横浜の風俗街である「曙町・黄金町」周辺の風俗史を徹底調査した!

今回は横浜の色街に関する記事です。今まで知の冒険では、吉原遊郭や鶯谷などの歴史などを調査して記事にしてきました。そんで、今回の対象は横浜です!
知の冒険で記事を書くにあたり、実は何度も訪れている横浜の色街。そこで得た様々な知識や歴史をここで一挙大放出したいと思います。ちなみにですが、私は風俗マニアではないので悪しからず!!街にはよく行くものの、お店にはほぼ入ったことはないので(笑)
あ、あとこの記事鬼ハイパー長い記事になりますが頑張って全部読んでみてくださいね!

横浜の色街の歴史を探る

曙町・黄金町

黄金町・曙町は非常にカオスというか様々なエリアが密集している地帯となっている。そして、そのエリアを色分けすると上図のようになっている。現在、遊郭跡とちょんの間エリアは姿を消しているが、その他は現在進行形である。
これだけ狭い地域に密集しているエリアですが、その始まりは1859年の港崎遊郭(みよざきゆうかく)だと言われている。本記事では、まずこのエリアの歴史について港崎遊郭から順に説明していくことにいたします!

曙町・黄金町

曙町・黄金町周辺の歴史の経緯を簡単に図にしてみた!
1859年の港崎遊郭から始まった横浜の色町の歴史は、上図のような経緯を経て今に至るようだ!横浜だけではないが、やはり日本は1941年から始まり1945年に終えた太平洋戦争が大きな境目となっているようだ。

港崎遊郭

横浜の風俗史の原点は、ペリーである黒船が来航した1859年に遡る。今では日本を代表する大都市となった横浜ですが、黒船来襲以前は閑散とした漁村の村だったという。黒船来襲で一気に活気がついた横浜には、日本人だけでなく多くの外国人も押し寄せた。

曙町・黄金町

そうすると、性欲の処理も必要ということで横浜に遊郭が作られた。その遊郭の名は「港崎遊郭(みよざきゆうかく)」。何と、その場所は横浜スタジアムの場所にあったのだという。
計15軒の遊郭があり多くの遊女がいたようだ。しかし、当時は外国人を相手にすることを嫌がった女性が多く、遊女は横浜だけでは集まらず、生糸の取引として関係があった群馬県からも集めたという。
この港崎遊郭の誕生は、品川遊郭の岩槻屋の主人である佐吉が工事を担当。そしてそんな港崎遊郭の中でも一番大きな遊郭は、佐吉が経営する岩亀楼(がんきろう)だったという。1859年に誕生したが、1867年11月に豚肉を食べる店であるお店でが寺があり消失してしまったそうです。

曙町・黄金町

そのため、当時の建物は残ってはいないもののその名残として唯一残っているのが岩亀楼の石灯篭のみ。火事で400人近い遊女が犠牲になったことから、その供養としてか妙音寺というお寺に寄進されたものを横浜市が譲り受けたという。

曙町・黄金町

石灯篭には、よく見ると「岩亀楼」という文字が彫られていました。火事で焼失したこともあり、建物が残っていないのは残念ですが、これだけ残っているだけでも幸いといったところか。

吉原遊郭

曙町・黄金町

吉原遊郭というと、東京の吉原を思い浮かべる方もいると思いますが、横浜にもそう言われた遊郭があったそうだ。港崎遊郭が火事で焼失してしまったための移転先として、今の関内駅の西側に作られた遊郭である。

曙町・黄金町

しかし、遊郭だった時期は1866年から1871年までのわずか5年間だけであった。というのも、吉原遊郭も1871年に火事にあっていたからだ。そんなこともありこの地域には遊郭の痕跡を確認することはできなかった。

曙町・黄金町

しかし、ソープランドが立っていることや、古い建物などを見ると何かしらの繋がりがあると感じてしまうのだがそれは気のせいなのだろう・・。

永真遊郭

曙町・黄金町

高島遊郭が焼失した後、1880年頃にこの永楽町、真金町へ遊郭が移ることになり、永真遊郭という名前がついたという。永真遊郭跡を歩くとわかるのだが、中の通りにはこのように間に街路樹が建つ広い通りが存在する。この通りは、当時の堀だと言われており今の吉原にかつてあったお歯黒溝のような役割を果たしていたという。

曙町・黄金町

永真遊郭という名はほとんどの人には知られていないが、明治の頃から関東大震災までかなり長い間遊郭として存在していたようだ。この地を歩くと、今でもその名残ではないかと思う建物を見ることができる。
こちらは、住宅街に突如現れたスナックの建物。まぁ後付けなのでこれは関係あるかわかりませんけどね・・。

曙町・黄金町

こちらは、家の家紋であろうか。時代の痕跡を感じる・・。

曙町・黄金町

こちらもかなり古い建物のようだが、屋根にしろどうも遊郭時代の建物に見える。

曙町・黄金町

また、一角には複数のラブホテルが建つ場所も。関内駅からさほど離れていない場所ではあるが、周囲を歩いていると多くのカップルが車で訪れる様子を見た。この遊郭跡は2度訪れたが、夜には年齢層高めの熟年カップルや不倫カップル?のような方を多く目撃した。
やはり、どうも普通の住宅街とは違い何かある度に遊郭跡の名残なのではないかと思ってしまう。。

曙町・黄金町

また、ここには「金刀比羅大鷲神社(ことひらおおたかじんじゃ)」という神社も存在する。毎年11月頃には東京の吉原の近くにある鷲神社(おおとりじんじゃ)発祥である酉の市が行われている。酉の市の時は、普段では考えられない量の人が集まり活気が見られる。
吉原遊郭とこの永真遊郭で共に酉の市が行われるというのは、何かの偶然なのかそれとも訳があるのか。。

曙町・黄金町

その神社の奉納者の名前には、あの笑点でおなじみの桂歌丸師匠の名前が刻まれているのです。誰か別の人と同姓同名というわけではなく、これは本人の名前。
実は歌丸師匠は、この永真遊郭で育った方なのだ。祖母が遊郭内にあった「富士楼」という結構大きな遊郭の女将であったという。当時の名残はほとんど残っていない場所ではあるが、まだ当時を知る世代は現存しているため、その歴史を伺ってみたいものだ。

曙町・黄金町

そして、この神社の淵に、「遊郭」という文字が刻まれた石柱が残っている。この柱は昭和初期に永真遊郭から大鷲神社へ寄贈されたもの。つまり、この柱は関東大震災は経験していないものの、太平洋戦争時の空襲を経ており90年近い歴史があるのです。実に感慨深い。。。
永真遊郭は関東大震災以降は活気を失い、今では閑静な住宅街となっている。元々遊郭だったというっ実を知らなければ普通の住宅街に見えるであろう。しかし、そんな場所でも様々な物語が眠っているのでした。。

黄金町のちょんの間エリア

曙町・黄金町

続いては、黄金町のちょんの間に関するお話。黄金町のちょんの間は、三大ちょんの間として栄えていたほど大規模なちょんの間街だった。京急線の高架・大岡川に沿って連なったちょんの間は、2005年に壊滅するまで多くの男性を虜にしたのでした。

曙町・黄金町

大岡川を渡り、京急の高架下沿いへ移動する。このエリアが栄えていたころの活気を知らない私は、当時と今のギャップがどんなものか想像できない。しかし、今ではここを歩く人は本当にごくわずかだった。

曙町・黄金町

ちょんの間の建物自体は今でも残されている。赤線跡を歩いたことがある人なら、このような景色を見たら一発でわかるでしょう。このエリアは、戦後にバラック小屋の住居が飲食店に変わり、次第にちょんの間となっていった。
1946年から1957年までの間にあった合法の赤線地帯ではなく、ここは青線地帯だったという。いわゆる、非合法の売春地帯だったというわけだ。

曙町・黄金町

昭和の時期は日本人女性が多かったものの、平成に入ってからは外国人女性が大半を占めるようになったという。そんなちょんの間は、2005年1月に神奈川県警の「バイバイ作戦」といわれる作戦により、一斉摘発が行われた。
それにより、このちょんの間街は壊滅し現在のような姿になったのだそうです。2016/11/21現在では、東日本に残っているちょんの間は川崎の堀之内にある数軒のみのようです。川崎でも、時折摘発が起きているようでいずれ消えゆく運命なのかもしれませんな。

曙町・黄金町

そんな黄金町は、現在はアートの街に変貌を遂げている。風俗街からアートの街とはなんという変貌ぶりだろうか。。

曙町・黄金町

曙町・黄金町

この街を歩くと、何ともわびしい気持ちになる。しかし、廃れた街や建物こそ時代は変わっていくということの証言者でもある。現在の風俗街も、何十年も経てば跡地になりまた別の場所で風俗街が誕生することにもなるかもしれない。

曙町周辺の飲み屋街

曙町・黄金町

曙町周辺は非常に多くの居酒屋、キャバクラが軒を連ねる。もう本当にたくさんあります(笑)
こんだけたくさんのお店がよくやっていけるなといつも思うものです。

曙町・黄金町

スカウトらしきおにいさんや、キャバ嬢、中国人マッサージのおばさんなどなど様々な人種が交える、カオスな街だ。

曙町・黄金町

この飲み屋街は、やたらと韓国料理店や韓国の品を扱ったスーパーが多い。色々な背景があり、アジア系の住民が多いと推測される。それもあってか、この辺りでは中国マッサージ店が多く、飲み屋のキャッチのお兄さんに交じって、マッサージ屋の実に勧誘してくる中国人・台湾人のおばはんが多い。
男一人で歩いていると、かなりの高確率で「オニイサン、マッサージ」「オニイサン、ノミイカナイ??」と声をかけられます。でも、多分ぼったくられるんで絶対に行かない方がいいですな!

曙町・黄金町

飲み屋街は野毛のエリアや曙町の周辺など関内駅の西側に多く集中していますが、一方関内駅の東側にも飲み屋やキャバクラが多いエリアがあるのです。

曙町・黄金町

というのも、上図の赤いエリアは神奈川県の条例で特定遊興飲食店営業の営業許可が出ているエリア。特定遊興飲食店営業の店とは、スポーツバー、クラブ、DJバーのような店ですな。このエリアに多いのはそんな理由で、このエリアから外れると綺麗に街並みが変わるものなのです。街の成り立ちには、このような背景もあるのですな。

野毛周辺の飲み屋街

曙町・黄金町

野毛エリアとは、JR桜木町駅の西側に広がるエリアであり野毛山動物園があることでも有名だ。このエリアは、戦後に

曙町・黄金町

非常に多くの飲み屋があり、夜は多くの酔っぱらいで賑わう町になります。多くの歴史もあり、日本近代水道発祥や、ガス灯発祥の地でもあったりする。また、今ではなかなか見られないストリップ劇場のロック座やピンク映画館もいまだに残っている。

曙町・黄金町

野毛のエリアでひときわ異彩を放つのがこの建物!ずらららららっと飲み屋が入っている建物で何十点もの飲み屋が一つの建物に集結しているのだ!他ではなかなか見られない光景だ!
野毛の歴史などについては、また詳しく野毛の記事として今後書こうと思っていますので今回はこの程度で!

福富町周辺のソープ街

曙町・黄金町

福富町と言われる街の周辺にはソープ店が軒を連ねる。この街には、1965年頃からトルコ風呂のお店が出店してきたんだとか。トルコ風呂は、トルコ人留学生の訴えにより1984年からソープと名前を変えることになる。

曙町・黄金町

この辺りは、ソープ街とは言っても密度は濃くなく、そのエリアに点々とお店が建っているという感じだ。この辺りは駅からも多少離れていることと、大通り沿いでもないため人はまばらだ。

曙町・黄金町

有名な店舗としては、角海老グループがあるのと「JAPANクラブ」という店がある。この店は、横浜駅前にもあるのだが屈指の高級店として長い間支持されているようだ。。。

突如増えだしたファッションヘルス

曙町・黄金町

デリヘル、ソープランド、ファッションヘルス、ピンサロなどなど風俗産業には多くの形態が存在するが、曙町にある箱型のお店は「ファッションヘルス」がほとんどとなっている。
この区域にはソープランドでもなく、デリヘルでもなくファッションヘルスが大量発生しているかというと、1987年に兵庫県神戸市で発生したエイズパニックという事件が原因とも言われているようである。
厚生省が、神戸で日本人初のHIV感染者が確認されたことを発表し、後にその女性の個人情報が公開され、色々調べるとその女性が売春を行っていたことが判明。その事件以降、ソープへ行くことに抵抗がある男性が続出したことから、ファッションヘルスが当時は人気だったという背景だ。

曙町・黄金町

ファッションヘルスは、神奈川県の条例では性風俗関連特殊営業の2号営業にあたり現在神奈川県では新規で店舗は開業をすることはできない。デリヘルとは違い、店内にシャワーがあり性風俗関連特殊営業という分類に当たる。ソープランドとは異なり、店内での本番行為は行われない。
国道16号線から1本裏に入った通りは、「親不孝通り」とも言われている。

曙町・黄金町

しかし、曙町のファッションヘルス街は大通りでもある国道16号線沿いにも店舗を構えている。この手の店は、表には出てなく人目のつかない場所にあることが多いが、ここはいたって堂々としている。

曙町・黄金町

そんで、この辺りはかつは赤線地帯だったようです。しかし、1957年の風営法の改正で赤線が廃止された後は、風俗要素は去ったもののある出来事を境にファッションヘルス店が押し寄せることになった。
それは、1992年の出来事。この時、風営法では「病院や学校などから半径200m以内には、風俗店の出店はできない」という規制があったのです。しかし、その病院が営業を停止したことを境に、翌年の1993年にここに多くのファッションヘルスが開業をしてきたようだ。ちなみに、先ほども述べた通り今の神奈川県の条例では、2号営業にあたるファッションヘルスは出店ができない。
しかし、ピンサロに関しては法律上は飲食店という建前であるため、一部の地域では出店が可能となっている。ピンサロは、飲食店のためシャワールームなどはないのである。法の抜け穴とはこういうことだ(笑)

曙町・黄金町

この地にあるファッションヘルスは、通称「ハマヘル」として人気を博しているようだ。確かに、ファッションヘルスとしてこんだけ多くの店舗が集結しているエリアは日本中でもここは最大規模のような気がする。

曙町・黄金町

ヘルスビルとでも言うのだろうか。入っている店舗すべてがヘルス店という珍しいビルだ!

曙町・黄金町

 ファッションヘルス街にあるとあるビルではこんな光景が!この建物を見てあることに気づく。入り口の両脇にある三角や四角状のモザイクタイルでカラフルに彩られたデザイン。このデザインは、現在の建築では見られることはなく、赤線跡等で見られ当時流行った建築スタイルなのだとか。

謎のたちんぼエリア

曙町・黄金町

関内にある末吉町という町の周辺には、たちんぼが存在する場所がある。たちんぼとは、フリーの売春婦のことで、路上に立ち尽くし通り過ぎ行く男性に声をかけてはその場で交渉をするというスタイル。東京では、新宿のハイジア前や新大久保のホテル街、鶯谷のホテル街などに出没していたが、今ではごくわずかしか見かけない程になっているという。
しかし、ここ末吉町では数人の外国人のたちんぼが今でも出没する。時間は夜10時前くらい?に出没し、だいたい夜中の2時~3時頃までいるようだ。

曙町・黄金町

この辺りを歩いていて、今まで何人かの立ちんぼに声をかけられた。外国人の人たちの国籍は、中国・台湾・タイ・コロンビア・ペルーなど。主に貧しい国の方が多く、生活苦で仕方なくというように思える。年齢層は30代後半から40代辺りではないだろうか。

曙町・黄金町

このエリアを歩いていて今まで何人かの立ちんぼに声をかけられたが、やはり話をしてくれる人は少ない。しかし、コロンビア出身のある方に話を聞くと割と親切に教えてくれた。この辺りで立ちんぼをしていて、お客さんを捕まえた後は、この辺のマンションの階段や建物と車の間などで行っているという。
彼女らのたちんぼはこの近くのマンションに住んでおり、家に連れ込んで行うこともあるという。日本に来てどのくらいかは忘れたが割と日本語は上手のようだ。そして、気になったのがこの近くにあった黄金町のちょんの間との関係。
黄金町のちょんの間は、平成に入るとほとんどが外国人の娼婦だらけとなったようだが、ここにいる立ちんぼ達と何か関係はあるのだろうか。その辺を聞くと、黄金町のちょんの間のことは知っていたようだが、詳しくは教えてくれなかった。
ここにいるたちんぼの中には女性だけがいるわけではなく、男性いわゆるニューハーフの方もいるのです。昔話しかけられた方でペルー人の方に声をかけらえたのですが、その方は自らニューハーフだと言って誘ってきた。「5,000円で!」と言われたが、丁重にお断りをした・・。

曙町・黄金町

ここにいるたちんぼたちは、いつまでここに立ち続けるのだろうか。。。
いずれはいなくなってしまうのだろうが、彼女たちの未来が明るくなることを信じたい。。

横浜の色街探訪記

その他、この街周辺で得られた様々な情報をここでさらけ出したいと思います。こんだけ長い歴史がある色街には、私も知らない様々な物語が眠っているのだと思います。

曙町にあるファミリーマートの話

曙町・黄金町
これは思い出話になるのですが、私が大学2年生頃の時にバイトを探そうと思って探していたらたまたま曙町のファミリーマートの求人を見つけたため応募してみた時のこと。面接を受けることになって、いざお店に行ったのですがそこで今考えたら面白い話を聞いたのです。
曙町にあるコンビニは、特に金曜や土曜の夜は四パ来などが冷やかしにだけ来ることが多いという。また、やくざの方なども来ることがあるので、とにかく接客だけは本当に大切にしていると、店長さんはおっしゃっていた。店長さんはやくざなどの方とは関係は良好とのこと。
そこで、そういうかった地に印象を悪くもたれるとお店がやりづらいということなのでしょうな。結局私は地元の鎌倉駅前のファミリーマートでバイトをすることにはなったのだが、もしこの店でバイトをしていたら、おるい身色々な経験ができたかもしれない。。。

曙町のスカウトマン話

横浜の曙町と黄金町はもう数えくれないくらい訪れ街を歩いた。
そんな中2人のキャッチの方にも会った。

曙町・黄金町

一人の人は40代と思われるおっちゃん。関内駅へ向かう際にふと狭い路地で声をかけられた。その場所は上の写真の所。元々はIT企業で働いていたものの脱税により社長が逮捕されてしまい、その後このキャッチの仕事をしだしたという。
キャッチの仕事をするようになり、この辺の方でも顔は知られるようになった。そんな中、おっちゃんがファッションヘルスへ遊びに行くと、まさかの知り合いの人に当たったこともあったという。
凄く気さくなおっちゃん、今はどこで何をしているのだろうか。。

曙町・黄金町

2人は20代後半くらいの若いあんちゃん。年齢は詳しくは聞かなかったが自分と同じくらいじゃないかと思った。キャッチの仕事の内容を詳しく聞くと割といろいろ教えてくれた。
キャッチの仕事は、キャバクラやデリヘルや飲み屋などにお客さんを案内する役割だという。案内する店は、先輩達から紹介してもらったり、自分から営業に行って広告料としていただく分自分がお店にお客さんを連れて行くんだという。
この仕事は大変かと聞くと、意外にも楽しいという答えが返ってきた。この辺りは治安が良くないこともあり色々な所で頻繁に事件が起きる。だから、それが楽しいのだという。我々が話しているときも、酔った黒人が絡んできたりと。
あんちゃんは、高知出身だという。アニメや漫画が好きで色々読むのだという。私も知の冒険で高知に訪れたのでその辺の話をするととても喜んでくれた。歴史も好きで、高知ということもあり坂本龍馬の話をしてくれた。
あんちゃんとはドン・キホーテの前で会い、1時間位立ち話をした。何で私に話しかけたのかと聞くと、お客さんだったら話を聞いてくれそうだと思ったのと、足を痛そうに歩いていて気になったからだという。そう、私が今回ここに来る前はユーシン渓谷に行った後で歩きすぎたせいで足を痛めていたのである。
お客さんに声をかける際は、ただがむしゃらにかけるだけでなく一応かっこや歩き方を見るようだ。例えば、少しかかとが浮いた状態で歩いている人は、ギャンブルなどに買って気が上向きだから自然とそうなっている可能性があるため、そういう人だと気前よく金を使ってくれるとかとか。
「また見かけたら声をかけてください!!」と言ってくれたあんちゃん。結局、あの1回きりでその後あのあんちゃんとは未だ出会っていない。。

おわりに

曙町・黄金町

この街は、本当にいろいろな物語がある街である。今回の記事では、港崎遊郭から現在までを一気に紹介してきたが、各々ここで紹介した以上のネタがたくさんあるということです。ということで、今後もそれぞれにフォーカスを当てた内容の記事を1つ1つ書いても行こうかと思います。
風俗という仕事は、景気に大きく左右される商売。今では供給過多になっていて奨学金を払うためにその業界に入る女子大生が多いとも聞く。今後の日本の未来とともに、この産業はどこへ向かうのだろうか。。そして、この街もどうなっていくのだろうか。。。
↓よければクリックをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加