江田島海軍学校

スポンサーリンク
自衛隊に関心はありますでしょうか??
3.11の東日本大震災では、救助活動をしてくれ、そして日々日本を守るために訓練をされています。
自衛隊の基地は日本の色々な場所にありますが、今回は広島県の江田島にある海軍学校に見学に行きました。

ここが海軍学校です。
見学は無料でできますが、時間が決まっており、案内役のガイドさんにより約1時間30分ほどかけて案内してもらう形になります。

ここは、大講堂で入学式などを行う場所です。
確か(笑)
ここには、小沢一郎さんも来たんだそうです。

ここの学校は、海軍の中でもエリート、つまり出世コースを歩む人が学ぶ場所なんだとか。
海軍は縦社会です。
なんと、海軍学校を卒業した成績で今後の昇進コースが決まるんだとか。
つまり、いったん試験で悪い点数が出てしまうと、どんなに頑張っても這い上がれないんだそうです。
最近の民間企業では考えられないシステム。
ちなみに、自衛隊には適正年齢というものがあり18~26歳だそうです。
つまり、27歳以上は基本募集していないってことです。

これは海軍学校のグラウンド。
実は、ここは日本における「運動会発祥の地」なんだそうです。
昔、海軍の方がこのグラウンドで運動会をやったことがきっかけで、運動会が全国に広まったんだそうです。

この海軍学校、昔は東京の築地辺りにあったんだそうです。
しかし、夜になると学校を抜けて夜の街に繰り出す奴らが多かったんだそうです。
そこで、この江田島であれば何もないので脱走のしようがないということで、ここに落ち着いたんだとか。
ちなみに、自衛隊の友達がいますが、毎朝4時半に起きるそうです。(笑)
はやっ!!

ここは、資料館となっており、太平洋戦争における様々な資料が眠っております。
この建物には、大変貴重な資料も多く写真撮影も禁止でした。
そして、この建物に今回ここに来た一番の目的である
「神風特攻隊の方の遺書」があるのです。
 遺書を見た瞬間に思ったのは、みんな本当に達筆だったということ。
自分よりも若い20歳くらいの若者が、家族に向けて書かれた最後の言葉をみて、ぐっと来てしまいました。
彼らはいったいどんな心境で、この遺書を書いたのか。
ここにきて、戦争というものを改めて考えさせられました。

最近、よく自衛隊と合コンが流行っているように聞きます。
確かに、強そうだし、安定していて給料は悪くなさそうだし、安定した家庭を築きたい方にはおすすめかもしれないですね。

学校を案内してくれた方に、「君は学生かいな?」と言われました。
ここを訪れたときはまだ学生でした(笑)
「はい」、と答えたら「自衛隊に入りなさい」と言われました(笑)。
結構真顔で言われました!!
アクセスが非常に悪いため、なかなか来れない場所であります。
しかし、日本人であれば一度は来た方がいい場所でもあると思います。
ちなみに、ここ以外では靖国神社の遊就館でも太平洋戦争について学ぶことができます。
ぜひ行ってみてください。
↓よければクリックをお願いします

詳細・地図

住所 広島県江田島市江田島町中郷
営業時間 10:30~16:30(平日)
10:00~16:00(土・日・祝日)
定休日 無休
駐車場 無料
電話番号 0823-42-1211
アクセス 呉ICから車で60分
リンク http://www.mod.go.jp/msdf/onemss/kengaku/

関連コンテンツ
関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク