一体いつ誕生したのか?青森県には、日本最古のりんごの樹があるぞ!

↑更新情報等はTwitterにてm(_ _)m
今回の記事はリンゴに関するお話です。リンゴといえば青森県だと思いますが、なんと「日本最古のりんごの樹」と言われている木が青森県にあるんだそうです。
何かと「××発祥」とか「××最古」のような事に興味を持って調べてきたわけなのですが、今回は日本最古のりんごの樹というネットで調べまくってたまたま知ったスポットになります!
ということで、東北遠征の際に行ってみることにしました。
本記事のポイント

・日本最古のりんごの樹は3本ある
・明治11年に栽植した
・場所はわかりづらいが、普通に鑑賞できる

スポンサーリンク

日本最古のりんごの樹はどこにある?

日本最古のリンゴの樹と言われる木は、青森県のつがる市という場所にあります。私は青森県に訪れたのが今回で二度目であり、あまりこの県の土地勘は全くないのでスポットを探すにも行くにも何度地図を見たことか。。。
つがる市という市は、津軽半島の付け根部分に位置しているようですね。ちなみに、つがる市は木造町、森田村、柏村、稲垣村、車力村という5つの町が合併して作られた市のようです。市名がひらがなの場合は、結構合併している率が割と高いとか。。首都圏でいうと、さいたま市がいい例か?
周囲を拡大するとこんな感じっす!完全に畑の中にあるため、発見はそんな簡単ではないのです。

日本最古のリンゴの樹を訪れた

案内の看板があんまり見当たらないため、結構探すのに苦労しました。青森県の観光情報のHPを頼りにしていたのですが、Mapの場所の違っているし・・。ただ、色々なサイトを見ながら探しまくった結果ようやくたどり着いたようです。
▲発見に苦労した「最古の樹」の看板
はいはい、ありました!
この看板やたらボロイし、黄色背景に緑文字というなかなか斬新なデザインなのが目につきました(笑)
そんで、問題の木はどれ??
一応看板の矢印が示している方向には、無数のりんごの木があるんですけど、これ全部がそうってわけではないですよね(笑)
周囲には誰もいないので聞くこともできず、わけがわからないのでとりあえず周囲を散策します。
すると、先ほどの通りから1本入れる道がありました。
先ほどの看板が示している方向とも一応あっているので、この先にあるのではという一縷(いちる)の望みをもって進んでいきます。

スポンサーリンク

すると、なにやら開けた場所が現れた。そして、白い看板が姿を現しました。
あ〜〜これこれ。ネットで探したときも、この白い看板が出てきたんですけど、これが見つからなかったんですよ!!
よかた〜ようやく発見できたお!!
なんだかんだ捜索に数十分を要してしまった。。
▲白い柵に囲まれているのが「最古のりんごの樹」
看板に書いてある内容によると、日本最古のりんごの樹は3本あるそうです。で、そのうちの一本はおそらくあの、白い柵で囲まれている木ですな!!
なんか、他の木と比べると、貫禄がある気がするのは気のせいでしょうか??貫禄というか単純に気が太っといようですね。
それでは、最古の木に関する詳細を記載いたしますぜ!!
最古の木の詳細

推定年齢:137年(2015年現在)
樹高:7.4m
生産量:40箱(7,200個)
青森県指定天然記念文化財(りんご樹)昭和35年11月11日指定
「この樹は明治11年、古坂乙吉さんが本県りんごの先覚者弘前市蔵主町、菊池三郎氏からゆずり受けて栽植したもので、当時20アール(2反歩)程栽培していたうちの3本だけ残っているものである。」
引用元:http://www.city.tsugaru.aomori.jp/kankou/kannkou.html
また、この木は小学校の社会科の教科書にも載っているそうです。
残りの2つはこれですな!!
中に侵入したら怒られそうなので、ここから見るだけにしました。
▲まだ緑色で旬の時期ではなかった
今回訪れたのは9月下旬。まだ、りんごは成熟しきっていないようで、バリバリの緑色や!!でもほんのわずかに赤みを帯びているところもありました!!
これ、1個いくらするんですかね?いわゆる、普通の木でできたりんごよりも高かったりするのでしょうか??せっかくここにきたのだから売ってたら即買いなんですけど、誰もいないしまだ熟してないし。。ちょっと訪れる時期が早かったかしら(´Д` )
ということで、訪れたはいいもののなんかあんまり詳しいことはわからずの訪問となりました。ちょっと予定がタイトなのもキツイっすな。1個のスポットにかける時間が短いと記事の内容が微妙になるんだよな〜。。でも青森県はそんな来れる機会もないのでできるだけ多くのスポットを回りたいですし。。

おわりに

青森県のリンゴというと、奇跡のリンゴが以前本や映画になりましたよね。NHKのプロフェッショナルにも、奇跡のリンゴを作った木村秋則さんが出てたのも見たことがあったな〜。奇跡のリンゴは、もう既にルートが確立されていて食べるのが難しいようなんですよね。。
この日本最古のリンゴの樹のリンゴっていったいどこで売ってるのかしら!せっかくなので食べてみたいと思いつつ、今回の訪問は終了となりました。

参考文献

↓よければクリックをお願いします

スポンサーリンク

詳細・地図

住所 青森県つがる市柏桑野木田
アクセス JR陸奥鶴田駅から車で10分程度
リンク http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000547.html
↓↓twitterもよろしくです
※ほぼ毎日つぶやき中
関連コンテンツ
関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加