完全に家ww奈良県五條市には定年後に飲食店を始めたおっちゃんの店「MyDream」がある!

今回は、奈良県五條市という場所にあるこじんまりとした飲食店に関する記事になります。こじんまりとした飲食店と言っても、知の冒険で取り上げるということで、よくあるお店というのではなく一風変わったお店なんですわな!!
このお店には、2017年の年末年始に訪問したんですが、訪れたのは本当にたまたま!五條市をうろうろしていたらたまたま発見して訪問してみたら、これは記事に出来そうということで、取材してまとめたって感じっす(*’▽’)
まぁさらには「五條市ってどこ?どんな都市?」って方も多いのではというか、私も訪れるまでどんな街だかわからなかったということもあるので、五條市を簡単に解説しつつも、そんな町にあった珍しいお店の紹介といきましょう~~!
本記事のポイント

・「MyDream新町店」はサラリーマンを退職した店主が自宅を解放して作った飲食店!
・気さくな店主さんであり、お値段もとってもリーズナブル
・五條市は歴史ある街並みがあるものの、交通の面などで幾らか問題があり・・

スポンサーリンク

五條市ってどこ?どんな街?

五條市って皆さんご存知です??
私は、全く知らずに訪問しました( ;∀;)
場所でいうと、奈良県の西側に位置してもうちょっと西に移動したら和歌山県に突入しちゃうくらいの場所っすね!!大観光地の奈良市からはちょっと距離が離れているということもあり、アクセスはちょっとわるいっす。。ってか、そもそも奈良県自体がアクセス悪いっす(*´Д`)
▲五條市にある珍スポット「柿の博物館」
で、何で五條市に来たのかというとここにある珍スポット「柿の博物館」に訪問するためだったんですね!!インスタ映えとまではいかないかもしれませんが、めっちゃへんてこりんというか、柿そのまんま( ;∀;)
こちらの訪問記に関しては、後日まとめて放出したいと思いますm(__)m

歴史ある街並みに、謎の民家が!!

▲歴史を感じる風情ある建物が並ぶ
柿の博物館を訪れた後、本日はこのあと橿原神宮で神武天皇に挨拶した後、奈良市にある元遊郭旅館の「静観荘」に取材&宿泊する予定だったのですが、少し時間があったので五條市をうろついてみることにしたわけです(*’▽’)
五條市は明治維新発祥の地とも言われていたりと、とっても歴史ある街であり、街並みも東海道の宿場町のようなとっても風情ある街となっています。ところが、本日はもう年末ということもあってか、博物館的な施設はどこも開いていなかったんですな。。残念。。
そんな中、街を歩いていたときに現れたこちらの民家!!普通の民家かと思ったら、入り口にのれんみたいなものがかかっているし、看板も立っていることから飲食店なのではないかと思い近づいてみることに!!
▲営業中なのは間違いなさそうだが、入りづらい・・
ビンゴだ!!ただ、中が全然わからないということもあって、ちょっと入りづらい( ;∀;)
以前に、横浜でも民家の一部を解放した中華料理屋「上重朋文の店」がありましたが、そこもこんな感じで民家系のスポットは中に入る際に少し一呼吸置く必要があるんですな。ただ、営業中には間違いないようなのでいざ突入してみることに!!
↓↓ちなみに、横浜のリアル民家中華料理屋「上重朋文の店」の記事はこちら

横浜市にある自宅がお店の中華料理屋「上重朋文の店」を取材した!
今回は、横浜にある中華料理屋さんに関する記事になります。ただ、中華料理屋といってもお店はまさかの住宅らしい。。というのも、知の冒険のクワ...

民家を解放した店「MyDream」を徹底インタビュー!

早速お店に入ると、やはり玄関や!!他人の家に勝手に侵入するという不思議な感覚を味わうわけですが問答無用で特攻。すると、店主さんがお出迎えして中へを案内してくれました~(*’▽’)
▲アットホームな「MyDream新町店」の店内
店内はこんな感じ!凄い、本当に民家や~~(*’▽’)この部屋には、テーブル席が三つ!あとは2階にも6畳くらいの部屋が2部屋あるとのこと。2階は宴会とかに使えればということらしいです。ちょっとホームパーティーって感じの雰囲気ですかな!!
店内にお客さんは誰もいなく、お客さは私だけ。店主さんもとても気さくで話しやすい方だったので、お店の背景など色々お話を伺うことにしました!

リタイア後に築いた自分の城!!

▲取材に応じてくれた「MyDream新町店」の店主さん
店主さんは生まれは兵庫県で育ちは大阪。元々定年退職するまでは会社員をしていたとのことで、五條市内にある工場勤務だったそうです。奈良県には仕事を始めてから暮らすようになったとのこと。働き始めてからリタイアするまですっと五條市で暮らしていたんですって!!
ずっと同じところで働いてたということもあり「思い切って何かをしたい!」と思い、会社員時代からずっと「自分のお店を持ちたいな~」と思っていたようで、実は会社で働きながらひそかにこのお店を開くための準備をしていたとのこと!
そして、会社を定年退職した後に半年間のオープン準備期間を経て、去年の12月にオープンしたとのこと。私が伺ったのは、2017年12月の年末だったので、まさにオープンしたばかりの時期に伺った形になりました。
そしてここは店主さんの自宅。ただし、自宅と言っても住居というわけではなくお店用に購入したとのこと。住居はここから離れた場所にあるんですって!!
ちなみにこのお店の名前は「MyDream新町店」。「MyDream」という名前は、店主さんが付けたのではなく、この近くにあるライブハウス「MyDream」の名前をフランチャイズで借りているという。
あと、お店の定休日は未定。。というのも、最初は火曜日にしていたのですが、奥さんから「土日は家にいて手伝ってちょうだいよ(怒)」と言われてしまったことから、定休日は検討中だという。。

いろいろとセルフサービス!

お茶やお水などはセルフサービス方式を採用!いや~この雰囲気良いっすね。お店ってよりかは、なんか親近感がわきますよ。アットホームな雰囲気で、ちょっと慣れてくると自分ちにいるかのような錯覚に陥ってしまいますぞ!!
飲み物だけでなく、みかんもいただけちゃいます!
年末の寒い時期でありお茶をいただくことに!
▲セルフサービスのみかんを食前にいただく
あと、料理が出てくるまではみかんをいただくことに!みかん食べるのが何気に久しぶり。みかんを食べる時は、この白いやつを全部なくなるまでむしり取ってから食べるという謎のこだわりを持っている私。
ただ、今回はめんどくさかったのですぐに頂きました!!

手作りのオムライスをいただく(*’▽’)

そして料理が到着!今回私が頼んだのはオムライス。さらにサラダまでついて、お値段何と500円。安すぎ!!
味はお店の味というか、家庭の味という親近感がわく味です。まぁ実際に家で作ってるわけですし(*’▽’)
オムライスも本当に久しぶり!知の冒険を始めてというか始める前からですが、ラーメンなどの麺類がほとんどであるので、、
そしてなんとオムライスの跡には渋柿まで出してくださいました。いと、ありがたし!

お店にするために、微妙に改造している!!

先ほどは店主さんの生い立ちを簡単に紹介しましたが、お店を開店するにあたって店主さんが工夫した店などを書いていきましょう!
こちらは店主さんがいろいろな場所から集めてきた古物。今後は古物商の免許も取って、ここで古物などを売ったりすることも視野にも入れているんだそうですよ。そんで、ここは元々は納戸だったようでふすまで区切られていたんですって。
そこで、ふすまを取っ払うと広く見えるし、この領域をディスプレイ形式にすればいいのではと思ってこのような感じになったという!!これは言われないと納戸だったとは わかんないっすね!!
ちなみに、開放するために取っ払ったふすまは何気にこんなところに立てかけてありました!!
あとはトイレを水洗にしたとか、さらにはエアコンもなかったため店内を快適にするために設置したり。そのような大規模ではないものの細かい対応をいろいろしていたわけなんですな。
あとは、キッチンですわ。飲食店ということで、キッチンを民家のまま使うわけにはいかずここにもちょっと手を加える必要があったようなのでそこを話しましょ~!

キッチンもちょっとだけ改造!!

▲ほぼ、民家の状態そのままをお店のキッチンに
店内を写真に収めたわけですが、ずうずうしくキッチンも撮っていいか許可をとったら「全然良いっすよ!!」とのことなので、こちらも撮影させていただきました。
キッチンに関しては、ほとんど改造することなくほぼ民家のままなんだそうです。ただ一つだけお店を開くために改装した部分があるという。
それがこれ。飲食店を開くためにはシンクを3つ用意する必要があるということで、1つ増やしたんですって!また、このお店を開くための資格としては、調理師免許はとらなくてもOKなんだそうですが、食品衛星管理責任者という資格はとる必要があるとのこと。
ちなみに、3つのシンクの用途は以下
シンクの用途

1. 野菜専用
2. お肉や魚などのナマモノ用
3. 手を洗う場所
この3つは、衛星面の問題で分けなくてはいけないのだそうです!

スポンサーリンク

五條市の現状はどうなのか??

お店のことに関して取材した後は、五條市の街の事も伺ってみました。すると、いろいろな課題を抱えているということや、実は外国人も多く住んでいるなどの意外な事実が判明!!
その辺の内容を以下で紹介していきましょう!!

観光客誘致には課題が多い五條市・・

mydream
五條市を歩くとその古い街並みに目が入ったりするんですが、この街には「古い建物を残すようにする」ための街並み保存の取り組みがあるとのこと。そのため、MyDreamがある通りでは、新しく家を建てる場合は古民家形式の家を作る場合のみ許可され、また今現在建っている建物を改装する場合も、古民家風に改装する場合のみ許可されるとのこと。
つまり、今のMyDreamも取り組み前に建てられたからこうして民家が建っていますが、このような家は今現在は新しく建てることもできないし、改装するとなると古民家形式に改装をしなくてはいけないんですって!!
▲お店の前にある、この辺では唯一の公営駐車場
そして、ここの街最大のネックは駐車場が無いこと!無料駐車場は、上の写真に写っているお店の正面のスペースしかなく、辺りを探しても全然駐車場がないんですよね~~。
今回お店に伺う際も駐車場の捜索に大苦戦。その旨を店主さんに伺ったら、店主さんも「駐車場が少ないのがね、本当に問題なんですよ!」とおっしゃっていたんですな!!
あとは、とにかく道が狭い。。「町おこしをしよう!」的な話も出てはいるようですが、街並みをこのまま保存しているため道路拡張なんかできないし、この道は一方通行であり、車が通ると歩行者もとても歩きづらかったり。まぁこの五條市自体がアクセス悪いっていうそもそもの問題もありますがね。
さらには、ここの街に住んで車を買う場合はスタットレスが必須とのこと。五條氏は冬になるとわりと雪が降ることが多いそうな。さらには、ここに来る際は、北側からの場合は国道24号線、そのほかの方面からは坂道(峠道?)から来る必要があるため、雪が積もったりしてるとノーマルではか〜なり危険なんですって!
ただ、京奈和自動車道が開通したことがちょっとした救い。奈良市とを結ぶ主要道路の国道24号線はいっつも朝は大渋滞するそうな。そこで、京奈和自動車道が開通したことで交通の便は良くなった模様。
あと、ここ五條市は春や秋の時期が観光客の多い時期であり、あとは8月になると近くの吉野川でお祭りが開かれるとのこと。また、五條市の観光は団体で来る方が多いとのこと。五條市のHPからはガイドの予約ができ、めっちゃ詳しい方が案内してくれる予約があるとのこと。それには、年間50組ほど団体客の予約が入るんですって!

「テクノパーク」があることで外国人も多い!!

そう、見出しの通り五條市には具体的な数字は調べないとわからないですが、外国人も多く住んでいるんだそうです。というのも、今回取材したお店から少し離れた場所には「テクノパーク」という工場地帯があるようなんです。
そこは「テクノパーク・ナラ」と言うそうで、30近い企業が集まっているようです。そこに外国人の方が結構出稼ぎなどのために働きに来ているんですって。そのため、夕方にイオンに行ったりすると外国人の方をよく見かけるという。ただ、彼らはこの街並みを探索しないという。

おわりに

以上、MyDream訪問記でした。もともと計画には入っていなかったスポットではありましたが、店主さんがとても気さくで話しやすく訪れて本当に良かった( ´ ▽ ` )ノ
ちなみに、私が記事を書いている現在はまだGoogleMapにもスポット登録されていないしネットで検索してもほとんど情報が出てこないという状態。そんだけ今は知られざるスポットとなっていますが、今後頑張って地元に愛されるお店になることを期待しています!!
また、五條市を訪れたときは訪問してみようかな!

参考文献

↓よければクリックをお願いします

スポンサーリンク

詳細・地図

住所 奈良県五條市本町2丁目5
営業時間 11:00〜??(要問い合わせ)
電話番号 不明(要問い合わせ)
定休日 不明(要問い合わせ)
駐車場 なし
(※お店の正面に無料駐車場あり)
アクセス JR五條駅から徒歩15分ほど
↓↓twitterもよろしくです
※ほぼ毎日つぶやき中
関連コンテンツ
関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加