか話せませんでした。南町のちょんの間は堀之内とは異なり夜から明け方まで営業しているのです。とっても陽気なおばちゃんで、最後は「変なのに捕まらないように気を付けてね!」と言ってくれました。
こういうお店にいる方は、寡黙な方か裏がありそうな人が多いと感じますが、この方は近所の良いおばちゃんみたいな感じで、何か不思議な感覚でした。
南町では、2,3人のおばちゃんが道の隅っこに佇み、お客さんを勧誘している様子をうかがえます。その中でさらに一人のおばちゃんと数分話す機会が得られました。
「あら、カメラなんて持ってるからマスコミの人かと思ったわよ。」と声をかけてきたおばちゃん。年齢はおそらく60近いであろう。先ほどのおばちゃんとは異なり、かなりおとなしいおばちゃんでした。
そこまでの情報は得られなかったですが、やはりお客さんはほとんど捕まらないんだとか。ここが昔赤線地帯だったことや、40分で12,000円であり他の場所に比べたらお得な場所だということを語ってくれました。しかし、この町の歴史などに関してたあまり教えてはくれなかった。。
堀之内・南町
その他、2人のおばちゃんと話し計4人の方と話すことができました。その他に得た情報としては、ここは若い人はほとんどいないとのこと。結構年齢がいっている方が売春を行ってはいるものの、街の様子からもわかる通りほとんど人は捕まらない状態だという。売春婦の方は、年齢層高めな日本人か外国人の方しかいないようです。
ただ、他の色街に比べたらここにいるおばちゃんたちは割と親切な方が多い印象を得ました。しかし、こぞって聞かれるのは「警察の方じゃないのよね?」という言葉。やはり、警官にはかなり警戒をしているようだった。
堀之内・南町
また、南町にはストリップ劇場も残っています。横浜の日ノ出町にも同じ名前の「ロック座」という店があるんですよね〜。同じ系列かは不明ですが。。ストリップ劇場に行くお客はほぼ年配のおじいちゃんという印象はありますが、実際のところはどうなのだろうか??
堀之内・南町
これ、すごく気になったのだが何を監視しているのか、町中に突如現れる監視カメラ。
堀之内・南町
こんなものも(笑)
この出前はいったい誰が食ったものなんだ??南町にはまだまだ未知な不思議要素がありそうだ・・。
↓↓南町はかつて川崎遊郭だったということで、こちらももっと詳しく調べました〜!

川崎に数店あるピンサロ店

堀之内・南町
▲川崎にあるピンサロ密集エリア
ピンサロは、厳密に言うと飲食店なのです。現在の神奈川県の条例では、1号営業であるソープ店と2号営業であるファッションヘルスは全域で出店をすることができません。しかし、ピンサロは出店が可能となっています。なぜかというと飲食店だからです!
堀之内・南町
ピンサロは飲食店であるためファッションヘルスなどとは違ってお店の中にシャワーはありません。今年の2016年もこの地域に新しくピンサロができたそうな!!
現在神奈川県でピンサロがあるエリアとしては、川崎・藤沢・平塚・町田などなどです。

おわりに

堀之内・南町
今回は川崎の色街に関してを紹介しましたが、昔の色街は現在存在している風俗街だけでなく、家事などで焼失した場所が住宅地などになったり、今では姿を変えてしまった街もあります。
色街の歴史は、日本史を知る上で欠かすことができないジャンルではあるがまだまだ知られざる歴史は色々な場所で眠っていると思われます。今後も、そんな歴史を発掘しては紹介していこうと思っています。冒険は続く。。。

参考文献

↓よければクリックをお願いします

スポンサーリンク

詳細・地図

▪︎堀之内 詳細
住所 神奈川県川崎市川崎区堀之内町
アクセス 京急川崎駅より徒歩5分ちょい、JR川崎駅より徒歩10分くらい
リンク https://ja.wikipedia.org/wiki/堀之内_(川崎市)
▪︎南町 詳細
住所 神奈川県川崎市川崎区南町
アクセス 京急川崎駅より徒歩8分、JR川崎駅より徒歩5分くらい
リンク https://ja.wikipedia.org/wiki/南町_(川崎市)
↓↓twitterもよろしくです
※ほぼ毎日つぶやき中
関連コンテンツ
関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加