なつかしさ全開、昭和なつかし館

スポンサーリンク
福島県の会津若松市。
ここには、昭和の古き良き時代を感じられるスポットがあるんだそうです。

こちらが「昭和なつかし館」。
看板から入口の雰囲気から昭和臭がプンプンします!!
では、入っていきましょう!

入っていきなり、懐かしのダイヤル式電話がありました。
よく、中華料理屋が出前を受けるときに出る電話なイメージがあります(笑)
 そこに、なぜか「フチ子さん」(笑)
店内には色々なところにフチ子さんがいました。
館長の趣味なのか??

1階は売店であり、2階で懐かしの昭和の街を再現しています!
結構急で、軋(きし)む階段を上りいざ2階へ!!

2Fの床は、とにかく「ギシギシ」と軋みます!
それはそれで演出なのでしょうか??

2階の風景は、昭和30年代の日本の様子を再現されていると言っていました。
昭和30年代は、今から60年近くも前になります。
まあ自分は1987年生まれなのですが、この懐かしい感じには色々感慨深いものがありました!!
上の写真は、当時のお茶の間の様子を再現したもの。
テレビでは、鉄腕アトムではなかったですが、やたらと古い無音声のアニメが流れていました。

こちらはたばこや!!
 自分は吸わないためたばこを買ったことが一度もないですが、こんな懐かしい店があったら吸わなくても買ってみたい(笑)

たばこの種類です。
自分は吸わないので、あんまり煙草の種類などはわかりません。
しかし、今まで見たことないものばかり・・・・
この品を見ると、やたらと「Peace」と書いてあります。
これ、後日調べてみたら「Peace」は日本の代表的な紙巻きたばこの銘柄の一つだそうです!!
ピースには「ピース(10)」「ピース(50)」の2種類があったそうです。
ピース(10)は上の写真に写っている箱型の物で、10本入り!
一方、ピース(50)は「缶ピース」という愛称があった通り、缶で売られていたようです。
紙巻きたばこなんて、今の若い人は吸ったことないんじゃないですかね~~。

いや~いいな~この感じ!!
スマホやパソコンが無かった時代は、お茶の間でテレビ見ながら談笑したり、奥のギターで弾き語りしたりしていたんでしょうか。
一旦タイムスリップして、この時代を堪能したいものです。
スマホに慣れている現代人にこの時代は無理か(笑)??

正面には銭湯があります。
銭湯って最近はどうなんでしょうね??
私は大学院時代、研究室に泊まるときはよく銭湯に行っていたものです!!
しかし、最近は郊外だとスーパー銭湯も出てきてますし、昔ながらの銭湯というのはなかなか厳しい環境にあるんじゃないでしょうかね??

こんな自転車もありました!!
これ、最初は後ろに乗っている箱に「紙芝居」が入っているのかと思いました。
しかし、アイスクリームなんだそうです(笑)
今ではスーパーやコンビニで買いますが、昔はこういう売り方をしていたんですね。
そんな感じで、2階を堪能し、1階を少し物色することにしました!!

1階には奥に骨董品などを展示しているスペースが!!

奥には囲炉裏がありました。

 こちら、「COW BRAND」が出している牛乳シャンプー。
これは、粉末状なのでしょうか??
今でも「COW BRAND」は無添加シャンプーを出しているようですが、このパッケージが昔要素を演出しています!!

なぜか遊戯王カードもありました(笑)
これってそんなに古いっけ??

「ペッタ」ですって!
若い人からしたら「めんこ」の方がなじみ深いと思うのですが、昔はペッタと呼んでいたそうです。

この辺の駄菓子も懐かしい・・・
自分が小学生の頃は、よく近所の駄菓子屋に行って買いに行ったものです!
よく買っていたのは、ココアシガレット、モロッコヨーグルト、みつあんず、サッカーボールゼリー、ラーメンババアなどなど(笑)
ココアシガレットをたばこみたいにして遊んでいたのは、自分だけじゃなかったはず(笑)
ここで本気で懐かしがれるのは、4,50代以上の方々なのだと思います。
しかし、若い人でも、古き良き日本の時代を少しでも実感できる場所なのだと思います!!
↓よければクリックをお願いします

詳細・地図

住所 福島県会津若松市大町1丁目1−46(骨董倶楽部2階)
営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休
入館料 200円
駐車場 なし
電話番号 0242-27-0092
アクセス JR只見線七日町駅より野口英世青春通りへ向かい、大町四角手前右側徒歩10分
リンク http://www.ht-net21.ne.jp/~natukasi/

関連コンテンツ
関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク