くらげでギネス認定、加茂水族館

今回の記事はギネスシリーズです!!

今までは大仏の大きさ世界一の「牛久大仏」、木造の橋世界一の長さを誇る「蓬莱橋」、UFOキャッチャーが世界一多いゲーセンである「UFOキャッチャーエブリデイ行田店」などをとりあげてきました!!

そして今回、山形県にギネスに載った水族館があるということでやってまいりました!!

加茂水族館
それがここ、加茂水族館!!
何でギネスに載ったかというと、
「クラゲ」です。

まさかのクラゲ(笑)

どんな水族館なのか見てみましょう!!

加茂水族館
館内に入ると、まずはこの町の歴史からスタートします。

加茂水族館
その後、いたって普通の水族館のように魚などがみれます!!

加茂水族館
タコとヒトデも健在!!
クラゲはまだか??

加茂水族館
そして、ここからようやくクラゲステージです!!
その名も「クラゲタリウム」(笑)

ん~もうちょっと何かいい名前なかったのかな~~・・・
まあいいか!!

それでは、ここから色々なクラゲ達を紹介します!

加茂水族館
名前:パシフィックシーネットル
分布:アメリカ西海岸南部
毒の強さ:強

世界最大級のクラゲだそうです。
神奈川県の江ノ島水族館でも見られんだとか!!

加茂水族館
名前:ドフラインクラゲ
分布:アメリカ西海岸南部
毒の強さ:弱

傘の真上から見ると×印の様に見える生殖腺が特徴的。
山形県内の庄内浜で、春に出現するそうです。

加茂水族館
名前:カトスティラス
分布:東南アジア
毒の強さ:弱

フィリピンなどからペットとして輸入されているクラゲ。
色のバリエーションが豊富です!!

ってか、クラゲをペットとして飼って人いるんだ!!
どこで売ってるんでしょうね(笑)
Amazonで買うとか(笑)??

加茂水族館
 名前:ビゼンクラゲ
分布:中国沿岸、日本の有明海
毒の強さ:弱

最高級の食用クラゲ。
有明海では漁業の対象となっており、赤クラゲと称され魚屋で販売されているようです。
クラゲって食えるんだ!!
食ったことないから食ってみたい!!

加茂水族館
 名前:コティロリーザツベルクラータ
分布:地中海
毒の強さ:弱

なんか、ヨーロッパのプレミアリーグの選手にいそうな名前(笑)
誰だよ、こんなクラゲっぽくない名前を付けたのは・・・

ベルリン水族館との生物交換で頂いたものを展示しているという。
成長すると、口腕の先が赤紫に色づくのだとか!

加茂水族館
名前:フウセンクラゲ
分布:地中海
毒の強さ:弱

これクラゲなの??

長い日本の触手を持ち、小型の甲殻類等を効率よく捕まえて食べるそうです。

加茂水族館
名前:ハナガサクラゲ
分布:山形県
出現時期:春~秋
毒の強さ:強

触手に「付着器」のようなものが付いていて、岩や海藻にくっついていることが多いそうです。

加茂水族館
クラゲの解説コーナーです!
ここでは、クラゲの成長の様子などが観察できます。。

ではでは、ここでクラゲに関する雑学をいくつか紹介します!!
①クラゲは漢字でどう書く??
クラゲは漢字で2種類書き方があり、「海月」「水母」と書くそうです。

②ベニクラゲは不老不死!?
生物はどんな種類であってもいずれは死を迎えるもの。
ところが、クラゲの一種である「ベニクラゲ」は不老不死なんだそうです!!
まじか!?

クラゲは一般には、成熟して子孫を残した後、徐々に衰退していき最後は海中に溶けてしまうそうです。
しかし、ベニクラゲの場合は衰弱した後に、ポリプという昆虫でいうサナギのような状態になり、再びベニクラゲとして誕生するという。。

メカニズムは不明なのだそうですが、人間もこれを生かせれば不老不死になったりして・・・!!

③クラゲの体内水分量は??
人間は60%近くが水で出来ています!
クラゲはどうかというと、何と約95%が水なんだそうです!!

もはや、水やんけ(笑)

以上、クラゲの雑学でした!!

加茂水族館
壁に肖像画が!!
この左側のお方は「下村脩(しもむらおさむ)先生」という方。

1928年生まれで京都府福知山市出身。
今の長崎大学薬学部を卒業後、長い間アメリカで地道な研究活動に携わっていたそうです。
2008年、「緑色蛍光タンパク質GFPの発見と開発」でノーベル化学賞を受賞し、一躍脚光を浴びました。

オワンクラゲというクラゲが発行する仕組みを解明したのですが、これは緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見、分子構造の解明につながり、「蛍光イメージング」という分野で使われ生命科学の研究に欠かせない技術に貢献したんだとか!!

ちょっと話が難しいですが、とりあえず新しい発見をしたのです(笑)

加茂水族館
そして、これが「オワンクラゲ」!!

分布:欧米
毒の強さ:弱
2008年に下村先生がノーベル賞を受賞して話題になったクラゲ。
傘の縁に緑色の蛍光タンパク質(GFP)があり、UVライトを当てると緑色に発行するそうです。

下村先生とこの水族館は2008年10月に、ノーベル化学賞を受賞された下村先生に当館の村上龍男館長が祝電を送ったのがきっかけで、交流が始まりました。

先生が受賞したおかげで、当館の来客者数が激増したことと、オワンクラゲが光らないことについて書いた手紙を先生に送ったところ、本人からお礼とオワンクラゲの光らせ方のアドバイスを頂いたんだとか。
上記の写真でオワンクラゲが光っているのには、色々な物語があったんですね!!

はい、まだまだ続きます!!

加茂水族館
名前:シンカイウリクラゲ
分布:山形県
出現時期:早春~春
毒の強さ:無毒

深海調査などで見られるクラゲで、庄内浜には春に表層で見られるという。

加茂水族館
名前:ニチリンヤナギクラゲ
分布:ベーリング海
毒の強さ:強

世界で室蘭水族館と、ここの水族館の2館でしか見ることができない貴重なクラゲ!!
室蘭水族館では、2014年にニチリンヤナギクラゲの国内初繁殖に成功したそうです!!

加茂水族館
最後には巨大クラゲ水槽が現れた!!

加茂水族館
こんな巨大な水槽にクラゲだけとは!
クラゲって海で見ると怖いですが、こうやって見ると神秘的で綺麗ですな~~!!

加茂水族館
いや~~しかしクラゲを堪能させていただきました!!
ちなみにここは、イルカショーもやっているんですよ!!

今は誰もいないけど(笑)

つまり、クラゲがたくさんいるものの、クラゲだけでなく普通の水族館要素も備えているのです!

加茂水族館
こんなものまでありました。
くらげくじ。

空くじはなしと書かれていますが、一体何が当たるのでしょうか??
500円はちょっと高い気が・・・・

加茂水族館
アザラシさんもいるのです!!
カップルが楽しんでおります(笑)

加茂水族館
あら、プリクラなんて懐かしい!!
これ流行ったの自分が小学生くらいの時だからもう15年近く前か・・・・

今プリクラって撮るんですかね???

 こんなにクラゲについて考えたのは生まれて初めてです!!
まだまだ、謎が多いクラゲですが、水母のに関する発見が、私達の生活に少しでもいかされたらいいですね~~!!
この水族館は結構お客さんがいて、山形でも名の知れたスポットのようですよ!!

加茂水族館
⇒ HP
住所:〒997-1206
   山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
営業時間:9:00~17:00(夏休みは18:00まで)
入館料:一般(高校生以上)1,000円
   小・中学生     500円
   幼児(未就学児)  無料
   ※宿泊等に関してはHPをご参照ください
駐車場:無料
TEL:0235-33-3036
加茂水族館の天気予報

[wunderground location=”38.762188,139.725585″ language=”JP”]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加