最も最高齢で総理に就任し終戦工作を行った「鈴木貫太郎」を知るべく、地元関宿を訪れた!

↑更新情報等はTwitterにてm(_ _)m
今回の記事の主人公は、第42代内閣総理大臣の鈴木貫太郎です。千葉県の北側に位置する野田市関宿という場所には、彼の生い立ちが学べる「鈴木貫太郎記念館」がありましてね、そこを訪れた時の記事になるわけです!!
いや〜またマニアックなスポットに来たもんだ。。ってか、鈴木貫太郎はご存知でしょうか?何といっても太平洋戦争の終戦工作を行った総理大臣でもあり、その模様は、映画『日本のいちばん長い日』でも垣間見ることができます。
本記事のポイント

・鈴木貫太郎氏は、77歳という高齢で内閣総理大臣の座に就いた
・終戦工作をする際には、禁じ手である天皇による「聖断」にゆだねた
・総理の座を退いた後は、千葉県野田市の関宿町に戻り酪農の発展に貢献した

スポンサーリンク

鈴木貫太郎記念館はどこにあるのか?

鈴木貫太郎記念館は、千葉県野田市の関宿(せきやど)という場所にあります。関宿ってどこやねんって話ですが、そこは千葉県のマジで先端でもうちょっとで茨城県に入ろうかという場所に位置しています。上の地図に示す場所ですね!
▲地元の野田市で大変な人気を誇る「ホワイト餃子」
野田市というと、霊波之光とかホワイト餃子、あとは超巨大迷路がある清水公園くらいなイメージだったのですが、鈴木貫太郎ゆかりの地でもあったとは!
で、今回は栃木県の取材があった際についでに通ってここの記念館も取材しちゃおうということで訪問した次第です。

鈴木貫太郎記念館をいざ訪問!

とにかくアクセスが悪いこの博物館(⌒-⌒; )
川崎から車をすっ飛ばして夜中に到着!その後、快活クラブに宿泊してからの来館となりました。駐車場はがら空き状態で、お客さんは私しかいませんでした~!
▲鈴木貫太郎記念館の外観
これが鈴木貫太郎記念館。かなりこじんまりとした建物で、わりかし年季を感じる建物でもあります。ここは、1973年に出来た記念館ということで誕生してから45年近くが経つんですね!

記念館は、まさかの撮影禁止www

で、館内はというと残念ながら撮影禁止でした( ;∀;)
いや~結構粘ったんですけどね、、事前に許可をとる必要があるようでこの中を撮影することはできませんでした。。中はどうなっているかというと、L字型の空間でさほど広くはないこじんまりとした感じです。
そんなこともあって、中を観覧するのは30分もかからないくらいだと思いますよ!中では、貫太郎さんの生い立ちを説明した展示がある他、貫太郎さんゆかりの品なども展示してありました。鈴木貫太郎氏は海軍で活躍しただけでなく、何といっても太平洋戦争を終結させるために急遽首相の座に就いた方。
多くの方がここを訪問して、その辺を深く知ることは大事だと思うんですがね。。
貫太郎さんの生涯に関しては、以下で詳しく説明するとして記念館に関しては写真が撮れなかったこともありこの辺で!!
ついでに、この博物館を訪れた時点では正直そこまで鈴木貫太郎氏のことを深く理解しているわけではなかったので、記事も書くことだし勉強しようと思って「戦後70周年記念誌」を購入することに。

スタッフの方に詳しく聞いた!

▲訪問時にスタッフをしていたお父さん
記念館には、スタッフのお父さんが一人受付をしていました。館内の写真が撮れなかったということもあり、いろいろ話しを聞いてみようと思って突撃インタビューを敢行!!そして、この記念館の事を色々と教えていただきました。
館内だけでなく、建物周辺にある色々なものの解説まで!いと、ありがたし!!お父さんは、もともと群馬出身の方とのこと。社会人になるときに東京に出たのですが、仕事の関係でその後は千葉県の柏市に移り、最終的には1975年に関宿町に移ってきたとのこと。
ここの記念館に来るお客さんに関していうと、1日の来客数はせいぜい10人切るぐらいで、団体客の方々もたま~に来ることがあるという。年齢でいうと、70~80歳の方々が多いとのこと。ん~やっぱりそうか、、若い世代の人はそうそう来ないんですね。。
▲鈴木貫太郎氏の邸宅跡
お父さんには、記念館の外も案内していただきました。ここは記念館の正面にあたるエリア。この森になっているこの場所が、まさに鈴木貫太郎氏の邸宅があった場所なんてすって!建物自体は残っていないため想像はしにくいですが、元首相と言えども超豪邸に住んでいたってわけではないんかな??
そして、ここは実際の邸宅の玄関だったそうです。確かに、入り口っぽい門が今も残っていますね。ただ、今現在はここから記念館に入ることはできませんよ~!
さらにさらに、足元を見ると石畳的なタイルがありますが、これも当時のまま残されているとのこと。鈴木貫太郎さんもこの石畳を何度も踏んでいたんでしょうね。。
こちらのこじんまりとした塔は、戦死者のための慰霊碑なんだそうです。この碑は、日清戦争や日露戦争はもちろん、太平洋戦争で亡くなられた方々を弔うために、奥さんであるタカさんが建てたんですって!!
ちなみに、今現在は貫太郎さんのお孫さんはご存命のようです。以前、何かの番組で俳優・タレントの毒蝮三太夫さんが訪れたことがあり、彼が言うには毒蝮さんは鈴木貫太郎氏のお孫さんと高校の同級生だったんですって!!
お孫さんは、どこかの大学病院で医者を務めているようで、年に2回くらいはここを訪れるそうですよ!
で、記念館に関してはこのくらいにして、次のページでは波乱万丈の鈴木貫太郎氏の人生をウルトラ解説いたします!!
続きはこちら!終戦工作を成し遂げた男の人生とは!
↓↓↓
↓↓twitterもよろしくです
※ほぼ毎日つぶやき中
関連コンテンツ
関連コンテンツ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加