日本で初めて競馬が行われた場所、根岸森林公園

スポンサーリンク
いきなりですが、今日のテーマは「競馬」でもあるのですが、競馬ってやったことありますか??
私は、1度くらいしかないんですよね〜!
しかもそのとき全く当たらなくて、もういいやってなったわけなんですよ。
そんな競馬が日本で初めて行われた場所が横浜市にあるんだそうですよ!!
横浜市って、本当に色々な発祥があるんですね。
日本で初めて競馬が行われたのは、1867年(慶応3年)であり、外国人クラブの主催で行われたそうです。
今から150年近くも前ですね!!

その場所が、ここ「根岸森林公園」なのです。
この公園は昔どうだったのか?
いまは、どうなっているのか?
競馬の歴史を振り返りながら、学んでいきましょう〜〜!
1867年の当時、ここ根岸競馬賞は東洋一の規模を誇っていた競馬場であったそうですが、1943年に戦争のため閉鎖されてしまったそうです。
そして、戦後は米軍に接収され、住宅地やゴルフ場などに使用されていましたんだとか。その後、1977年現在の公園が開園したそうです。
米軍に接収された背景があるからか、現在もアメリカ海軍の方の住宅地が残っています。

公園の全体図はこんな感じです。
公園全体を1周する形で、コースが作られていたんですね。
昔、厩舎(きゅうしゃ)であった場所にも、現在は住宅が建っています。
ちなみに、厩舎とは「馬主から競走馬を預かり、調教・管理をする所」なんだそうです。
昔は、今と全然違う景色だったんでしょうね・・・
時の流れは切ないものです。
しかし、今現在でも当時の建物は一部だけ残っているのです!!

それが、これ!!
根岸競馬場の1等観覧席。
現在は、ここ根岸森林公園のシンボル的存在になっているだけでなく、恐らく廃墟マニアの中では有名な建物であると思います。
ただし、中には入れません・・・
防犯カメラでキッチリ管理されていますので!
中がどうなっているのか、気にはなりますけどね!

1等観覧席の前には、このように説明板が規則正しく立てられています。
説明板には、この建物の詳細と設計図的なものが展示してありました。

この建物は、「J・H・モーガン」という方によって設計されたもの!
J・H・モーガンって誰だ?
と思って調べてみましたよ!
本名はJay Hill Morganという方で、アメリカ人の建築家。
 日本ではこの観覧席以外にも多くの建物の設計に携わっていたんだそうですよ!
「丸ビル、東北学院大学本館、関東学院中学校、ベーリック・ホール」などなど・・
主に、横浜で活動されたんだとか!

手前の円状のスペースは「勝馬投票所」だった場所なんだそうです。
 1等観覧席、インパクトがありすぎて公園内のどこにいても気になります(笑)
そろそろ、公園内の反対側に行ってみたいと思います!!

反対側に到着!
馬のアーチがありますね!
ちょっと馬にするには無理感が否めないですが(笑)

反対側には、「馬の博物館」があるのです!
ここでは、馬について色々学べるのですよ!

博物館の正面には馬が3匹放し飼いされていました。
「ミカン」「ゆき」「ペルニー」。
「ゆき」ってなんか馬っぽくないですね!
まあ、どんな名前でもいいんですけどね。

係りの方が、外へ誘導していました。
しかし、馬は草を食う!

こいつは、「ミカン」ですね。
コンクリートに出る前に、食えるだけ草を食っとこうという魂胆だろうか!
めっちゃ食ってます(笑)

ゆき(笑)
とにかく草を食いまくります!

園内を馬が歩きます!
馬については、「馬の博物館」の記事で詳しく紹介していますが、ここでもいくつか抑えておきましょう!!
・馬の視野はグルっと1周350°。
頭の真反対の10°の部分だけ見えないそうです。おしい。
ちなみに、真後ろが死角になるだけでなく、真正面も見にくいんだそうです。
・馬は第6感をもっている
何百キロも離れた場所から、目隠しをされて運ばれてきた後、元の場所に戻った逸話や、人の微妙な表情や心理状態を察知した例は多いそうです。
・馬の年齢
馬の寿命は平均25~35歳くらいだそうです。
最長記録は62歳なんだとか!
・馬の速力
 だいたい時速60kmくらいだそうです。
はやっ(笑)

こちらは馬舎ですね!
白壁に緑屋根の建物って、なんかいいですね!
日本というよりかは、西洋チックな感じがします。

広大なグラウンドが広がっていました!
ここでは、乗馬などの体験ができるそうですよ!

お!
今度は小柄な馬ですね!

フェンスの隙間に首を突っ込んで草を食ってます!!

お馬さんが数頭いました!!
この公園は、ランニングしている方や家族連れが多く、憩いの場として機能しているようです。
私は競馬はあまりやりませんが、歴史を学ぶことはやはり面白いものです。
↓よければクリックをお願いします

詳細・地図

住所 神奈川県横浜市中区根岸台1−2
訪問時間 いつでも訪問可
駐車場 あり
アクセス 根岸駅・山手駅より徒歩15分
リンク http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yokohama/kouen010.html

関連コンテンツ
関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク